JavaScriptが学べるプログラミングスクールTOP5を現役エンジニアが厳選

JavaScriptが学べるプログラミングスクール【現役エンジニア厳選】

いますぐ登録したい方へ

当記事から登録の多い人気スクールはこちらです↓(公式サイトへ飛びます)

 

人気No.1 TechAcademy フロントエンドコース【最短4週間で個人で稼ぐスキルが身につく最大手スクール】迷ったらココがオススメ

人気No.2 CodeCamp Webマスターコース【2ヶ月以上で安く学びたい方向け】

人気No.3 侍エンジニア塾【オーダーメイドであなたの希望に合った内容が学べる】

 

  • JavaScriptを勉強したいんだけど、どこのプログラミングスクールが良いんだろう?JavaScriptに定評のあるプログラミングスクールが知りたいな。

 

本記事では上記の疑問に答えていきます。

 

早速結論から言うと、以下のプログラミングスクールがおすすめです。

 

JavaScript学習に最適なプログラミングスクール

  1. TechAcademy フロントエンドコース【最短4週間で個人で稼ぐスキルが身につく最大手スクール※7日間のオンライン無料体験あり】迷ったらココがオススメ
  2. CodeCamp Webマスターコース【2ヶ月以上で安く学びたい方向け※オンライン無料体験レッスンあり】
  3. 侍エンジニア塾【オーダーメイドであなたの希望に合った内容が学べる※オンライン無料体験レッスンあり】
  4. KENスクール JavaScriptコーディング講座【通学型でJavaScriptが学べるコース※無料説明会あり】
  5. テックキャンプ プログラミング教養【月額定額制で学び放題※オンライン説明会あり】

 

上記の5つから選べば間違いありません。

 

世の中には多くのプログラミングスクールがあるので、スクール選びは迷うと思います。

 

本記事では、本当に質が高いJavaScriptプログラミングスクールを厳選して紹介しているので、記事を読んで、スクール選びで悩むことはもう終わりにしましょう。

 

僕の経歴

もともとプログラミング初心者でしたが、働きながらプログラミングスクールに通、スキルを習得しました。

 

現在はWebエンジニアとして、フリーランスとして活動をしながら、転職事業、Webマーケティング事業などを行っている立場です。転職事業では、Web企業、IT企業の経営者や人事部長とお会いし、エンジニアに求められるスキルのリアルを把握してきました。

 

そのような経験をもとに、JavaScriptが学べるプログラミングスクールを解説します。

 

JavaScriptプログラミングスクールを選ぶポイント

JavaScriptのプログラミングスクールの選ぶポイント

 

まず初めに、JavaScriptのプログラミングスクール選びのポイントを紹介します。

 

それは、JavaScript単体で学べるプログラミングスクールは少ないということです。

 

JavaScript単体ではなく「JavaScript+他のスキル」もセットで学ぶスクールが大半なんですよね。

 

JavaScriptはWebサイトやWebサービスで用いられる

そもそもJavaScriptは、主にWebサイトやWebサービスを作る際に主に利用されています。

 

例えばWebサイトを作る際は、以下のような言語を利用します。

 

  • HTML:文章や画像、リンクを記述する
  • CSS:配色やサイズを記述する
  • JavaScript:HTMLとCSSで作ったWebページの動きを定義する

 

このような感じです。

 

つまり、JavaScriptを学んでWebサイトを作る場合は、HTMLやCSSもセットで学ぶこととなります。

 

そのため、JavaScriptが学べる大半のプログラミングスクールは、JavaScript単体ではなく、他の言語とセットになっていることが大半です。

 

例えばTechAcademyとCodeCampは、どちらも「JavaScriptコース」というものはなく「TechAcademy フロントエンドコース」や「CodeCamp Webマスターコース」というコースで、JavaScriptを学ぶことができます。実際にWebサイトやWebサービス開発を行いながら、JavaScriptや他の必要スキルをセットで学ぶこととなります。

 

事実、このようなコースの方が、実践形式でJavaScriptを学ぶことができます。結果、実践で使えるスキルが最短で身につくようになっています。

 

JavaScriptが学べるプログラミングスクール5選

JavaScriptが学べるプログラミングスクール5選

 

