なぜ30代以降未経験からのプログラマー転職は途端に難しくなるのか?

なぜ30代以降未経験からのプログラマー転職は途端に難しくなるのか?

どうも。フリーランスエンジニアのYutoです。僕はエンジニアの仕事の他に、転職エージェントの事業をやっているんですが、最近は30代未経験でも「プログラマー・エンジニアになりたい」と相談してくる人がかなり増えてきました。

 

最近は場所に縛られず自由に生きるプログラマーが増えていたり、20代の若者プログラマーでも、都内のカフェでMacbookをカタカタ打ち、年収1,000万円近くを稼げる時代です。

 

嫌な上司、理不尽なこと嫌なことにも10年近く耐え続けたにもかかわらず、自分より年下の若者に一瞬で追い抜かれる現状に、「自分もプログラマーを目指したい」と思う30代以降の人は、それはもう増えるわけです。

 

とはいえ、30代以降の未経験から、プログラマーやエンジニア転職することは難しいことも事実。

 

そこで本記事では、30代のプログラマー・エンジニア転職に精通している立場の僕が、「なぜ30代以降未経験からのプログラマー転職は途端に難しくなるのか?」その理由について解説していきます。

 

なぜ30代以降未経験からプログラマー転職が難しくなるのか?

なぜ30代以降未経験からプログラマー・エンジニア転職が難しくなるのか?

 

  1. 社員の平均年齢が若いことが多いから
  2. 20代の方がポテンシャルがあると見なされることが多いから

 

理由は上記2つです。それぞれ解説をしていきますね。

 

1. 社員の平均年齢が若いことが多いから

一般的に、IT業界は平均年齢が若めです。

 

なので、仮に35歳の未経験者が入ってきた場合、上司が30歳、部下が35歳という、年齢が逆転する現象が起きてしまうんですよね。

 

海外は実力主義が多いので割と当たり前に見られる光景ですが、年功序列がまだまだ色濃く残る日本においては、「上司=年上、部下=年下」という構図を当たり前に思っている企業は多いです。

 

僕が転職を手伝った企業の話

実際僕が直接見てきた中でもこういう企業は多くて、例えば、僕が過去に実際に転職を手伝った企業の中に、社長が33歳の会社がありました。

 

そんな社長から出された僕に出された採用要件は、「経験者であれば50歳以下ならOK。でも、未経験であれば自分より年下」というオーダーでした。

 

理由を聞いてみたところ、「えっ、だって年上の部下ってやりづらくないですか?」というシンプルな理由でしたね。

 

こんな感じで、転職の採用要件には、社長や担当者の主観が入ることが割と多いです。業界の裏事情ですね。

 

なので、20代が大半の会社であれば、未経験であれば「20代」を採用しますし、IT業界にはそういう企業が比較的多めです。

 

そのため、30代未経験だと、年齢がネックとなり、転職の難易度は上がります。

 

2. 20代の方がポテンシャルがあると見なされることが多いから

もう一つは、20代の若手の方が、ポテンシャルがあると見なされることが多いからです。

 

僕の私見も入りますが、最近の若者は小さな頃からITやデジタルに触れていることもあり、30代より技術に対してのアンテナや柔軟性が高いと思います。20代であればまだまだポテンシャルがありますし、同じスキルの20代と30代がいれば、20代の方の方が伸びると思うんですよね。

 

実際僕が転職を手伝っているIT企業の社長も、「中途半端に経験がある30代エンジニアより、何も経験がない、真っ白な20代の方が良い。だって育てる自信があるから」と話していましたよ。思うに、IT業界はこう考える人が傾向として多いんじゃないかと。

 

このような理由から、30代未経験でプログラマー転職することは「難しいこと」が事実です。

 

【朗報】今なら30代未経験でもプログラマーを目指しやすい。その3つの理由

【朗報】今なら30代未経験でもプログラマーを目指しやすい。その3つの理由

 

とはいえ、今なら30代未経験であっても、プログラマーやエンジニアを目指しやすいこともまた事実です。

 

