英語を活かせる仕事に転職したいときに読んでほしい記事

英語が生かせる業界とは

英語が活かせる業界としては外国人と交流が深い、または海外と関わる機会が多い業界です。具体的には商社、航空・旅行業界、ホテル業界などが挙げられます。それぞれについてどういう場面で英語力を活かせるのか、平均年収、これらの業界で英語力以外にあれば転職に有利なスキルを紹介していきます。

〇商社
まず商社ですが、海外の商品を取り寄せるような企業場合には海外の方とのやり取りで必須です。専門用語を用いることが多いような相手の場合にはより高度なレベルが求められるでしょう。

平均年収は会社規模によって大きく異なりますが、大手総合商社の場合は1,300万円ほど、中小総合商社は1,100万円、専門商社は700万円程です。英語力以外にもハードな仕事に耐えられる体力や社内外と上手く交渉するコミュニケーションスキルなどがあれば転職に有利に働きます。

〇航空
続いて航空・旅行業界ですが、英語は外国人観光客と接したり、ツアーコンダクターとして海外の旅行の手配やホテルを手配したりする際に使用し、必須レベルともいえます。

航空業界の平均年収は750万円程ですが、航空業界の中でもパイロットは1,700万円ほどとかなり高いですが、キャビンアテンダントで500万円、グランドスタッフは300万円前後と業界内でもかなり差があります。職種にもよりますが、航空業界では英語力以外に身長や視力、健康状態がよいことや、相手の立場にたっての接客スキルが求められます。

〇旅行
旅行業界は全体的に平均年収は低い傾向にあり、350万円ほどです。旅行業界では旅行が好きで興味があることや、コミュニケーションスキルは必須といえましょう。ホテル業界では海外のお客様と接する時などに英語が必要です。平均年収は320万円程度となっています。過去にサービス業や接客経験があるとホテル業界の仕事にも活かせますので転職に有利となります。

英語が生かせる職種とは?

続いて英語を活かせる職種についていくつか紹介してきます。

代表的なものとしては通訳、語学講師、貿易事務、システムエンジニアなどが挙げられます。それぞれについて英語力を活かせる場面、平均年収、英語力以外にあると転職に有利なスキルを紹介します。

〇通訳
まず通訳ですが、英語を使う人と日本語を使う人同士が意思疎通ができるように相手が話した内容をもう一方がわかる様に言語を言い換える仕事です。

活躍の場は広いですが、平均年収は400万円ほどとなっています。通訳では相手が話すことを把握する理解力と、もう一方に伝える表現力が重要となります。大きな会議を任される場合には情報収集力も求められます。

〇語学講師
語学講師は日本語教師や英会話講師などが当てはまり、英語を使いながら語学を教える仕事で、平均年収は320万円ほどです。

コミュニケーションスキルや人に教えることが得意であると転職に有利となります。また、レッスン以外でも生徒の情報を管理したり、問題を作ったり、報告書を書いたりと様々な事務作業があります。そのため、事務処理能力もあるにこしたことはないでしょう。

〇貿易事務
貿易事務は商社やメーカーなどで輸出入に関する事務処理を行う仕事です。数多くの英語で記載された書類の作成や確認をしており、平均年収は300万円~400万円程となっています。

貿易事務は専門性は高いものの、未経験からの転職も可能です。ただ、非常に多くの人とやり取りが発生する仕事ですので、コミュニケーション能力が必要となります。また、貿易実務検定試験という資格もあるので、取得しておくと転職に有利となるといえるでしょう。

〇システムエンジニア
システムエンジニアも英語を活かせる場合があり、具体例として、英文仕様書を解読する場合や、英語を公用語とする企業や顧客とやり取りが発生する場合などが挙げられます。

平均年収は570万円程度となっています。あると有利なスキルとしてはプログラミング能力、プロジェクトをコントロールするマネジメントスキル、論理的な思考、コミュニケーション能力などです。

