なぜ30代以降未経験からのプログラマー転職は途端に難しくなるのか?

なぜ30代以降未経験からのプログラマー転職は途端に難しくなるのか?

どうも。フリーランスエンジニアのYutoです。僕はエンジニアの仕事の他に、転職エージェントの事業をやっているんですが、最近は30代未経験でも「プログラマー・エンジニアになりたい」と相談してくる人がかなり増えてきました。

 

最近は場所に縛られず自由に生きるプログラマーが増えていたり、20代の若者プログラマーでも、都内のカフェでMacbookをカタカタ打ち、年収1,000万円近くを稼げる時代です。

 

嫌な上司、理不尽なこと嫌なことにも10年近く耐え続けたにもかかわらず、自分より年下の若者に一瞬で追い抜かれる現状に、「自分もプログラマーを目指したい」と思う30代以降の人は、それはもう増えるわけです。

 

とはいえ、30代以降の未経験から、プログラマーやエンジニア転職することは難しいことも事実。

 

そこで本記事では、30代のプログラマー・エンジニア転職に精通している立場の僕が、「なぜ30代以降未経験からのプログラマー転職は途端に難しくなるのか?」その理由について解説していきます。

 

なぜ30代以降未経験からプログラマー転職が難しくなるのか?

なぜ30代以降未経験からプログラマー・エンジニア転職が難しくなるのか?

 

  1. 社員の平均年齢が若いことが多いから
  2. 20代の方がポテンシャルがあると見なされることが多いから

 

理由は上記2つです。それぞれ解説をしていきますね。

 

1. 社員の平均年齢が若いことが多いから

一般的に、IT業界は平均年齢が若めです。

 

なので、仮に35歳の未経験者が入ってきた場合、上司が30歳、部下が35歳という、年齢が逆転する現象が起きてしまうんですよね。

 

海外は実力主義が多いので割と当たり前に見られる光景ですが、年功序列がまだまだ色濃く残る日本においては、「上司=年上、部下=年下」という構図を当たり前に思っている企業は多いです。

 

僕が転職を手伝った企業の話

実際僕が直接見てきた中でもこういう企業は多くて、例えば、僕が過去に実際に転職を手伝った企業の中に、社長が33歳の会社がありました。

 

そんな社長から出された僕に出された採用要件は、「経験者であれば50歳以下ならOK。でも、未経験であれば自分より年下」というオーダーでした。

 

理由を聞いてみたところ、「えっ、だって年上の部下ってやりづらくないですか?」というシンプルな理由でしたね。

 

こんな感じで、転職の採用要件には、社長や担当者の主観が入ることが割と多いです。業界の裏事情ですね。

 

なので、20代が大半の会社であれば、未経験であれば「20代」を採用しますし、IT業界にはそういう企業が比較的多めです。そのため、30代未経験だと、転職の難易度が上がります。

 

2. 20代の方がポテンシャルがあると見なされることが多いから

もう一つは、20代の若手の方が、ポテンシャルがあると見なされることが多いからです。

 

僕の私見も入りますが、最近の若者は小さな頃からITやデジタルに触れていることもあり、30代より技術に対してのアンテナや柔軟性が高いと思います。20代であればまだまだポテンシャルがありますし、同じスキルの20代と30代がいれば、20代の方の方が伸びると思うんですよね。

 

実際僕が転職を手伝っているIT企業の社長も、「中途半端に経験がある30代エンジニアより、何も経験がない、真っ白な20代の方が良い。だって育てる自信があるから」と話していましたよ。思うに、IT業界はこう考える人が傾向として多いんじゃないかと。

 

【朗報】今なら30代未経験でもプログラマーを目指しやすい。その3つの理由

【朗報】今なら30代未経験でもプログラマーを目指しやすい。その3つの理由

 

とはいえ、今なら30代未経験であっても、プログラマーやエンジニアを目指しやすいこともまた事実です。

 

30代未経験からでも転職を目指しやすい理由は3つあります。

 

1. 全部のIT企業が上記に当てはまるとは限らないから

まず一つはコレです。結局のところ、「全ての企業が同じ採用要件ではない」んですよね。

 

例えば、僕がこれまで直接見てきた中だと、「年上が部下であっても全然構わない」と考える人事部長もいましたし、「30代まで培ってきた人生経験」を評価した社長もいました。

 

転職のことを調べていると、一概に「◯◯だと絶対に転職できない」とか決めつけていることもありますが、これははっきりいうと間違いです。「絶対」「確実」という決めつけの言葉を、安易に鵜呑みにしないことです。

 

難しいことは事実ですが、不可能ではありませんよ。むしろ最近は追い風にはなってきているので、チャンスと言えます。

 

他にも理由はあるので、続けますね。

 

2. 今は売り手市場なので転職するなら絶好のタイミングだから

これが一番大きくて、今はプログラマーやエンジニアが不足しているので、30代未経験でも門扉が広がっているからです。

 

この点については、30代初心者がプログラミングスクール経由で独立・転職する方法【リソースを活用しよう】の記事で書いているので、以下引用しますね。

 

以下をご覧ください。以下はIT人材の不足数を表したデータです。

 

 

これを見ると、2015年時点で17万人のIT人材が不足しています。

 

しかも、いま不足しているだけでなく、今後はこの不足数が拡大していくことが予想されています。

 