30代未経験からでも転職を目指しやすい理由は3つあります。

 

1. 全部のIT企業が上記に当てはまるとは限らないから

結局のところ、「全ての企業が同じ採用要件ではない」んですよね。

 

例えば、僕がこれまで直接見てきた中だと、「年上が部下であっても全然構わない」と考える人事部長もいましたし、「30代まで培ってきた人生経験」を評価した社長もいました。

 

転職のことを調べていると、一概に「◯◯だと絶対に転職できない」とか決めつけていることもありますが、これははっきりいうと間違いです。「絶対」「確実」という決めつけの言葉を、安易に鵜呑みにしないことです。

 

難しいことは事実ですが、不可能ではありません。むしろ最近は、30代未経験には追い風事情もあるため、いまなら可能性が多くあります。

 

他にも理由はあるので、続けますね。

 

2. 今は売り手市場なので転職するなら良いタイミングだから

これが一番大きくて、今はプログラマーやエンジニアが不足しているので、30代未経験にも門扉が広がっているからです。

 

この点については、30代初心者がプログラミングスクール経由で独立・転職する方法【リソースを活用しよう】の記事で書いているので、以下引用しますね。

 

以下をご覧ください。以下はIT人材の不足数を表したデータです。

 

 

これを見ると、2015年時点で17万人のIT人材が不足しています。

 

しかも、いま不足しているだけでなく、今後はこの不足数が拡大していくことが予想されています。

 

上記データでは、2015年時点で約17万人の不足でしたが、2030年には約59万人まで不足数は伸びます。

 

上記データからもわかるように、IT人材の不足は不足しており、しかも止まるどころか、今後も不足数は拡大していくことになります。

 

その一方で、IT人材の需要も伸び続けています。

 

IT人材の需要は、いまはIT業界だけでなく、他の業界でも需要が高いです。金融、不動産、コンサル、物流など、あらゆる業界でIT化を進めているので、技術を知っているIT技術者は需要は日に日に高まっています。

 

このように、「IT人材不足」 x 「IT人材需要」の両方が同時に起きているのがいまの現状です。

 

こんな状況ですから、20代だけだと人手は全く足りていません。

 

だからこそ、20代が取れないIT企業は、30代まで候補を広げ、採用や仕事を任せる傾向となっていますし、その結果、30代未経験でもエンジニアやプログラマーとして転職することができるということです。

 

このように、IT業界全体が人手不足です。IT人材と書いていますが、IT人材のメインはプログラマー、エンジニアなので、プログラマー、エンジニアも同様の傾向です。

 

これはIT業界に限った話ではありませんが、いまは少子高齢化で、どこの企業も人手不足です。

 

その中でもIT企業は特に人材不足のため、「30代だと採用できない」とは、もはや言ってられない状況なんですね。

 

2020年も、引き続き人材不足は継続(=転職しやすい状態)

2020年現在も、エンジニア・プログラマー需要はとにかく底堅く、人材不足はいまだ続いている状態です。

 

引用:2020年4月 doda求人倍率

 

上記は実際の求人倍率データです。エンジニアは「IT・通信」に含まれますが、求人倍率は7.85倍と、非常に高い水準となっています※補足:求人倍率の数字が高いほど、人材不足ということです

 

僕自身、IT企業の経営者と日々話をしていても「エンジニアが足りていない」という声は未だ変わっていません。

 

ですので、あなたが未経験からプログラマーを目指すなら、市況感の観点で、今ならキャリアチェンジしやすいタイミングです。

 

3. 30代未経験から転職を実現している人は意外と多くいるから

もう一つは、30代以降未経験からプログラマー・エンジニア転職している人は、実は多く存在するからです。

 

僕自身、転職エージェントとして仕事をしている中、30代未経験からプログラマーになった人は数多く見てきました。

 

中には、プログラマーになってそれまでの年収を超え、行動する前よりも豊かな生活ができるようになった30代も多く存在しました。

 

もちろん、100人行動して100人全員が、良い結果にはなっていないことも事実です。プログラマーになろうと行動するも、転職活動で苦労された方も中にはいます。なので簡単ではないことは事実です。