英語を活かす仕事の転職失敗例

ひとえに英語を活かせる仕事といってもそのレベルは様々であり、また英語の中でも会話だったり執筆だったり読解だったりと種類が多岐に渡ります。

そのため、英語が得意で英語を活かせる仕事についたと思っても、結果的に失敗してしまう事例もあります。ここでは英語を活かす仕事に転職したものの、失敗した事例について紹介していきます。

1.「思ったより英語を使わない仕事だった」
海外から物を取り寄せる商社だから英語を活かせると思ったものの、配属されたのは国内の全く英語を必要としない部署だったというような場合です。

大きな企業であればあるほど組織が細分化される傾向があるので、限られた部署の人しか英語を使わないことがあったりします。

2.「必要な英語力のレベルが高すぎて苦労した」
日常会話ならなんとかできるくらいの英語力にもかかわらず、クライアントと専門用語を交えながらバリバリ交渉するような仕事を任されるパターンです。この場合はついていくのが大変で、更なる勉強の必要が出てきます。

反対に自分はかなり高度なレベルの英語力を持っているにも関わらず、入った会社では初歩的な英語さえあれば十分で物足りないという場合もあります。

3.「英会話はできるが筆記や読解ができなくて苦労した」
英語力の中でも技能によるミスマッチが起こる場合もあります。英会話スクールに通っていたり留学経験があるなどで会話は自信があっても、実際に必要なのは英語で書かれた仕様書の解読や英語での契約書作成だったりすると得意な英会話を活かすことができないでしょう。

4.「英語は活かせるが、他の面でミスマッチ」
英語能力は十分に活かせているものの、他の能力でミスマッチを起こす場合があります。例えば、英語力には自信があるものの人付き合いが苦手な人が、人とコミュニケーションを取ること多い商社に入ると交渉に苦労するなどです。

英語力を生かす仕事に転職するならエージェントを使う

英語力を活かす仕事に転職するなら、転職エージェントを使うことをおすすめします。利用する主なメリットは下記の通りです。

  • 企業と自分の間を取り持つ、履歴書や職務経歴書の作成をサポートする、一般的には非公開なもの含め求人の紹介など、様々なサポートを無料で受けられるから
  • 英語を使う機会が多い外資系企業、グローバル企業、業務上英語を使う日系企業は求人を転職エージェントに依頼していることが多いから
  • 上記企業は年収などの条件がよい場合が多く、ライバルが多いことから転職難易度が高いため、転職エージェントを活用することで自身の魅力を最大化できるから
  • 英語を使う企業は現時点の実力を重視する傾向があり、模擬面接による事前準備や魅力的な履歴書作成が必要となり、転職エージェントの豊富なノウハウは非常に有効になるから

 

転職エージェントを利用しない場合の主なデメリットは下記の通りです

  • 自分一人では限界があり、面接や書類選考が上手くいかないことが多くなる
  • 求人を一般公開せずに転職エージェントのみに出す場合もあり、機会損失にもつながる
  • 自分で応募企業を判断するので、自身のもつ英語力と応募する企業で必要な英語力とのミスマッチが起こる

 

英語を使う仕事に強い転職エージェントの特徴
英語を使う企業の多くは比較的ハイクラスな求人を公開しています。そのため、英語を使う仕事に強みを持つ転職エージェントもハイクラスに特化している場合があります。

また、外資系企業などへの転職支援実績も豊富にあり、ホームページなどでそういった実績をアピールしているエージェントもあります。

さらに、英語を使う仕事に強い転職エージェントでは、求職者に対して時間をかけて丁寧にサポートをする傾向があります。これは面接などで求められる水準が高いため、採用側のニーズに対応するためと考えられます。

どんな面接?

