プログラミング独学の本→初心者には必要ないです【現役エンジニアが解説】

プログラミング独学の本→初心者には必要ないです【現役エンジニアが解説】

プログラミングを独学で勉強しよう!そのためにはまずは独学のために本を買わなきゃなぁ。独学用のおすすめの本はないかな?

 

もしあなたがこう思い、ネットで独学用の本を検索してこの記事にたどり着いているなら、残念ながらこの記事にはおすすめ本は書いてありません。なぜなら、プログラミング初心者にとっては、いきなり本を使って独学すること自体が非効率だからです。今回の記事では、

 

  1. プログラミング学習に独学が非効率である理由
  2. 初心者が効率的にプログラミング習得する方法

 

この2つを書いていきます。

 

これを書いている僕のことをご紹介すると、現在は現役エンジニア兼ITエンジニア向け転職エージェントとして働いています。僕自身もともとはプログラミング初心者でして、社会人途中からスキルを身につけて今に至っています。ですから、今回のテーマに関しては、経験者として話ができるかと思います。

 

プログラミング独学のために本を買って失敗した初心者時代

僕自身、プログラミング独学のために本を買って失敗した経験があります。僕のプログラミング歴を時系列で書くと以下のような感じです。

 

プログラミング独学→挫折→別の方法で再チャレンジ→スキル習得→エンジニアに→今に至る

 

こんな感じですね。これを見るとわかると思いますが、一番最初はプログラミングを独学で勉強しました。いまのあなたのように、ネットで独学向けの本を探し、実際にいくつかAmazonで購入しました。その本を使って、一人黙々と勉強をスタートしました。

 

でも結果として、僕は挫折しました。残念ながら続きませんでしたね。その経験もあり「初心者のプログラミング学習に、本を使って独学は適してないなぁ〜」という結論に至りました。じゃあその理由は何なのか?僕が実体験を通じて感じた理由は3つあります。

 

初心者にプログラミング独学の本が必要ない3つの理由

  1. 時間や労力が無駄にかかるから
  2. 挫折するケースも多いから
  3. そもそも独学自体が非効率で、もっと効率的な方法が他にあるから

 

理由はこの3つですね。それぞれ解説していきますね。

 

1. 時間や労力が無駄にかかるから

まず一つ目は、時間や労力が無駄にかかるからです。プログラミングの独学って、多分あなたが思う以上にすごく時間や労力を使います。

 

プログラミングで一番時間が取られるのは「エラーの対処」です。コードを書いていくと大体このエラーが生じます。問題なのは、プログラミング初心者の場合、このエラーの対処に慣れていないので、通常より何倍も時間を要することですね。

 

例えば、プロのエンジニアであれば一瞬でわかるようなことも、初心者だとそうはいきません。僕が初めてプログラミングを勉強したときは、一つのエラーを解決するのに1時間や2時間はザラにかかりましたよ。プロであれば一瞬でわかるようなエラーにそれです。

 

プログラミングのエラー対処の場合、かけた時間と成果は比例しません。コードを書きながらどんどん先に進むことが上達の一番の道ですが、エラーにつまづいているときは、かけた時間に比例するような成果は生みません。つまり、時間や労力が”無駄”にかかるということです。

 

エラー以外にも、わからないことを調べるのは時間がかかります。ましてや初心者の時に分厚いプログラミング本を買っても、なかなか頭には入ってこないですし腑に落ちることも少ないです。プログラミングを理解するにはプログラミングの基礎知識や考え方をまず理解する必要があり、それが独学だとなかなかわからないんですよね。そういう意味でも、独学で本を使って勉強すると無駄に時間と労力を消費します。

 

2. 挫折するケースが多いから

二つ目は、挫折するケースが多いからです。

 

プログラミング独学で度重なるエラーに対処していると、だんだんとプログラミング自体が嫌になり、距離をとっていく人が多いです。いつしかプログラミングに触れることもやめてしまうんですね。つまり、挫折するということです。実際、プログラミングを独学で勉強している人の約90%は挫折していると言われています。それほど独学は大変ということです。

 

時間が大量にある学生であれば、独学にチャレンジしてみることは良いと思います。ただ、時間の限られた社会人の場合、独学は賢明ではないですね。多くの人は挫折するのが目に見えていますから、それなら最初からやらないほうがマシだと思います。

