30代初心者がプログラミングスクール経由で独立・転職する方法【リソースを活用しよう】

30代の初心者がプログラミングスクール経由で独立・転職する方法

30代プログラミング未経験で、これからエンジニア・プログラマーになりたい人向けの記事です。

 

30代未経験からの転職、独立に不安はつきものです。「この年齢から転職できるのか」「独立して食べていけなかったらどうしよう」そう不安に感じることが普通です。

 

でも安心してください。結論からいうと、30代初心者でも、プログラミングスクールを有効活用すれば、「転職」や「フリーランス独立」ができます。

 

本記事の内容

  • 30代未経験でもエンジニア、プログラマーとして転職・独立できる理由
  • 30代は普通に転職・独立しようとしても難しい
  • 30代こそプログラミングスクールを使うべき理由
  • 30代におすすめのプログラミングスクールとは

 

僕は現在フリーランスエンジニアとして仕事をしながら、転職エージェントとして、IT企業の採用支援の仕事もしています。

 

さて、「30代、プログラミングスクール」等で検索をすると、そもそもプログラミングスクールを受けたことがない人や、転職市場のことを知らない人が書いた記事が多く散見されます。

 

転職って、その人一人が転職できたからと言って、ほかの10人が同じようにできるものではありません。100人、1,000人という人たちの転職を実際に見ていくからこそ、本当の意味で、転職の難易度や成功方法は見えてくるものなんですよね。

 

僕はこれまで1,000人には及んでいませんが、少なくとも500人近くのエンジニアの転職に携わってきました。その中にはもちろん30代の方もいましたし、実際にどんな人が、どういう方法を使って転職・独立に成功しているか見てきました。

 

そこで今回は、僕が実際に見てきた30代からのプログラミング学習、エンジニア独立・転職のリアルについて述べていきます。

 

また僕はもともとプログラミングスクール経由でエンジニアになっており、これまで複数のスクールの本受講に加えて、取材も数多く実施してきました。

 

実際に各スクールの本受講+取材を数多く実施してきました

 

その経験からわかった「30代の方におすすめのプログラミングスクール」もご紹介します。

 

本記事を読み込むことで、30代の転職・独立事情や、30代に本当におすすめなプログラミングスクールがわかりますよ。

 

30代でもプログラミングを学べば転職・独立できる2つの理由

30代でもプログラミングを学べば転職・独立できる3つの理由

 

  1. ITの人材不足が深刻化する一方、IT人材の需要は伸び続けているから
  2. 30代で実際に転職・独立成功している方がたくさんいるから

 

理由は上記の2つです。それぞれ解説していきますね。

 

ITの人材不足が深刻化する一方、IT人材の需要は伸びているから

以下をご覧ください。以下はIT人材の不足数を表したデータです。

 

出典: – IT 人材需給に関する調査 – 経済産業省

 

これを見ると、2018年時点で22万人のIT人材が不足しています。

 

しかも、いま不足しているだけでなく、今後はこの不足数が拡大していくことが予想されています。2030年には、平均的シナリオで「約45万人」の不足、悲観的なシナリオだと「約79万人」まで、不足数が拡大すると言われています。

 

今後のIT人材の不足数の予測

  • 2018年(実績):約22万人の不足
  • 2030年(予測):約45万人の不足数まで拡大(最大で約79万人の不足も)

 

MEMO

ここでいうIT人材は、主にIT・Web企業のソフトウェア技術者や情報処理技術者、IT活用するコンサルタントなどが含まれます。

多くはエンジニアやプログラマーといった技術者であり、それ以外のIT従事者も含まれるという感じなので、エンジニアを中心としたIT人材の今後を、大枠で捉えることができるデータです。

 

さて、上記データからもわかるように、IT人材は現時点でも圧倒的に不足しており、解消するどころか、今後はさらに拍車をかけて、不足数が拡大していくことになります。

 

一方で、企業からのIT人材需要も伸び続けています。

 

いま、世界はITを中心に回っていますよね。Google然り、Amazon然り、ITなくして僕たちの生活は成り立ちません。

 

そのため、IT人材の需要は、いまはIT業界だけでなく、他の業界でも需要が高くなっています。

 

金融、不動産、コンサル、物流など、あらゆる業界でIT化を進めているので、技術を知っているIT技術者の需要は、日に日に高まっているんですよね。

 

このように、「IT人材不足」 x 「IT人材需要」の両方が同時に起きているのが、いまのIT人材マーケットの現状です。

 

こんな状況ですから、20代だけだと人手は全く足りていません。

 

だからこそ、20代が取れないIT企業は、30代まで候補を広げ、採用や仕事を任せる傾向となっています。その結果、30代未経験でも、しっかり準備して望めば、エンジニアやプログラマーとして転職することができるということです。

