【断言】大学生からプログラミングは学んでおくべき【やらない後悔を避けよう】

「大学生活は楽しいけど、そろそろ将来のことも考えて勉強もしないとなぁ。プログラミングに興味があるんだけど、大学生のうちからやっておいた方が良いのかな?プログラミングを学ぶメリットってなんなんだろう?」

 

今回はこういった疑問に答えていきます。

 

結論から言うと、大学生のうちからプログラミングは必ずやっておくべきです。プログラミングを学ぶと時間や場所にしばられない生活もできますし、人生を有利に自由にいきたいなら必須のスキルです。

 

本記事の内容

  • 大学生の時からプログラミングを学ぶべき5つの理由
  • 大学生がプログラミングを学ぶ方法(お得情報付き)

 

これを書いている僕は現在エンジニアとして働きながら、転職エージェントやWebメディア者としても活動中。ITを基軸にいろんな仕事をしています。

 

上記の通り、僕は今でこそプログラミングを身につけて仕事もしていますが、実は大学生活で唯一後悔していることがありまして、それは大学生の時からプログラミングを学んでこなかったことです。

 

僕がプログラミングを始めたのは20代後半になってからでしたので、大学生のうちから学んでおけば人生違ったなぁと思ってます。

 

過ぎてから思いますが、大学生活はあっという間です。僕と同じような後悔だけはして欲しくないので、今回は大学生のうちからプログラミングを学んでおくべき理由などについて、僕自身が実体験を通じて感じたことをお話しします。

 

5分ほどで読めますので、大学生の方はぜひご一読ください。

 

【後悔】会社に入ってからプログラミングを勉強したけど・・

冒頭の通り、僕は社会人になってから、しかも20代の後半からプログラミングを勉強しました。

 

ですが、正直もっと早いうちに学んでおけばよかったと後悔もしています。

 

プログラミングを学ぶなら、大学生の時から必ずやっておくべきです。断言できるくらい、大学生のうちからプログラミングを学ぶメリットは大きいです。

 

じゃあ実際、大学生からプログラミングを学ぶとどんなメリットがあるのか?大学生のうちからプログラミングを学んでおくべき理由は以下の5つです。

 

大学生からプログラミングを学ぶべき5つの理由

  1. 人生の可能性が広がる
  2. 就活に活きる
  3. 若いエンジニアほど重宝される
  4. 高時給のバイトも多い
  5. プログラミングスキルは今後も需要が伸びる

 

上記の通りです。それぞれ解説していきますね。

 

1. 人生の可能性が広がる

一番重要なことです。プログラミングを学ぶと人生の可能性は本当に広がります。なぜなら、プログラミングスキルは様々な形で活かせるからです。

 

  • プログラミングを学んで会社員エンジニアとしてキャリアアップ→できます
  • プログラミングを学んで独立し、フリーランスとして自由に働く→できます
  • プログラミングを学んで起業し、事業で成功を収める→できます
  • 時間や場所にとらわれず国内外でリモートで働く→できます
  • 20代で年収1,000万円を実現する→できます

 

プログラミングスキルを身につければ、これらのことは全部実現できます。

 

世の中の仕事やスキルって、大部分はこんなに応用が効きません。例えば営業なら会社員としてキャリアアップは目指せても、商品が作れない分独立や起業して仕事はしづらいですし、リモートワークの仕事も普及していません。

 

事務職だってそうで、独立起業するための専門スキルが身につかないですし、基本的にオフィスワークが主流ですので、こちらもリモートワークは普及していません。

 

さらに、普通の仕事はキャリアを何十年と重ねてようやく年収1,000万円に届くかどうかですので、20代で年収1,000万円はかなりハードルが高いです。それこそプライベートを捨てて鬼ほど仕事をし、その先でようやく掴めるかどうかの世界です。

 

僕が後悔しているのはまさにこの部分で、大学生のうちからプログラミングをやっておけば、もっといろんな働き方の選択肢を選べただろうな〜ということです。今でこそいろんな仕事ができていて幸せではありますが、正直もっと早くからやってたらさらによくなってたと思います。だから後悔しています。

 

2. 就活に活きる

大学生にとって、就活は一つの山場ですが、プログラミングを学ぶと就活は有利になります。

 

大学生の就活は基本的にはポテンシャル採用なので、コミュニケーション能力とか、リーダーシップの発揮経験とか、そういうものが評価されがちです。

 

でも、世の中の人はみんながみんなコミュニケーション能力が高かったり、リーダーシップがあるわけでもないです。むしろ、そうじゃない人の方が日本人には多いです。

 

そんな時、プログラミングスキルがあれば、他のライバルに差をつけることができます。最近はサービス開発ができる新卒を即戦力で取るIT企業も増えているので、周りが必死に就活している中、友人をよそ目に楽勝で就活を乗り切るのは賢い選択だと思います。就活が不安な学生こそ、プログラミングを学んで自信をつけてほしいですね。

 

3. 若いエンジニアほど評価される

当たり前ですが、世の中若くて優秀な人ほど評価もされますし、市場価値も高いです。

 