 

3. そもそも独学自体が非効率で、もっと効率的な方法が他にあるから

三つ目は、そもそも独学自体が非効率で、もっと効率的な方法が他にあるからです。

 

プログラミング独学は無理ではないがおすすめしない【現役エンジニアが解説】の記事でも書いていますが、プログラミングの独学は非効率です。もちろん、独学以外に方法がなければ、たとえ非効率な方法でも取らざるを得ないですが、プログラミングの場合、独学よりも効率的で、かつ独学よりも効率的な方法が他にあります。ですから、あえて独学を選ぶ方法はないかなと。

 

独学より効率的にプログラミングを習得し、エンジニアやプログラマーになる方法

プログラミングスクールを使うことですね。独学よりも圧倒的に効率的でして、実は僕も、独学で挫折した後プログラミングスクールを利用しました。

 

プログラミング独学→挫折→別の方法で再チャレンジ=プログラミングスクールを利用→スキル習得→エンジニアに→今に至る

 

プログラミングスクールが良い一番の理由は、プロのサポートがあることですね。独学の場合、エラーの対処など、わからないことを聞く相手がいないことが一番の問題点でした。その点プログラミングスクールを使えば、エラーが出たときでも、知らないことが出たときでも、いつでもプロのエンジニアに聞くことができます。それが個人的には一番大きかったかなと。

 

あとは習得までのスピードも違いますね。例えば独学だと半年かけてやるようなことも、プログラミングスクールでは1ヶ月でやります。これはプロのサポートがあるからできることで、独学ではまず無理です。早くスキルを習得したいなら、圧倒的にスクールの方が早いです。

 

それに、最近は質が高く、しかも安価なプログラミングスクールが出てきていますから、初心者でも問題なく受けることができます。受講生もほとんどがプログラミング素人です。

 

というわけで、スクールを使った方が圧倒的に効率的です。自身の経験からも、これは断言できますね。

 

ニーズ別のプログラミングスクール

じゃあどんなスクールを選べばいいかというと、次の3つのスクールがおすすめです。

 

  • GEEK JOB:オフライン型で就職までしたい人向け【無料】
  • TechAcademyキャリア:オンライン型で就職までしたい人向け【圧倒的な就職保証】
  • TechAcademy             :まずはプログラミングを学んでみたい人向け【1週間の無料体験あり】

 

この3つから選んでおけば間違いないですね。いずれも初心者向けの定番スクールでして、しかも格安で受けることができます。

 

GEEK JOBについてはなんと無料です。就職支援がセットなので、エンジニア就職を見据えている人にとってはベストかなと思います。

 

ただし、GEEK JOBは30歳未満限定なので、30歳以上は受けることができません。詳しいレビューは以下の記事で書いてあるので参考にどうぞ〜。

 

GEEK JOBの体験レビューや口コミ>>GEEK JOBの1日体験に参加!感想を就職のプロが徹底解説します【評判・口コミ】

 

また、3つ目のTechAcademyは年齢制限なしですので、こちらは30代でも40代でも受講OKです。TechAcademyは有料ですが、7日間のプログラミング無料体験もできます

 

スクールで勉強するのが自分に合っているか事前に試せるので、半信半疑の人はまず試してみると勉強の方向性が見えてくるかなと思います。オンラインですので、以下から無料ですぐに試せます。

>>TechAcademy1週間無料体験を受けてみる

 

結論:プログラミング独学用の本を探す→「スクールで学習する」方が効率的

結論は上記の通りです。大体独学を希望している人の大半の理由は「お金」です。

 

今回ご紹介したスクールは無料 or 無料体験ありなので、独学より安くスキル習得できますよ。

 

少なくとも一人で自走できるレベルになるまでは、プロの手を借りながら学んだほうが絶対に良いです。

 

挫折することなくスキルを習得し、理想の生活が実現できることを祈っています!

 

  • GEEK JOB:オフライン型で就職までしたい人向け【無料】
  • TechAcademyキャリア:オンライン型で就職までしたい人向け【圧倒的な就職保証】
  • TechAcademy             :まずはプログラミングを学んでみたい人向け【1週間の無料体験あり】

 

人気記事>>現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール4社【無料あり】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です