 

30代で実際に転職・独立成功している方がたくさんいるから

もう一つの理由は、実際に多くの未経験者が転職・独立に成功しているからです。

 

おそらくあなたが想像している以上に、30代で転職・独立に成功している方はたくさんいますよ。

 

 

 

 

 

上記はネットで出ている一例ですが、転職エージェントとして仕事をしている中で、30代から行動して、エンジニア・プログラマーになった人を本当にたくさん見てきました。

 

むしろいまの時代、30代だけでなく、40代、50代からプログラミングを始める人だってたくさんいます。

 

そう考えると、30代なんてまだまだ可能性に満ち溢れていますよ。

 

30代の転職・独立は普通に行動したら簡単じゃない

30代の転職・独立は普通に行動したら簡単じゃない

 

30代でもエンジニア・プログラマー転職・独立ができると話してきましたが、とはいえ、30代の転職・独立は、適当にやったら簡単ではありません。

 

実際、転職サイト経由でIT求人に応募しても落ちることが多いですし、独学で勉強して独立することも、やはりハードルは高いです。

 

冒頭の通り、30代でも転職・独立はできますが、20代と比較すると、難しいことは疑いようのない事実です。

 

だからこそ、30代未経験からプログラミングを学んで仕事につなげたいなら、ちゃんと戦略的に行動していくことが必要です。

 

30代ならプログラミングスクールで「企業へのコネクション」と「メンター」を作るべき

30代ならプログラミングスクールで「企業へのコネクション」と「メンター」を作るべき

 

じゃあどういう方法を使えば良いかというとシンプルで、プログラミングスクールを活用することです。

 

多くの人が誤解していますがらプログラミングスクールはただプログラミングを学ぶ場所ではないんですよね。

 

特に30代でプログラミングスクールを使う場合、「企業へのコネクション」と「メンター」が同時に手に入ることが大きいですね。

 

どういうことか、簡単に説明しますね。

 

企業へのコネクションとは?

プログラミングスクールが持っている企業とのコネクション(ネットワーク)です。

 

特に30代で転職を検討している場合、このコネは死ぬほど重要です。

 

プログラミングスクールは日々、IT企業の社長、もしくは人事担当者とやり取りをしています。そのため、IT企業と強固なコネクションを持っていることが多いです。

 

つまり、プログラミングスクールを使うことで、僕たちはそのコネを利用し、普通は入れないような企業にも転職できるということです。

 

ここで、リクルートエージェントなどの一般の転職エージェント経由でもコネは作れるのですが、転職エージェントが問題なのは、30代未経験だとそもそも相手にされない可能性が高いことです。

 

厳しい現実ですが、転職エージェントもビジネスです。彼らはあなたの転職が決定した時に初めて、決定年収の約1/3を、採用企業から紹介料としてもらいます。年収450万円で採用決定したなら、150万円が転職エージェントの報酬となります。

 

つまり、あなたが転職できなければ、例え転職エージェントがあなたのために100時間かけて死に物狂いで頑張ってくれても、彼らの儲けは0円ということです。

 

そのため、採用確率が高くない人には、転職エージェントはそこまで時間をかけてくれません。彼らの儲けが0円になってしまいますからね。「30代未経験」は、残念ながらまさに採用確率が高くない人です。

 

一方プログラミングスクールの利点は、あなた自身に付加価値をつけて、企業に紹介できることです。

 

「プログラミングスキル」という付加価値をつければ、30代未経験からであっても、転職はしやすくなるんですよね。

 

このことが、僕がプログラミングスクールの利用をおすすめする大きな理由の一つです。

 

企業にアピールできるような経歴やスキルがあなたに無いなら、自分に付加価値をつければ良いだけです。そしてその付加価値は、プログラミングスクールでしっかり学習すれば、30代からでも付けることができるんですよね。

 

だからこそ、30代未経験であれば、プログラミングスクールを使うことが必要不可欠です。

 

プログラミングスクールが普及し、企業に認知されるようになった便利な時代なんですから、30代こそ、プログラミングスクールを使い倒しましょう。

 

メンターとは?

