経理職への転職を成功させるための5つの秘訣

経理で転職する場合の経験別のポイント

未経験で経理に転職する場合のポイント

未経験からの転職には、非常に難しいというイメージが付きまとうものです。特に専門職であれば、その傾向が強くなります。経理も例外ではありません。専門性が高いので、厳しいと感じる人が多いようです。

しかし、実態は異なります。経理という仕事は非常に幅が広いものなので、未経験でも経理職に転職することは可能です。

  • 【日常業務】小口現金や預金の管理
  • 【売掛金管理】売り上げに関するお金の管理
  • 【買掛金管理】仕入れに関するお金の管理
  • 【決算業務】月次・四半期・中間・年次決算などの期間で財務状態をまとめる

このように多岐に渡っています。会社の規模にもよりますが、これらの業務を一人でこなすことはあまり多くありません。複数人の経理担当が業務を分担するのが一般的です。

担当業務が限定的という点が、経理が未経験でも転職可能である大きな理由です。そこから、徐々にさまざまな業務をこなしていくことで、段階的なスキルアップが可能です。

ただし、未経験といってもまったく何も知らなくてもいいというわけではなく、簿記の資格や基本的なPCスキルは大抵の場合必要とされます。

経理は他の職種に比べ、キャリアパスを描きやすいと言われています。最初は小口現金など扱う仕事から、やがては年次決算など大きな仕事を担っていくイメージです。

さて、転職で気になることといえば収入です。未経験では不安になることも多々あるでしょう。派遣社員の場合、経理職の平均時給は1,685円ほどです。人事・総務が1,600円ほど、事務・秘書が1,570円ほどなので、経理職はかなり高いといえます。

経理の経験別だと、未経験が1,550円ほどですが、1年以上の経験だと1,700円を超えます。正社員であれば250万円~350万円ほどですが、経験を積めば400万円~450万円以上に上がります。営業職のように跳ねあがることはありませんが、スキルと共に収入もアップしていきます。

未経験であれば、規模の大きな会社への応募がおすすめです。前述の通り、業務の範囲が限定的であるという点が、未経験でも経理に転職できる理由です。

しかし、規模の小さな会社だと少ない人数で広い範囲の業務をこなしていることが多く、そうした場合はどうしても経験が求められます。

ただし、人気のある有名企業となると競争率が高くなりますので、規模は小さすぎず、最大手でもない企業を探すことをおすすめします。

実務経験ありで転職する場合のポイント

経理は未経験でも転職可能ですが、実務経験は無意味かというと、まったくそんなことはありません。どんな職種にしてもそうですが転職の場合、即戦力は常に高く評価されます。

特に経理の場合、高い専門性が要求されるため、未経験者をゼロの状態から教育するよりも、経験者を雇った方がコストがかからないと考える企業が多くなっています。

また、分業化されているとはいえ、経理職の人員は決して多くありません。営業や生産といった部門は利益に直結するため、多くの人材が投入されます。

それに対して事務系は直接的には利益を生まないので、必要最小限の人数で構成されることが多いのです。経理の場合は経営上重要な情報を扱ったり、多額のお金を直接動かす部署のため、信頼できる人間にだけ仕事を任せたいと考える経営者も少なくありません。

簡単な仕事ではありませんが、ノルマがなく基本的にデスクワークなので続けやすく、退職者が出にくいという理由もあり、経理は求人自体があまり多くありません。経験者が有利になるのは必然と言えるでしょう。

経験は年収にも反映されます。

■実務経験3年未満
基本的に役職はなく、未経験者と同じ扱いになります。年収は300万円~400万円ほどです。未経験者扱いなので、実務経験ではあまりアピールできません。資格の他、熱意や人間性をアピールすることも大切です。

■実務経験3-5年
多くの経験を積んでいると見なされます。リーダー候補や、分析担当になるのであれば400万円-600万円ほどです。部長候補や課長となれば、600万円-800万円ほどになります。経理財務やIR等の経験があれば積極的にアピールしてください。英語力なども評価されるでしょう。

