【無料あり】インフラを学べるおすすめITスクール3つ【現役エンジニアが徹底比較】

【無料あり】インフラを学べるおすすめITスクール3つ【現役エンジニアが徹底比較】

どうも。フリーランスエンジニア兼転職エージェントのYutoです。

 

さて、僕はエンジニアや、これからエンジニアを目指す方向けのキャリアメディア(当サイト:プログラミングライフ)や、転職エージェントとしてエンジニア転職のサポートをしていることもあり、多くの初心者からエンジニアになるためのキャリア相談を受けます。

 

エンジニアは大きく「プログラマー」と「インフラエンジニア 」の2つがありますが、人気なのは「プログラマー」です。いわゆるプログラミングコードをガリガリ書くほうですね。

 

ですが、全員が全員プログラミングが合うかというとそうではなく、中にはプログラミングに「苦手意識」が強い方もいるんですよね。

 

そういった方に特に根強い人気を誇るのが、「インフラエンジニア 」です。実はインフラエンジニア って、プログラミングの知識がなくてもなれるんですよね。

 

しかも、大抵の場合、プログラマーよりも求められるスキルレベルが低いため、未経験からでも比較的簡単に就職できます。

 

では、どうやってインフラエンジニアを目指せばいいのか、結論からいうと、未経験からインフラエンジニアを目指す場合、インフラが学べる「ITスクール」に通うことが最も近道です。

 

じゃあどこのITスクールがおすすめなのか、結論、以下の3社で間違いないです。

 

インフラが学べるITスクール

  1. GEEK JOB【無料かつ圧倒的な学習/就職サポート】迷ったらココ
  2. エンジニアカレッジ【インフラ系の就職支援に定評あり】
  3. KENスクール【ネットワーク専門に学べるスクール】

 

この3社です。どこも質が高く、インフラエンジニアに必要なスキルを学ぶことができます。

 

ということが結論ですが、本記事では上記スクールの特徴をわかりやすく紹介していきます。

 

また各スクールのメリットだけでなく、デメリットについてもしっかり書いていきます。

 

公平な視点で書いていくので、インフラスクールを検討しているなら、本記事を読めば、自分にぴったりなスクールが見つかりますよ。

 

インフラエンジニアの仕事とは?ITインフラの設計、構築、運用、保守の4つがメイン

インフラエンジニアの仕事とは?ITインフラの設計、構築、運用、保守の4つがメイン

 

まずはインフラエンジニア の仕事について、簡単に整理をしておきますね。

 

上記記載の通り、インフラエンジニアの仕事は大きくITインフラの設計、構築、運用、保守です。

 

ITインフラとは?サーバーやネットワークなど、システムの土台

では「ITインフラ」は何かというと、「サーバー」や「ネットワーク」など、システムの土台になる部分です。

 

ITインフラはシステムの土台なので、ITインフラがなかったり、正しく作動しなければ、ITシステムを使うことはできません。

 

ですからインフラエンジニアに必要なことは、「操作ミスをすることなく、正確に作業を遂行すること」です。そういった仕事のため、インフラエンジニアは「縁の下の力持ち」とも言われているんですよね。

 

このような特性があるので、人によって「合う・合わない」が分かれる仕事というのが、僕の個人的な見解ですね。

 

「細かい作業は苦手だな。」そういう大雑把な方はおそらく合わないですし、一方コツコツ真面目に働くことが性に合っているなら、インフラエンジニアの仕事は合うと思いますよ。

 

この辺りは、自分の性格も考慮しつつ、検討すると良いですね。

 

【無料あり】インフラを学べるおすすめITスクール3つ【現役エンジニアが徹底比較】

【無料あり】インフラを学べるおすすめITスクール3つ【現役エンジニアが徹底比較】

 

  1. GEEK JOB【無料かつ圧倒的な学習/就職サポート】迷ったらココ
  2. エンジニアカレッジ【インフラ系の就職支援に定評あり】
  3. KENスクール【ネットワーク専門に学べるスクール】

 