プログラミング学習や、エンジニアへのキャリアで悩んだとき、指針になってくれる存在がメンターです。このメンターの存在は、これからプログラミングを学ぶ上では非常に重要です。

 

というのも、プログラミングは一人で独学すると挫折しやすいからです。実際プログラミングの独学挫折率は90%とも言われています。高いですよね。。僕の周囲でも、大半の人は挫折しています。

 

そして何を隠そう、僕自身もプログラミング独学で挫折をした一人です。

 

僕も最初は独学で勉強したのですが、「いまやっていることが本当に正しいのか」「いつまでこれを続ければスキルが身につくのか」と、そういった不安を感じていましたね。

 

言ってみれば、真っ暗なトンネルを、ライトも持たず彷徨って、出口を探しているような感覚でした。

 

メンターがいれば、わからないことはその場で聞くことができます。暗闇の中でもメンターが道筋を示してくれるので、「このまま続けていけば良いんだ」と、安心感を感じることができました。

 

そこからは迷いなく、日々の学習に打ち込めるようになりましたね。

 

また、プログラミングスクールの講師は、現役フリーランスエンジニア人がやっているケースが多いです。実際にフリーランスエンジニアとして活躍されている方の話は非常に貴重ですよ。

 

どうやって仕事を獲得しているか、そのノウハウも聞けますし、こういうのは普通は聞けない生の話です。プログラミングスクールを使えば、そういった情報も同時に知ることができます。

 

普通に独学して転職活動をしても難しいです。30代でIT業界に飛び込むなら、プログラミングスクールを活用しましょう。

 

そうすれば、30代でも年齢や今までの経歴をハンデにせず、転職を成功させることができますよ。

 

30代が選ぶべきプログラミングスクールとは

30代におすすめのプログラミングスクールとは

 

優先順位もつけておきました。転職前提でプログラミングを学ぶなら、以下、上から順に考慮することをおすすめします。

 

  1. テックキャンプエンジニア転職を受講(年齢制限なし)
  2. TechAcademyProを受講(32歳以下のみ利用可能)
  3. TechAcademyを受講→TechAcademyキャリアで転職 or 独立する(年齢制限なし)

 

この3つが最も現実的な方法です。

 

プログラミングスクールには大きく2つの種類がある

プログラミングスクールには、

 

  1. 転職支援/保証がセットになったスクール
  2. 転職支援/保証がセットでない、学習のみのスクール

 

大きくこの2種類があります。

 

転職したいなら1の転職支援/保証がセットになったスクールを選ぶことがおすすめですが、問題なのは転職支援/保証がセットのスクールには、受講に際する年齢制限があることです。

 

ほとんどのスクールの受講対象は30歳未満となっており、30歳以上だと受けることすらできません。また転職支援を受けることができても、転職保証を受けられないスクールが大半となっています。

 

実例を挙げると、例えば、転職に強いDMM WEBCAMP COMMITポテパンキャンプは、30代だと転職保証を受けることができないです。どちらも20代がメインであり、30代には力を入れていないからです。

 

※DMM WEBCAMP COMMITは相談次第で、30代でも転職保証は可能ではありますが、担当者に聞いたところ、可能性はかなり薄そうな印象でした。なので選択肢からは外しています。

 

テックキャンプエンジニア転職は30歳以上でも受講できる数少ないスクール

じゃあ転職したい30代はまず何を検討するべきか?そこで役に立つのがテックキャンプエンジニア転職です。

 

テックキャンプエンジニア転職は、30歳以上でも受けることができる、数少ないプログラミングスクールです。

 

中でも30代におすすめな理由は、30代の割合が33%まで増えていることです。つまり3人に1人は30代です(40代も5%いるとのこと)

 

余談ですが、実は僕の親しい友人が、30代から現在テックキャンプを受講中です。先日会って状況を聞いたところ、同じチームに30代はもちろん、40代の方もいらっしゃるとのことでした。

 

「30代からだと遅いんじゃないかと最初は不安だったけど、自分よりずっと年齢が上の人も、目標を持って頑張っているこの環境だから、30代で遅いなんて言ってられない。」と、話していたことが印象的でした。

 

このように、約3人に1人が30代のスクールや、30代の転職支援が充実しているスクールは他にはないため、30歳以上ならまずテックキャンプを検討してみることが良いと思いますよ。

 

30代前半だけでなく、30代後半の転職実績もあるとのことです。なので、あなたの年齢・経歴でこの先どんなキャリアの選択肢が残されていそうか、無料カウンセリングで話を聞いてみるだけでも、得られるメリットは大きいと思います。

 

受講するかまだ決めていなくても、キャリア相談は無料でしてくれるとのことでした。無料かつオンラインで相談できるので、有効活用しつつ、他スクールと一緒に比較してみることがおすすめです。

テックキャンプエンジニア転職 公式サイトはこちら

※現在39歳まで受講料最大6万円OFFキャンペーンを実施中のようです

 

より詳しく知りたい方向け

 

次点はTechAcademy

一番おすすめはテックキャンプエンジニア転職ですが、それ以外の候補としては、TechAcademy経由で転職・独立を目指すと良いです。

 

