プログラミングのモチベーションを自然にアップさせる方法【目標設定と環境作りが大事】

プログラミングのモチベーションを自然にアップさせる方法

  • 完全初心者からプログラミングを独学で勉強し始めているんだけど、わからないことばっかで挫折しそう..。プログラミングのモチベーション維持ってみんなどうやっているんだろう?自分がやっている方法が効率的かどうかもわからない..。

 

今回はこういった疑問に答えていきます。

 

実はこういう悩みを抱えている人はものすごくたくさんいます。プログラミングの勉強を独学で始めてみたはいいけれど、モチベーションが維持できずに挫折する人はすごく多いんですね。

 

僕は今でこそエンジニアとして仕事をしていますが、実は僕ももともとプログラミング初心者でして、当初はモチベーション管理に苦しみました。独学で始めたのですが、わからないエラーや用語ばかりで頭が痛くなるし、かといって聞く相手もいない。そんな状況で勉強していても、モチベーションややる気が維持できないことも無理ないです。

 

そこで今回は、プログラミング初心者がモチベーションを維持できない原因と対処法について、僕自身の経験からお伝えしていきます。プログラミング初心者がモチベーションを維持できない理由と対処法を知ることで、上記の悩みは解決できますよ。

 

5分ほどで読めますので、プログラミングのモチベーション管理に悩んでいる初心者の方はぜひご一読ください〜。

 

プログラミング初心者がモチベーションを維持できない2つの原因

プログラミング初心者がモチベーションを維持できない2つの原因

 

  1. ありたい姿(目標)が明確になっていないから
  2. 相談する相手がいない

 

原因はだいたいこの2つです。

 

1. ありたい姿(目標)が明確になっていないから

一番大事なことです。「プログラミングを学んでどうなりたいのか?」そのありたい姿(目標)が明確になっていないと、モチベーションは保ちづらいです。なぜなら、プログラミングは普通にやっていれば大抵挫折するものだからです。

 

「あれ?なんで自分はプログラミングを勉強しているんだっけ?」と思う場合、「プログラミングを学んでどうなりたいのか」、一度立ち止まって考えてみると良いです。例えば以下のようなイメージですね。

 

  • プログラミングを学ぶ → 個人で稼ぐ力をつけて脱サラする
  • プログラミングを学ぶ → PC1台で世界中を飛び回りながら生きる人生を実現する
  • プログラミングを学ぶ → 月収1,000万円を目指す(割と目指せます)
  • プログラミングを学ぶ → 在宅勤務の仕事をして、家族と過ごす時間を増やす
  • プログラミングを学ぶ → 海外ノマド生活をする

 

こういった目標です。ポイントは、自分の目指したいライフスタイルをイメージすることがおすすめですね。

 

プログラミングは人生の選択肢を増やす最強のツールです。ITのスキル自体が日本のみならず世界で重宝されている手に職ですし、収入も多いです。20代で年収1,000万円とか割とゴロゴロ存在していますし。さらにはPC1台あればどこでも仕事ができるので、場所の自由も効きやすいです。

 

ちなみに僕の場合、手に職を身につけて個人で稼ぐ力を手に入れて、収入源を増やしたいと思ったことがプログラミングを学んだ理由の一つですね。実際今はエンジニアだけでなく転職エージェント事業やWebメディア事業を並行してやっていますが、プログラミングの収入が良い意味でベーシックインカム的な状態になっています。

 

どれか一つダメになってもプログラミングという「手に職」がある安心感があるので、どんなことにも積極的にチャレンジしていけるようになりました。人生のリスクヘッジをするためにも、プログラミングスキルは最強のスキルだと思いますね。

 

2. 相談する相手がいない

これもとても重要です。特にプログラミングを独学で勉強している人の場合

 

  • プログラミングでわからないことが出る
  • →相談する相手がいないので一人で悩む
  • →どんどんストレスが溜まってくる
  • →挫折する

 

こういう負のサイクルが回ってしまいます。相談する相手がいないのって、プログラミングの場合、思う以上に大変です。

 

  • 自分がいまやっていることが正しい方向に向かっているのか?
  • どれくらい勉強すれば理想の状態にたどり着けるのか?
  • プログラミングを学んだら就職はどうやってするのか?
  • 独立したらどうやって仕事を獲得していけば良いのか?
  • その場合、収入や休日はどれくらいになるのか?