冒頭でもあげましたが、インフラを学べるおすすめITスクールは上記3つです。

 

無料スクールは「GEEK JOB」「エンジニアカレッジ」

この3つの中では、GEEK JOBエンジニアカレッジは、なんと「無料」で利用することができます。

 

これは企業側からお金をもらう仕組みを取っているからなんですが、受講者の僕たちからすれば、無料でインフラの学習ができ、無料でインフラエンジニア への就職/転職サポートを一貫して受けることができます。

 

それぞれ特徴があるスクールなので、違いをわかりやすく紹介し、あなたにぴったりのスクールがわかるようにしていきますね。

 

1. GEEK JOB:圧倒的な学習/就職サポート※迷ったらココでOK

【無料あり】インフラを学べるおすすめITスクール3つ【現役エンジニアが徹底比較】

プログラマーコースインフラエンジニアコース
期間1ヶ月〜3ヶ月1ヶ月〜3ヶ月
価格無料無料
受講スタイルオフライン型(東京)オフライン型(東京)
受講対象30歳未満で東京の校舎に通える人限定30歳未満で東京の校舎に通える人限定

 

GEEK JOBは、インフラの知識が網羅的に学べる、国内でもトップクラスのインフラスクールです。正直、迷ったらGEEK JOBを選んでおけば間違いないです。

 

特筆点は、まずは学習カリキュラムの幅広さですね。サーバー、ネットワーク、クラウドと、インフラに必要な知識は全てGEEK JOBで学べます。

 

また、先日GEEK JOBの四谷校舎にお邪魔し、担当の方に色々とお話を伺ったのですが、個人的に良い印象を受けたのは「就職先」でした。

 

GEEK JOBでは、受講生が卒業後も安心して働けるよう、紹介先の企業を闇雲に増やすのではなく、しっかり精査をした上で選定していました。

 

また、就職先企業側からも「また紹介して欲しい」というリピートも、GEEK JOBはかなり多いようです。就職後、すぐに卒業生が退職しているなら、このようなオーダーはないです。つまり、受講生が卒業後、就職先の現場でしっかり活躍していることの裏返しです。

 

【無料あり】インフラを学べるおすすめITスクール3つ【現役エンジニアが徹底比較】

僕が四谷校舎に行った時の教室風景です。

 

唯一デメリットとしては、GEEK JOBは東京の四谷、九段下校舎に通学できる方、かつ就職意思がある方しか受講できないことです。ですが、東京の校舎に通え、インフラエンジニアとして就職意思があるなら問題ありません。

 

インフラ周りの基本を身につけ、早期に優良企業の就職・転職したいなら、間違いなくGEEK JOBがNo.1だと確信しています。

 

コースは「インフラエンジニアコース」と「プログラマーコース」の2つがありますが、インフラエンジニアを目指すならインフラエンジニアコース」を選びましょう。

 

なお、GEEK JOBは「半日のプログラミング無料体験会」「無料カウンセリング」「無料説明会」などを毎週開催しているので、まずはここに足を運んでみることがファーストステップです。

 

強引な勧誘も一切なし、キャリア相談にも乗ってくれますから、気軽に足を運んでみましょう。予約はカンタン30秒で公式サイトからできます。

 

今すぐ予約したい方はこちら👇完全無料

 

詳細はこちら👇

 

2. エンジニアカレッジ:インフラ系の転職支援がウリ

【無料あり】インフラを学べるおすすめITスクール3つ【現役エンジニアが徹底比較】

プログラマーコース(プログラマカレッジ)インフラエンジニアコース(エンジニアカレッジ)
期間最短3ヶ月最短2ヶ月
価格無料無料
受講スタイルオフライン型(東京)オフライン型(東京)
受講対象30歳未満で東京の校舎に通える人限定30歳未満で東京の校舎に通える人限定

 

エンジニアカレッジは、GEEK JOB同様、インフラ周りの知識を身につけ、インフラエンジニアとしての就職まで一貫サポートしてくれるスクールです。

 