TechAcademyは僕も受講したスクールで、オンライン完結で、エンジニアになるためのスキルが身につきました。

 

僕がTechAcademyを受講していた時に使ったオンラインカリキュラム

 

30代からTechAcademyを利用し、転職や独立を目指す場合、以下2つのルートがあります。

 

  1. TechAcademyProを受講(32歳以下まで転職保証)
  2. TechAcademyを受講→TechAcademyキャリアで転職 or 独立する(年齢制限なし)

 

まず、32歳以下かつ転職意思がある方であれば、転職支援/保証がセットになったTechAcademyProという特別コースを受けることができます。

 

このコースであれば、転職支援だけでなく、エンジニアへの転職保証も受けることができます。32歳以下なら有力候補の一つです。

 

一方33歳以上の方や、転職意思がまだ固まっていない場合、TechAcademyのいずれか好きなコースを受講後、受講者限定の転職支援サービスTechAcademyキャリアを通じて、転職支援を無料で受けることができます。

 

この方法だと転職保証はありませんが、受講時点で転職意思がない方でも、後から希望すれば転職支援を無料で受けることができます。また年齢制限もないため、33歳以上でも転職支援を受けることが可能です。

 

TechAcademyは費用がトップクラスに安い上に、講師は現役エンジニアで質が高く、オンラインスクール受講者数No.1の実績もあります。僕自身、TechAcademyを利用してエンジニアになれましたし、30代から会社に依存しない「手に職」を身につけ、自分の力で稼げるようになった人がたくさんいるスクールです。

 

就職・転職だけでなく、将来の向けて手に職をつけることにもぴったりなスクールなので、まずプログラミングスキルを習得したい場合にも、TechAcademyはおすすめですね。

 

より詳しく知りたい方向け

 

まとめると、

30代から最も転職・独立しやすいのはテックキャンプエンジニア転職ですが、テックキャンプエンジニア転職が合わなかった場合、

 

  1. 32歳以下かつ転職意思がある方:TechAcademyPro
  2. 転職はまだ考えておらず、プログラミングをまず学んでみたい方 or 33歳以上かつ転職意思がある方:TechAcademyを受講⇨TechAcademyキャリアを利用

 

いうルートで検討してみると、30代からでもエンジニア転職・独立したり、プログラミングで会社に依存しない人生を歩むことが可能ですよ。

 

30代におすすめのプログラミングスクール3つ

  1. テックキャンプエンジニア転職【30代まで手厚い転職支援と転職保証】
  2. TechAcademyPro【32歳以下まで転職保証】
  3. TechAcademy【就職サポート利用可能※年齢制限なし】

 

まとめ

30代の初心者がプログラミングスクール経由で独立・転職する方法

 

まとめます。

 

  • 30代未経験でもエンジニア・プログラマーとして転職・独立できる
  • 独学して転職や独立は難しい
  • 30代はプログラミングスクールのリソースを最大限利用し、有利に進めるべき

 

上記の通りです。

 

述べてきた通り、30代でもエンジニアとして転職・独立はできます。

 

とはいえ、改めて認識しておくべきこととして、30代は20代より不利であることは疑いようがない事実です。30代で積み重ねる1歳は転職時に重くのしかかってきますから、もしこの先行動を起こす可能性があるなら、先延ばしすることはもうやめて、今すぐにでも行動を起こしておくことをおすすめします。

 

エンジニアとして2年ほど実務経験を積めば、独立することもできます。独立すれば、今からでも年収700〜800万円くらいは十分目指せる水準ですし、週3勤務で月収50万円という生活や、在宅勤務で家族と過ごす時間を増やすこともできます。

 

人生を変えることは、簡単にできるものではないです。ですがプログラミングであれば、たった数年でも、人生大きく変わりますよ。

 

少なくとも、僕は人生が大きく変わりました。僕は20代後半でプログラミングを学びましたが、人生で唯一自分を褒められることは、あの時行動を起こしてプログラミングを学んだことです。もし行動していなければ、今ごろは安月給で休み無し、残業漬けの日々を送っていたことでしょう。

 

結局のところ、人生は”行動するかしないか”、その「微差」だけで大きく変わるものなんです。

 

30代になると、現職でも出世の差がついてくる頃でしょう。もしいまの仕事でこの先豊かになれないと思うなら、まだ間に合ういまのうちに、一歩を踏み出しましょう。

 

今回ご紹介した30代向けプログラミングスクール

  1. テックキャンプエンジニア転職【30代まで手厚い転職支援と転職保証】
  2. TechAcademyPro【32歳以下まで転職保証】
  3. TechAcademy【就職サポート利用可能※年齢制限なし】

 

人気記事現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール5社【徹底比較】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です