■実務経験5-10年
管理職を経験しているような優秀な人材が多く、年収は800~1,000万円にも上ります。5年未満よりも、さらに多くの経験を積んでいる筈です。決算など大きな仕事に関わっていれば高く評価されます。

管理職経験ありで転職する場合のポイント

管理職には、マネジメント力が求められます。経理という仕事は、黙々と作業することが多いという特性上、各メンバーの状況や全体の進捗具合をしっかりと把握しておく必要があります。

コミュニケーション能力は必須です。自分の部署の仕事を円滑に進めるためだけでなく、他部署や他社との意志疎通も非常に大切になってきます。

情報収集能力も重要です。管理職はさまざまな観点から、業務を観察できなければなりません。日々の業務を淡々とこなしているだけでは、チームを正しい方向に導けないでしょう。また、社会の急速な変化にも対応していく必要があります。

そしてもちろん、経理という仕事の経験と理解です。転職するのであれば単に管理職経験があるというだけでなく、これらのことが多角的に求められます。

管理職の年収は概ね以下のようになっています。

■部長候補、課長、リーダー
年収は600万円-800万円ほどです。目安としては経理財務、IRといった実務経験が3年以上は求められます。簿記は2級以上、またはそれに相当する知識があるとよいでしょう。

■部長、経理・IR責任者
年収は800万円~1,000万円ほどです。実務経験がおおよそ5年以上で上場企業の経理や決算の経験が求められます。決算は会計や税務の知識も必要なため、対応できる人材はそれほど多くありません。大きなアピールポイントとなります。ただし、このクラスになれば必須とも言えるので管理職を目指すのであれば勉強も欠かさないようにしてください。

■財務責任者、部長級以上
年収は1,000万円を超えることが珍しくありません。実務経験は10年以上、上場企業での管理職を経験していることが多い層です。上場支援などの業務や、監査法人、会計コンサルといった企業での業務を経験している人材は多くの企業から求められます。公認会計士資格を持っていれば、さらに評価されるでしょう。

経理の転職成功の秘訣

専門職といっても、スキル以外の部分は重要

経理には専門的なスキルが求められますが、それ以外の部分が不要というわけではありません。社会人としての常識は必要です。しっかりとした書類を用意し、万全の準備をして面接に臨みましょう。ビジネスマナーなどにも気を配ってください。

経理は会社の心臓にも例えられる重要な部門です。前述の通り、信用できる人材だけに仕事を任せたいと考える経営者は少なくありません。常識がないと見なされれば、問題外で落とされてしまうでしょう。

重要な部門であるだけに、社風に合っているかも重視されます。信用できるかどうかにもつながるし、社風に合っていないと短期間で辞めてしまう可能性も高いからです。

前述の通り、信頼されるかが大切なポイントです。企業側としては、経理を担当する人材は簡単には入れ替わって欲しくないのです。社風や理念を理解し、会社の一員として長く誠実に働いてくれそうかどうかは、採用不採用の分かれ目となるかもしれません。

会社の方針を理解し、それに合わせられるかも評価の基準となるでしょう。経理がうまくいかないと、会社全体の業務が滞ります。会社全体のことを把握し、大局的な目で業務を遂行できる人材が求められているのです。

未経験であれば、こうしたことは経験者よりもはるかに大切になるでしょう。スキル以外の部分は重要と述べましたが、未経験の場合はスキルさえも証明する術がないのです。スキル以外がすべてと言えます。経験者よりも教育に時間とコストがかかるので、それに値するパーソナリティを持っているかという点は必ずチェックされます。

応募の際、会社との相性にも気を配るようにしてください。それは本人にとっても大きな意味を持つことです。合っていない会社で働くことは苦痛となるでしょう。特に経理は座ったまま黙々と作業をすることが多く、そこに合っていないとなると、逃げ場がなくなります。長く安定して働くためにも、相性は重視すべきでしょう。