 

それでも、30代から勇気を持って一歩を踏み出し、行動をしていった方は、良い結果に繋がっていることが多いですよ。

 

それに、いまの仕事が、この先安泰かは全くわかりません。行動を起こすリスクももちろんありますが、行動を起こさないリスクにも、目を向ける必要はあると思います。

 

今後はITが更に発展していくため、営業や事務職など「手に職」がない人の仕事は確実に減っていきます。僕は某大手企業の採用も手伝っていますが、大幅な人員削減の計画も出ています。

 

そういった他の仕事と比較すると、プログラマーは「将来性のある手に職」をつけることができます。他の仕事と比べればキャリアの安定度は増すと思います。

 

それに、30代未経験からでもプログラミングを学んでおけば、プログラマーに完全に転職せずとも、副業で月10〜20万円を自分の力で稼ぐことも、30代未経験からでも十分実現可能です。

 

30代からプログラマー1本で年収1,000万円を稼げるようになった人も存在しますが、ここまで高望みしなくても、いまの仕事x副業でトータルの年収を上げ、経済的不安から解消されることは可能なんですよね。

 

一方、40代、営業経験のみで、他のスキルなし。こういった経歴になってしまうと、転職はもちろん、副業すらできないです。仮に40代になって会社を放り出されてしまうと、挽回が難しくなります。

 

ですから、自分の力でもいつでも稼げるプログラマーになっておくことは、営業など他の仕事と比較すれば、相対的に安定するキャリアになると思います。

 

30代以降の未経験からプログラマー・エンジニアになる方法

30代以降の未経験からプログラマー・エンジニアになる方法

 

転職の話に戻りますが、一般的に難しい30代からのプログラマー転職は、成功するための「正しいステップ」と「NGなステップ」があります。

 

それをここから紹介します。

 

30代からプログラマーになるために「必要なこと」と「NGなこと」

まず30代未経験の場合、プログラミングスキルは事前に身につけておくべきで、かつプログラミングに対する意欲の強さや、その他の人間性でアピールすることが必要です。

 

年齢という武器がない分、例えばプログラミングの基礎すら勉強していないなど、「減点となることを作らない姿勢」が何より必要です。

 

ですから、30代スキルなしの状態で、リクナビNEXTなどの転職サイトや、リクルートエージェントなど転職エージェント経由で転職を目指すことは、正直難しいです。仮にできるにしても、相応の時間はかかりますし、苦労も多くなります。

 

上記のように「スキルがない状態で転職活動に望む」これが最もNGな方法です。

 

行動し続ければ、いつかは相思相愛になれる企業を見つけ、転職自体はできると思います。ですが明らかに遠回りですし、精神的にも消耗するのでおすすめしません。

 

30代からプログラマーになる方法

ではどうすれば、プログラマーになりやすいかというと、まずはしっかり技術をつけることです。

 

技術をつける方法としては「プログラミングスクール」が今のところ一番良い方法です。

 

効率の悪い独学よりも、プログラミングスクールでいち早くスキルを身につけた方が、プログラマーになれる確率もスピードも断然早くなるからです。

 

特に「プログラマーへの転職支援がセットになったプログラミングスクール」を利用すると、30代からでもプログラマーになりやすいです。

 

転職支援付きプログラミングスクールとは、転職エージェントにプログラミング学習がセットになったものです。

 

前述通り、転職エージェントのリクルートエージェントなどに登録しても、スキルがない状態だと、プログラマー転職は難しいです。

 

その点、プログラミング学習とプログラマー転職支援がセットになったスクールであれば、スキルを身につけた上で転職活動できるため、30代未経験からでも断然プログラマーになりやすいです。

 

【悲報】30代だと転職支援を断られるスクールが大半

「それなら転職支援付きスクールを検討してみようかな」

 

実はここで一点問題があります。問題なのは、大半の転職支援付きプログラミングスクールは30代だと転職支援を受けることができないことです。

 