上記データでは、2015年時点で約17万人の不足でしたが、2030年には約59万人まで不足数は伸びます。

 

上記データからもわかるように、IT人材の不足は不足しており、しかも止まるどころか、今後も不足数は拡大していくことになります。

 

その一方で、IT人材の需要も伸び続けています。

 

IT人材の需要は、いまはIT業界だけでなく、他の業界でも需要が高いです。金融、不動産、コンサル、物流など、あらゆる業界でIT化を進めているので、技術を知っているIT技術者は需要は日に日に高まっています。

 

このように、「IT人材不足」 x 「IT人材需要」の両方が同時に起きているのがいまの現状です。

 

こんな状況ですから、20代だけだと人手は全く足りていません。

 

だからこそ、20代が取れないIT企業は、30代まで候補を広げ、採用や仕事を任せる傾向となっていますし、その結果、30代未経験でもエンジニアやプログラマーとして転職することができるということです。

 

このように、IT業界全体が人手不足です。人手不足が本当に深刻なので、IT企業としても「30代だと採用できない」とは、もはや言ってられない状況なんですね。

 

ですので、未経験からIT転職を目指す場合、市況感の観点で、今は絶好のチャンスです。

 

3. 30代未経験から転職を実現している人は意外と多くいるから

もう一つ決め手は、実際に30代以降未経験からプログラマー・エンジニア転職している人は、意外と多く存在するからです。

 

転職を考えている人はあなただけではなく、大勢いますよ。そして、実際に多くの人が転職に成功している事実には、勇気付けられることも多いのではないでしょうか?

 

実際に転職成功している人のエピソードを挙げればキリがないですが、未経験からの「IT転職の難易度と攻略法」について【プロが教える】で実例もご紹介しているので、気になる方は参考にどうぞ。

 

30代以降の未経験からプログラマー・エンジニアになる方法

30代以降の未経験からプログラマー・エンジニアになる方法

 

30代未経験の場合、ITやプログラミングの基礎技術は事前に身につけておくべきで、かつ技術に対する意欲の強さや、その他のの人間性でアピールすることが必要です。

 

年齢という武器がない分、例えばプログラミングの基礎すら勉強していないなど、「減点となることを作らない姿勢」が何より必要ですね。

 

ですので、プログラミング未経験者の場合、必然的に「プログラミングスクール を使って転職に挑むこと」が最低限必要なアプローチ方法となります。

 

30代以降でも受けられるプログラミングスクール

一応おすすめを紹介しておくと、転職サポートが付いたTECH::EXPERTがおすすめです。

 

TECH::EXPERTは数少ない、30代の受け入れもしている転職支援付きスクールです。ただし、TECH::EXPERTは受講に際して選考があるので、まずは選考に受からないと話になりません。なので、まずは無料エントリーをすることがスタートです。

 

※2019年4月30日更新:現在TECH::EXPERTは「選考」を廃止していると、TECH::EXPERTの担当の方から連絡が入りました。選考がない分、30歳以上にも広くチャンスが回ってきました。しかし多くの受講者が利用すると思われ、いつ選考が再開されるかは誰にもわかりません。なので、いずれにしてもこのチャンスを逃さない方が吉ですね。

 

>>TECH::EXPERT公式サイトへ

 

ということで、30代であればTECH::EXPERTが一番おすすめですが、並行して検討すると良いのは、TechAcademyですね。ここが次点の候補です。TechAcademyも30代、40代でも受けている人が多数いて、なんと50代、60代の受講者もいます。ですから、有力な候補となります。

 

どこも無料相談・無料体験があるので、まずは自分に転職できそうか、その可能性を探ってみることが良いです。公式サイトから予約できます。

 

公式サイトへ飛びます↓

 

より詳しく知りたい方向け

⇩以下、TechAcademyの体験レビュー記事です。無料体験の参考にしたい方はこちらもどうぞ。

 

>>TechAcademy(テックアカデミー)でエンジニアになれました!【感想や評判を解説】

 

 

参考:より詳しく転職ステップを知りたい方向け↓

30代初心者がプログラミングスクール経由で独立・転職する方法【リソースを活用しよう】

 

30代未経験でもプログラマーになれる。ただし覚悟は必要

30代未経験でもプログラマーになれる。ただし覚悟は必要

 

述べてきた通り、30代未経験からだとプログラマー・エンジニア転職が難しくなることは確かな事実です。それはもう事実なので、受け入れて前に進むしかないです。

 

ですが前述通り、これまで培ってきた30代ならではの人間性を評価してくれる会社も存在しますし、何より今は売り手市場です。

 

このタイミングで転職できなければ一体いつできるのか?というレベルの人手不足なので、本当にこのチャンスを無駄に見過ごすことなく、活かして欲しいですね。

 

プログラマーやエンジニアに転身し、実務経験を2年ほどしっかり積めば、フリーランスとして独立も狙えます。独立すれば年収800万円以上は稼げるので、老後のお金の不安もなくなります。

 

30代以降でも、プログラミングを学ベば人生は本当に変わりますから。覚悟を持って行動さえすれば、未来は明るいですよ。

 

30代以上の方向けプログラミングスクール

 

人気記事30代初心者がプログラミングスクール経由で独立・転職する方法【リソースを活用しよう】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です