  1. TechAcademy フロントエンドコース【最短4週間で個人で稼ぐスキルが身につく最大手スクール※7日間のオンライン無料体験あり】迷ったらココがオススメ
  2. CodeCamp Webマスターコース【2ヶ月以上で安く学びたい方向け※オンライン無料体験レッスンあり】
  3. 侍エンジニア塾【オーダーメイドであなたの希望に合った内容が学べる※オンライン無料体験レッスンあり】
  4. KENスクール JavaScriptコーディング講座【通学型でJavaScriptが学べるコース※無料説明会あり】
  5. テックキャンプ プログラミング教養【月額定額制で学び放題※オンライン説明会あり】

 

結論、上記5つがおすすめです。

 

それぞれコースを受講して得られる効果や、デメリットも正直に解説していきますね。

 

1. TechAcademy

JavaScriptが学べるプログラミングスクール5選

JavaScriptが学べるコースフロントエンドコース
期間4週間〜
価格4週間で149,000円(税抜)
受講スタイルオンライン型(Web受講)
受講対象なし

 

TechAcademyはオンライン型プログラミングスクールの中でも最大手の1社です。数あるスクールの中でもトップクラスの実績があります。僕も受講したスクールですが、実体験からも、確信を持っておすすめできるスクールです。

 

TechAcademyの特筆点は、実践型カリキュラムを通じて、個人で稼げるスキルが最短4週間で身につくことです。

 

TechAcademyはとにかく手を動かして学ぶ実践スタイルとなっています。現役エンジニアによるテキストチャットとビデオチャットサポートのもと、基礎学習〜実践学習まで、実際のサービスに触れながら行っていきます。そのため、初心者でも爆速でスキル習得を実現できるんですよね。

 

JavaScriptが学べるコースはフロントエンドコースです。フロントエンドコースもカリキュラムの中で「4つのWebサービス」公開を通じ、JavaScriptを実践レベルまで習得することができます。

 

またTechAcademyの良いところは、カリキュラムを通じて「オリジナルサービス開発」を経験できることです。ここで作ったサービスが「制作実績」になるため、スクール卒業後に就職や転職、副業などをする際に役立ちます。

 

僕自身、TechAcademyを受講したからこそ、実践力が早期に身につきましたし、今では独立して自由に食べていくこともできるようになりました。

 

唯一デメリットとしては、完全オンライン型のため、通学型希望者には合わないことです。一方、オンライン受講希望者にとってはデメリットにはならず、むしろメリットですね。

 

オンライン型スクールとして最高峰の環境なので、オンラインでJavaScriptを学びたいならTechAcademy フロントエンドコースで決まりですね。

 

なお、TechAcademyは本受講前に「無料体験」や「無料キャリアカウンセリング」をすることができます。無料体験ではオンライン受講のイメージを、無料キャリアカウンセリングではJavaScriptを学んだ後の未来のことまで、具体的なアドバイスをくれますよ。

>>TechAcademy フロントエンドコース詳細はこちら

 

今すぐ登録したい方はこちら👇無料体験・無料カウンセリングあり

 

>>TechAcademy(テックアカデミー)でエンジニアになれました!【感想や評判を解説】

TechAcademyを受講してエンジニアになったので効果や評判を解説!TechAcademy(テックアカデミー)でエンジニアになれました!【感想や評判を解説】

 

2. CodeCamp

JavaScriptが学べるプログラミングスクール5選

JavaScriptが学べるコースWebマスターコース
期間2ヶ月、4ヶ月、6ヶ月
価格2ヶ月で178,000円(税抜)
受講スタイルオンライン型(Web受講)
受講対象なし

 

CodeCampはTechAcademy同様、オンライン型大手スクールです。

 

CodeCampの特徴は以下の通りです。

 

  1. 完全オンライン型
  2. 優秀な現役エンジニア講師陣
  3. 豊富な支援実績
  4. 実践型カリキュラム

 

上記のように、特徴が前述したTechAcademyと近いですね。

 

その中でも違いは、

 

  • TechAcademy:専属パーソナルメンターが一人つく
  • CodeCamp:専属パーソナルメンターはつかず、毎回別の講師を選ぶ

 

などの違いがあります。

 