例えば、転職に強く、無料で利用できるプログラミングスクールのGEEK JOBやプログラマカレッジは20代限定、同じく転職に強いDMM WEBCAMPも30代だと転職保証を受けることができません。

 

なぜかというと、どのスクールも30代を転職させる自信がないからです。なのでより転職成功しやすい20代だけをメインに、転職支援をしているスクールが多いんですよね。

 

30代に強い転職支援付きプログラミングスクール

とはいえその中でも、30代を受け入れているスクールがあります。テックキャンプ エンジニア転職というスクールです。

 

プログラマー 未経験 30代

 

テックキャンプは30代の受講生が全体の33%であり、3人に1人は30代となっています。※現在は40代も5%いるとのこと

 

また、30代でもプログラマーへの転職保証を受けられる唯一のスクールなので、30代から特に選ばれているんだと思います。

 

約3人に1人が30代のスクールや、30代の転職支援が充実しているスクールは他にはないです。もし30代からプログラマーを目指すなら、まずはテックキャンプを検討し、ダメなら他を探すことが順序としては良いと思います。

 

30代前半だけでなく、30代後半からの転職実績もあるようなので、あなたの経歴でどんな選択肢がこの先残されていそうか、話を聞いてみるだけでもメリットはあるかなと感じます。受講を決めてなくても、キャリア相談は無料でしてくれるとのことでした。

テックキャンプエンジニア転職 公式サイトはこちら

※7月26日まで受講料5万円OFFのキャンペーンもやっているとのこと

 

より詳しく知りたい方向け

⇩以下、テックキャンプエンジニア転職のレビュー記事です。無料カウンセリング参加の参考にしたい方はこちらもどうぞ。

>>【受講者の声】テックキャンプ エンジニア転職の良い評判・悪い評判・得られる未来を全て解説

 

もう一つ並行して検討すべきスクール

並行して検討すると良いのは、TechAcademyですね。ここが次点の候補です。

 

TechAcademyは30代だけでなく、40代でも受けている人が多数いて、50代、60代の受講者もいます。

 

テックキャンプほど30代のキャリアに強くはないですが、30代からプログラミングを学んでみる場合はおすすめです。

 

こちらから公式サイトへ飛びます↓

 

より詳しく知りたい方向け

⇩以下、TechAcademyの体験レビュー記事です。無料体験の参考にしたい方はこちらもどうぞ。

>>TechAcademy(テックアカデミー)でエンジニアになれました!【感想や評判を解説】

 

参考:より詳しく転職ステップを知りたい方向け↓

30代初心者がプログラミングスクール経由で独立・転職する方法【リソースを活用しよう】

 

覚悟を持って行動すれば、30代未経験でもプログラマーになれる

30代未経験でもプログラマーになれる。ただし覚悟は必要

 

述べてきた通り、30代未経験からだとプログラマー転職が難しくなることは確かな事実です。それはもう事実なので、受け入れて前に進むしかないです。

 

ですが、これまで培ってきた30代ならではの人間性を評価してくれる会社も存在しますし、何より今のエンジニアは売り手市場です。

 

ネットには30代からの転職に否定的な意見もあふれていて、そういう意見を見ると、やっぱり自分には厳しいと諦めそうになると思います。ですが、転職する人の年齢は年々上がっており、今は30代だけでなく、40代から行動して人生を変えている人もたくさんいる時代です。

 

最後に、30代にもなるとわかりますが、人生はあっという間に過ぎていきます。

 

今の人生の延長線上に理想の未来がないなら、「あのとき行動しておけば良かった」と後悔しないよう、まずは行動を起こしましょう!

 

結局のところ、人生が変わるかどうかは「行動するかどうか」です。「能力も年齢も経験も知ったことじゃない。それでも行動して人生必ず変えてやるんだ」という覚悟と行動力だけです。

 

行動するか、しないかの”微差”で、人生変わりますから。覚悟を持って行動すれば、未来は明るいですよ。

 

公式サイトはこちら

 

人気記事30代初心者がプログラミングスクール経由で独立・転職する方法【リソースを活用しよう】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です