 

相談する相手がいない場合、こういったこともわからないまま一人で走っていかないといけないんですよね。

 

プログラミング独学って、学習の面だけじゃなく、こういった側面でもマイナス面が大きいです。プログラミングを独学で習得して仕事につなげている人も中にはいますが、個人的にはすごいと思っています。並大抵ではない努力ができる人か、プログラミングとの相性がめちゃめちゃ良い方か、このどちらかの人が、僕の周囲では多いですね。ちなみに僕はどちらにも当てはまっていませんでした。。

 

相談せずとも自走できる人であれば、そもそもモチベーション云々という悩みは出てきません。プログラミングのモチベーションについて調べている以上、おそらくあなたは上記の2つに当てはまっていないんじゃないかと思います。

 

>>プログラミングを独学して就職ってできるもの?【現役転職エージェントが解説】

>>プログラミング独学は無理ではないがおすすめしない【現役エンジニアが解説】

 

プログラミングの挫折者が多いことは”メリット”でもある

プログラミングの挫折者が多いことは"メリット"でもある

 

ただですね、プログラミングの挫折者が多いことは、実はあなたにとってメリットでもあります。なぜなら、それがプログラミングの参入障壁そのものだからです。

 

  • プログラミングに興味を持つ人が増えている
  • →プログラミングを始める学習者も増える
  • →思っていた以上にプログラミングのモチベーション維持が難しい
  • →ほとんどの人(9割近く)が挫折する
  • →一部の人(1割未満)だけがプログラミングを習得する
  • →1部の人だけが美味しい思いができる(高待遇、自由なライフスタイルなど)

 

このように、プログラミングに興味を持つ人自体は多く存在しますが、実際はその中でも一部の人だけが、プログラミング習得まで至るんですね。

 

世の中的にはエンジニアやプログラマー需要が日に日に高まっていますが、上記の通り肝心のエンジニアやプログラマーが参入障壁によって増えていきません。つまり、エンジニアになれた人は美味しい思いができるということですね。

 

  • 挫折しそうになる→頑張ればその分得するんだ!

 

こう思えるようになれば、プログラミングのモチベーションは自然と続きますよ!

 

プログラミング勉強のやる気を高める方法

プログラミング勉強のやる気を高める方法

 

  1. ありたい姿(目標)を明確にする
  2. 相談する相手を作る(相談できる環境を作る)

 

先ほどの原因と逆ですね。目標を決め、相談する相手を作って勉強することです。

 

このうち2の「相談する相手を作る」の方法に関しては、以下の方法があります。

 

  • プログラミングスクールに通う
  • IT企業に就職する
  • Webサービスを使う
  • 友人のエンジニアに相談する
  • プログラミング関係のイベントに出る

 

プログラミングスクールに通う

プログラミングスクールにはプロのエンジニアのメンターがいます。プログラミング学習はもちろんのこと、プログラミングスクールのメンターはフリーランスエンジニアとして働きながらメンター業をやっている方も多いので、将来的に独立を考えている方は、独立後の仕事の獲得方法なども聞くことができます。

 

僕もスクールに通った時は女性のメンターがフリーランスでしたので、独立後にどうやって仕事を請けているか、その方法を知ることができました。プログラミングスクールの利用メリットはこういうところにもありますね。

 

プログラミングスクールにも良し悪しがありますが、本当におすすめできるプログラミングスクールは現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール4社【徹底比較】でまとめていますので参考にどうぞ。かなり厳選しました。

 

IT企業に就職する

いっそのこと就職してしまうのはアリです。実務未経験でも意外と就職はできるものです。

 

とはいえ、未経験者が普通にリクナビNEXTなどの転職サイト経由で応募しても受かる可能性は低いので、就職支援付きプログラミングスクールを使う方法が現実的です。

 

就職支援・転職支援に強いプログラミングスクールは就職・転職に強いプログラミングスクール5選【現役エンジニアが徹底比較】でまとめているので参考にどうぞ。

 

Webサービスを使う

技術的なことなどを無料で質問できるWebサービスもあります。以下のものは登録しておくと便利ですね。

 

 

僕も技術面でわからないことはteratailを使って質問をしていました。とはいえ、回答がすぐに来ない or 回答自体が来ない場合もあるので、時には気長に待つ必要はあります。

 

友人のエンジニアに相談する

友人に頼れるエンジニアがいる場合、その方に相談する方法も良いですね。周囲にエンジニアの友人がいるなら、相談できそうか検討してみましょう。

 

とはいえ、ただ聞いてばかりだと相手の時間も奪ってしまうことになるので、自分も何か御礼をしたりする必要はありそうですね。

 

まとめ

プログラミング モチベーション 維持

 

まとめます。

 

  • プログラミングのモチベーションは「目標を決めること」と「相談できる相手を作ること」で解決できる

 

上記の通りです。目標を決めて、相談できる相手を作りましょう。

 

プログラミングは現代を自由に生きるための最強のツールです。普通の凡人でもお金、時間、場所、これらの自由を一度に手に入れられるスキルは、プログラミングスキル以外にないと思っています。

 

今はエンジニア不足も深刻化していますから、本当に誰でも行動すればエンジニアになれますし、なれれば美味しい思いができますよ。プログラミングを始めたばかりだとプログラミングに難しいイメージがあると思いますが、勉強を始めたばかりの慣れるまでの時が一番ハードルが高いので、そこを乗り越えさえすればあとは楽になります。

 

モチベーションややる気を維持しながら、プログラミング学習に励んでいきましょう。それでは、良いプログラミングライフを!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です