カリキュラムの観点で言うとGEEK JOBの方が網羅的に学べる内容になっているので、インフラの知識を総合的に学びたい場合はGEEK JOBで良いと思います。

 

一方、エンジニアカレッジは就職サポートに強いので、GEEK JOBと両方相談に参加してみて、実際の「就職先候補」を比較して選ぶと、納得いく就職が目指せると思います。

 

今すぐ登録したい方はこちら👇完全無料

 

 

3. KENスクール:ネットワーク専門コースが存在

【無料あり】インフラを学べるおすすめITスクール3つ【現役エンジニアが徹底比較】

期間コースによって様々(数週間〜数ヶ月まで)
価格数万円台〜50万円台以上まで様々
受講スタイルオフライン型(通学スタイル)場所:全国各地(東京、横浜、大阪、名古屋、札幌、福岡など)
備考コースによって就職支援あり

 

KENスクールは、ネットワークやプログラミング、デザインなど、自分の興味にあったコースを選んで受講できるスクールです。

 

特筆点は、コースの豊富さですね。公式サイトをご覧いただくとわかりますが、様々な分野の特化型コースが存在しています。

 

なお、インフラ系のコースとしては、「ネットワークコース」となります。ネットワーク・サーバー構築など、必要なスキルをピンポイントで学ぶことができます。

 

就職支援についてはGEEK JOBやエンジニア カレッジに劣るものの、CCNAなど、初心者がネットワークエンジニアを目指す上での登竜門的な資格取得専門コースもあるので、ネットワークエンジニアになりたいなら特に検討したいスクールです。

 

今すぐ登録したい方はこちら👇完全無料

 

 

迷ったときにおすすめな、ITインフラスクールの選び方

【無料あり】インフラを学べるおすすめITスクール3つ【現役エンジニアが徹底比較】

 

もしこの3社どこを受講するか迷ったら、真っ先に検討すべきはGEEK JOBです。前述通り、GEEK JOBはインフラエンジニアになるために必要なスキルを全て学べ、かつしっかりと選定された企業への就職・転職サポートまで一貫したサポートを「無料」で受けることができます。

 

いち早くインフラの知識を習得し、実務経験を積みたいなら、GEEK JOBに勝るスクールは他にはないです。なので、まずGEEK JOBを検討してみましょう。

 

その上で、エンジニアカレッジKENスクールの無料相談にも足を運んでみることで、ネット上ではわからない雰囲気含め、本当に自分に合っているスクールがどこかわかりますよ。

 

特に就職先に関しては、実際に相談しつつ聞くことが、自分に可能性のある就職先を知る上で必要不可欠です。

 

ですから、面倒くさがらずに「複数のスクールの無料相談に参加すること」が、失敗しないキャリア選択のために必要なステップですね。

 

まとめ:ITスクールを使えば最短でインフラエンジニアになれる

【無料あり】インフラを学べるおすすめITスクール3つ【現役エンジニアが徹底比較】

 

最後に、いまエンジニアは本当に人手不足が深刻化しています。インフラエンジニアもまさにそうで、様々な企業から需要が高くなっているんですよね。

 

そのため、インフラエンジニアとして技術を磨いていけば、20代のみならず、30代、40代になっても仕事に困らない人生を送ることができます。

 

これからの時代、会社に依存するのではなく、自分自身が「手に職」を持ち、明確に「自分にできること」を作ることが必要不可欠です。その際、ITインフラを支える「インフラのスキル」は役立ちますよ。

 

IT業界は全体的に年齢層も若いです。だからこそ、まずは何より「早く」、ITの世界に飛び込むことが必要ですね。

 

今回紹介したITインフラが学べるスクール

  1. GEEK JOB【無料かつ圧倒的な学習/就職サポート】迷ったらココ
  2. エンジニアカレッジ【インフラ系の就職支援に定評あり】
  3. KENスクール【ネットワーク専門に学べるスクール】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です