一方で、CodeCampの方が、2ヶ月受講の場合は費用が多少安いなど、価格面のメリットもあります(TechAcademyは199,000円に対し、CodeCampは178,000円)

 

個人的には、挫折せずにプログラミングを習得する場合、メンターの存在は重要と捉えていたのでTechAcademyを当時は利用しましたし、どちらかを推すなら、迷わずTechAcademyを今でも推します。多少費用が高くても、それ以上の価値があるからです。

 

ということで迷ったらTechAcademyがおすすめですが、CodeCampも無料体験レッスンをやっているので、無料で試して比較してみることもおすすめです。

>>CodeCamp Webマスターコース詳細はこちら

 

今すぐ登録したい方はこちら👇無料体験あり

 

TechAcademyとCodeCampをもう少し比較検討したい場合は「【受講者が比較】TechAcademyとCodeCamp、選ぶならTechAcademyがおすすめな理由」の記事をどうぞ。

【受講者が解説】TechAcademyとCodeCamp、選ぶならTechAcademyがおすすめな理由【比較【受講者が比較】TechAcademyとCodeCamp、選ぶならTechAcademyがおすすめな理由

 

3. 侍エンジニア塾

JavaScriptが学べるプログラミングスクール5選

JavaScriptが学べるコースフルオーダーメイドのカリキュラム
期間最短4週間
価格12週間で389,400円(税抜)
受講スタイル通学、オンライン型(Web受講)
受講対象なし

 

侍エンジニア塾もJavaScriptが学べるプログラミングスクールです。

 

特筆点は、完全オーダーメイドカリキュラムであることです。

 

ここまで述べてきたTechAcademyCodeCampも、どちらも決まったコースの中で、JavaScriptを学んでいきます。

 

一方で侍エンジニア塾の場合は、あなたが実現したい未来から逆算し、フルオーダーメイドでカリキュラムを決めることができます。そのため、あなたが実現したい未来に対して、最短距離でプログラミングを学んでいけることが最大の特徴ですね。

 

また個人的にとても驚いたことは、侍エンジニア塾は、なんと「カリキュラムの中で実際の案件を受注」し、収入を得ている受講生もいることです。

 

普通のスクールは「スクール卒業後」に案件を獲得し、初収入を得ることが一般的です。その点侍エンジニア塾は、現役エンジニアサポートのもと、受講期間中に案件を受け、初収入を得られることが、個人的にはかなり魅力ですね。

 

デメリットとしては、完全オーダーメイドのため、あなたが希望する内容によっては、レッスンの質も変動する可能性があることです。侍エンジニア塾の講師は優秀であるものの、得意・不得意分野は少なからずあるからです。

 

JavaScriptについては問題ないと思いますが、より高度なスキルも一緒に学んでいきたい場合は、カリキュラム中で果たして学んでいけるかどうか、無料カウンセリングで相談してみると良いですね。

>>侍エンジニア塾公式サイトはこちら

 

今すぐ登録したい方はこちら👇無料体験あり

 

>>侍エンジニア塾の評判や実態について【エンジニアが他のスクールと徹底比較してみた】

侍エンジニア塾の評判や実態について【エンジニアが他のスクールと徹底比較】侍エンジニア塾の評判や実態について【エンジニアが他のスクールと徹底比較してみた】

 

4. KENスクール

JavaScriptが学べるプログラミングスクール5選

JavaScriptが学べるコースJavaScriptコーディング講座
期間3ヶ月
価格62,000円(税抜)
受講スタイル通学型
受講対象なし

 

KENスクールは全国各地に校舎を構えている、30年以上の歴史を誇る伝統あるスクールです。

 

これまで長年培ってきたパソコン・インターネットの知見を余すことなく学べる環境場所です。母体のしっかりしている安定スクールで学びたい人にとって、TechAcademy同様おすすめのスクールです。

 

KENスクールでJavaScriptが学べる講座は「JavaScriptコーディング講座」です。レッスンもマンツーマンで、サポート体制が充実したカリキュラムなので、着実にスキルアップできます。

 

また、就職支援もかなり手厚いスクールなので、今後のキャリアを真剣に作っていきたい人にもKENスクールはおすすめです。

 