最後に、英語を使う仕事への転職ではどのような面接が行われるのかや対策について説明していきます。ポイントは下記の通りです。

  • 仕事で英語を使うからといって、面接の言語がすべて英語かというと必ずしもそうではなく、日本語で行われることもあり、この場合の対策は、通常の面接と同様です
  • 聞かれたことに対してきちんと結論から答える、聞かれることを想定して答えを準備しておく、マナーはしっかりとする、仕事内容を理解しておく等の基本的なポイントを抑えておきましょう
  • 英語を使う仕事への転職では英語力を確認するために英語で行われることも多くあります。その際には英語力が募集している職種に対して満足なレベルかどうかはもちろん、英語でのコミュニケーション能力や企業への適性なども見られます

 

ティップス(面接におけるちょっとしたテクニック)は下記の通りです

  • 基本的な流れは日本語の場合と同様ですが、入室の際には失礼しますのつもりで、”Excuse me”を遣うのではなく “May I come in?” と言う、面接官と会ったら握手から始める、面接の本題の前にアイスブレイクがあるといった独特のものもあります
  • 事前にしっかりと流れをつかんでおき、好印象を狙いましょう。慣れていないと英語での面接でたじたじとなってしまうこともありますので、事前準備/練習/リハーサルは欠かせません。想定した質問に対して円滑に答えられるように練習を繰り返し、自信をつけておきましょう(事前準備の量と自信は基本的に比例して増えます)
  • 昨今はオンラインでの面接が行われる場合もあるため、受け答えの対策は通常と同じですが、PCやマイク、カメラの状況などは必ず事前に確認し、カメラもこちらの顔が見えるようにオンにしておきましょう
  • 面接相手が海外の場合は時差がありますので、現地時間と日本時間が先方の指定した時間が合っているかを確認しておく必要があります

英語での面接に限ったことではありませんが、面接対策のサポートという点では転職エージェントがやはりおすすめです。不慣れな英語を使った面接でも企業の傾向や要点を得た対策を一緒に考えてくれるます。

おすすめの転職エージェント

エージェントサイト求人数非公開求人数対象エリア対象年齢層対象年収対象職種対象業界スカウト直接面談履歴書添削面接対策面談日程調整給与交渉
1位doda71,55935,646全国20~40代全年収クラス対応営業
販売・サービス
企画・管理職、事務
小売・外食
IT・通信関連
メディア
金融
2位リクルート
エージェント
107,818137,991全国20~50代全年収クラス対応営業
ITエンジニア
事務
電気・機械・科学エンジニア
IT・通信関連
医薬
機械・輸送機器
※全業種実績有
3位JAC
リクルートメント
8,92313,385全国30~40代年収600万円以上技術系
営業
管理部門
ITエンジニア
IT・通信関連
ヘルスケア
4位マイナビ
エージェント
22,55790,228全国20~30代全年収クラス対応営業
企画・管理職
販売・サービス
電気・機械・科学エンジニア
サービス業
メーカー
IT・通信関連
流通・小売
5位ビズリーチ148,323非公開全国20~50代年収600万円以上不明不明
6位ランスタッド8,0006,400グローバル20~50代年収400万円以上ITエンジニア
営業
事務・管理職
ヘルスケア
マーケティング・企画
不明
7位キャリア
カーバー
75,256非公開全国30~50代年収800万円以上不明不明
8位type転職
エージェント
8,40013,300全国20~30代全年収クラス対応営業
ITエンジニア
企画・管理職
販売・サービス
IT・通信関連
販売・サービス
メーカー
金融
9位ハタラクティブ非公開非公開関東、大阪、名古屋、福岡、その他20代全年収クラス対応ITエンジニア
接客・販売
営業
製造エンジニア
メーカー
人材紹介・派遣、IT・通信関連
理容・美容
10位DYM就職非公開非公開全国10~20代ニート・フリーターでもOK不明不明
11位ワークポート26,50018,550全国20~30代全年収クラス対応不明不明
12位パソナ
キャリア
35,089非公開全国30~60代全年収クラス対応技術系
営業
管理部門
ITエンジニア
IT・通信関連
医療関連
流通・小売、電気・電子半導体

 

人気記事おすすめの転職エージェント12選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です