未経験なら求人サイト、経験ありなら転職エージェント

未経験で経理への転職を目指すのであれば、転職サイトで検索してみてください。案外多くの求人が出ているものです。

簿記の資格などがあれば、明記しましょう。PCのスキルも評価されます。経理は専用の会計ソフトを使用することが多いため、PCが使えるかどうかは重要です。

専用ソフトの経験がなくとも、PCの実務経験があれば教育にかかる時間は短く済むでしょう。PCで作業する仕事の経験があればアピールしてください。また、PCに関係なくとも前職での成果を数字で示すと高評価に繋がるかもしれません。経理は数字を扱う仕事なので、数字に強いというのは必要条件です。

そして、なにより大事なのは人間性です。応募から面接まで、丁寧なやり取りを心掛けてください。

実務経験があるのなら、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントとは、転職希望者と人材を探している企業とをマッチングするサービスのことです。企業側から報酬を受け取るので、転職希望者はサービスを受けるのに料金がかかりません。

転職希望者の経歴やスキルをもとに、合いそうな企業を紹介してくれます。合いそうというのは、職種や業種だけのことではありません。カウンセリングによって、条件や今後のキャリアの希望なども聞き出し、長期的な視点に立ったサポートを行います。

給与交渉も転職エージェントのサービスの1つです。専門性が高い仕事は経験やスキルが高く評価されますが、自分自身で正しい評価をするのは難しいものです。転職エージェントは転職希望者の経験やスキルを客観的に判断し、公正な評価を行います。それを元に給与の交渉をするのです。

世の中には数えきれないほどの転職エージェントが存在し、それぞれに異なる強みを持っています。経理での転職を希望するのであれば、経理に強い転職エージェントを選ぶとよいでしょう。

若手に強い、ハイクラスに強いといった違いもあります。実務経験が豊富であれば、ハイクラスに強い転職エージェントを選ぶべきです。経歴に見合った求人を紹介してくれます。

また、転職エージェントはそれぞれに非公開求人を保有しています。一般に公開すると応募が殺到してしまうような好条件の求人を、企業の希望に沿うような優秀な人材にのみ紹介するのです。経験が豊富であれば、そうした魅力的な求人も紹介してもらえるでしょう。

経理職への転職でおすすめの転職エージェント

エージェントサイト求人数非公開求人数対象エリア対象年齢層対象年収対象職種対象業界スカウト直接面談履歴書添削面接対策面談日程調整給与交渉
1位doda71,55935,646全国20~40代全年収クラス対応営業
販売・サービス
企画・管理職、事務
小売・外食
IT・通信関連
メディア
金融
2位リクルート
エージェント
107,818137,991全国20~50代全年収クラス対応営業
ITエンジニア
事務
電気・機械・科学エンジニア
IT・通信関連
医薬
機械・輸送機器
※全業種実績有
3位JAC
リクルートメント
8,92313,385全国30~40代年収600万円以上技術系
営業
管理部門
ITエンジニア
IT・通信関連
ヘルスケア
4位マイナビ
エージェント
22,55790,228全国20~30代全年収クラス対応営業
企画・管理職
販売・サービス
電気・機械・科学エンジニア
サービス業
メーカー
IT・通信関連
流通・小売
5位ビズリーチ148,323非公開全国20~50代年収600万円以上不明不明
6位ランスタッド8,0006,400グローバル20~50代年収400万円以上ITエンジニア
営業
事務・管理職
ヘルスケア
マーケティング・企画
不明
7位キャリア
カーバー
75,256非公開全国30~50代年収800万円以上不明不明
8位type転職
エージェント
8,40013,300全国20~30代全年収クラス対応営業
ITエンジニア
企画・管理職
販売・サービス
IT・通信関連
販売・サービス
メーカー
金融
9位ハタラクティブ非公開非公開関東、大阪、名古屋、福岡、その他20代全年収クラス対応ITエンジニア
接客・販売
営業
製造エンジニア
メーカー
人材紹介・派遣、IT・通信関連
理容・美容
10位DYM就職非公開非公開全国10~20代ニート・フリーターでもOK不明不明
11位ワークポート26,50018,550全国20~30代全年収クラス対応不明不明
12位パソナ
キャリア
35,089非公開全国30~60代全年収クラス対応技術系
営業
管理部門
ITエンジニア
IT・通信関連
医療関連
流通・小売、電気・電子半導体

 

人気記事おすすめの転職エージェント12選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です