KENスクールは資料請求や無料体験が受けられますので、まずはそれらを活用して情報収集すると、リアルなイメージが湧くと思いますよ。詳しくは以下公式サイトからチェックしてみてください。

>>JavaScriptコーディング講座詳細はこちら

 

今すぐ登録したい方はこちら👇無料体験あり

 

5. テックキャンプ プログラミング教養

JavaScriptが学べるプログラミングスクール5選

JavaScriptが学べるコーステックキャンプ プログラミング教養(月額制で学び放題)
期間1ヶ月〜
価格入会金198,000円+月額19,800円(税抜)
受講スタイル通学・オンライン型
受講対象なし

 

テックキャンプ プログラミング教養は数あるプログラミングスクールの中でも、TechAcademyと並んで実績のあるプログラミングスクールです。

 

特筆点は、JavaScriptだけでなく、WebプログラミングやWebデザイン、AIまで、幅広いスキルを定額で学べることです。

 

テックキャンプ プログラミング教養では、最初に入会金が198,000円かかるものの、その後は月額19,800円で受講することができます。この19,800円に、以下のコースが全て含まれています。

 

  • Webプログラミング(JavaScriptを始め、HTMLやCSS、Rubyなど)
  • Webデザイン
  • AI

 

JavaScript特化ではないものの「まずはいろんな分野を学んでみたい」という状態にはテックキャンプ プログラミング教養は特におすすめですね。

>>テックキャンプ プログラミング教養公式サイトはこちら

 

今すぐ登録したい方はこちら👇無料体験あり

 

>>TECH::CAMP(テックキャンプ)を20代後半の初心者が受けた感想【評判や効果】

TECH::CAMP(テックキャンプ)を20代後半の初心者が受けた感想【評判や効果】TECH::CAMP(テックキャンプ)を20代後半の初心者が受けた感想【評判や効果】

 

どうしても迷った時のJavaScriptスクールの選び方

JavaScriptが学べるプログラミングスクール【現役エンジニア厳選】

 

個人的には最短4週間でJavaScript含めたプログラミングスキルが身につくTechAcademy フロントエンドコースがおすすめです。

 

タイトル

✔︎ オンライン最大手スクール

✔︎ 受講者実績もトップクラスで安心

✔︎ 実践型カリキュラムで早期に実力が身につく

✔︎ その上、受講費用も他のスクールと比較して良心的

 

という特徴から考えても、迷ったらTechAcademy フロントエンドコースでOKです。

 

その上で、プログラミングスクールは人によって合う・合わないもありますので、無料体験や無料カウンセリングを2〜3社ほど利用してから決めることがおすすめです。ここまで入念にやっておけば、スクール選びの失敗確率は極限まで下げられると思いますよ。

 

まとめ

JavaScriptが学べるプログラミングスクール【現役エンジニア厳選】

 

最後に、いまエンジニアは圧倒的な人手不足です。そのため、今回紹介したようなプログラミングスクールで学習すれば、学歴や経歴関係なく、エンジニアになることは可能です。

 

今回紹介したコースであれば、JavaScriptはもちろん、Web系言語の基礎から実践まで、幅広くスキルを習得できます。

 

Web系言語を学んだWeb系エンジニアは需要が特に高いです。20代や30代で年収800万円〜1,000万円を実現することもできますし、リモートワークや週3勤務などの働き方も実現できます。

 

そんな未来は、実は行動さえ起こせば、手の届くところにあるんですよね。

 

今から行動すれば、3ヶ月後の未来が変わると思いますよ。理想の未来を夢でなく現実とするためにも、一歩を踏み出せると良いですね。応援しています!

 

今回紹介したプログラミングスクール(以下リンクより公式サイトへ飛びます)

  1. TechAcademy フロントエンドコース【7日間のオンライン無料体験・無料カウンセリングあり】迷ったらココがオススメ
  2. CodeCamp Webマスターコース【オンライン無料体験レッスンあり】
  3. 侍エンジニア塾【オンライン無料体験レッスンあり】
  4. KENスクール JavaScriptコーディング講座【資料請求・無料説明会あり】
  5. テックキャンプ プログラミング教養【オンライン無料説明会あり】

 

人気記事現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール5社【徹底比較】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です