単純な話、同じスキルを持ってる20代エンジニアと40代エンジニアがいれば、需要があるのは20代のエンジニアです。

 

大学生のうちからプログラミングを学ぶことで、人生を有利に進めることができます。若手であれば失敗もどんどんできますし、プログラミングを学ぶなら早いうちに勉強をスタートすべきですね。

 

4. 高時給のバイトが多い

直近のメリットとしては、プログラミングができると高時給のバイトも多いです。

 

普通のバイトだと1,000円前後のものが多いですが、プログラミング関連だと時給2,000〜3,000円前後のものは普通にあります。

 

お金をもらいながらスキルアップできるので、かなりおすすめです。飲食店バイトはスキルもあまり身につきませんから、将来のことを考えても、目先のお金のことを考えても、プログラミングを習得してプログラミング関連のバイトをすることは賢い選択です。

 

5. プログラミングスキルは今後も需要があるスキルだから

時間の取れる大学生だからこそ、この先何十年と需要が続くであろうスキルを勉強しておくべきです。その点、プログラミングスキルは今後も高い需要が続くことが予想されているのでおすすめです。

 

根拠は以下のデータです。

 

 

これをみると、

 

  • 2015年時点でのIT人材不足:約17万人
  • 2030年時点でのIT人材不足:約59万人

 

このように、2030年に向けてIT人材はどんどん不足していくことが予想されています。

 

当然のことながら、人材が不足すればその分スキルがある人の希少価値は高まります。これからはAIの時代と言われており、下手にスキルがつかない仕事についてしまうと、将来仕事を奪われることも十分可能性としてあります。

 

だからこそ、今後も必要とされる仕事に就くべきですし、そういう仕事に就くためのスキルを身につけるべきです。IT人材はITやAIを動かす側の立場にいけます。

 

Google、Facebook、Airbnb。世界の名だたるトップ企業はIT・Web企業です。この事実からも、今後何か一つを専門として学んでいくなら、僕は迷わずITやプログラミングスキルを推しますし、実際報われるのはIT人材になるでしょう。その答えは、世界を見ればわかることです。

 

結論:大学生のうちからプログラミングは学んでおこう

ということで、大学生のうちからプログラミングは学んでおきましょう。社会人になってからだと大変です。いまはプログラミングスクールも普及しているので、僕のように社会人になってから始める人も増えていますが、仕事しながら学習はやっぱり時間も限られるので大変です。

 

ですから、プログラミングを学ぶなら、時間のある大学生のうちから手をつけておくべきです。少なくとも、一度もプログラミングに触れたことがない状態のまま社会人になるのは避けるべきですね。もはやプログラミングは教養の一つです。小学生のプログラミング必修化なども進んでいるので、取り残されないようにしないとですね。

 

大学生からプログラミングを学ぶには?

  1. 言語を決める
  2. 実際に勉強する

 

基本的にはこの2つの手順です。

 

どの言語は学べばいいかわからなければ、「Web系言語」が良いと思います。理由は以下の記事でも書いていますが、「稼ぎやすいから」です。

>>プログラミングで本当に稼げる言語について【稼ぎたいならここから選ぼう】

 

個人的にはRubyかPHPがWeb系言語としてはおすすめで、SE(システムエンジニア)になりたいならJavaがおすすめです。この3つのうちから好きな言語を選べばOKです。

 

手順については独学、もしくはプログラミングスクールの2つがあります。大学生なら時間もありますし独学でやってみてもOKです。ただし、時間はかかります。

 

プログラミングスクールは費用こそかかりますが、時間を買えるのでおすすめですね。プロから教わることで変な癖もつきにくいですから、将来しっかりしたスキルを身につけて可能性を広げたい方は、プログラミングスクールを使うと良いです。

 

また、最近は無料スクールで質の高いところも増えています。大学生が無料で使えるスクールは現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール4社【無料あり】の記事でまとめているので参考にしてみてください。

 

悩むならまずは相談を(お金もらえます!)

言語選びや今後のキャリアについて悩むことが少しでもあるなら、まずは現役エンジニアに相談することをおすすめします。

 

現役エンジニアに相談することで、失敗せずに今後の将来の道を模索できます。適当に考えて適当に就職すると、あとあと「こんなはずじゃなかった…」と後悔する人はかなり多いので、そういった失敗は避けたいですね。

 

おすすめは侍エンジニアの無料体験ですね。侍エンジニアの無料体験はオンラインを通じて、今後のキャリアについてプロのエンジニアが相談に乗ってくれます。あなたの希望の生き方、働き方を伝えることで、それに合った言語や学習方法を教えてくれるので、大学生にとっては貴重な時間に間違いなくなると思います。

 

しかも侍エンジニアの場合、無料体験を受けるだけでAmazonカード1,000円分がもらえるので、むしろ受けた方がお得です(秘)1時間分のバイト代が稼げちゃいます。

 

お金をもらえる上に相談に乗ってもらえるので、ぜひやってみてくださいね!以下リンクから相談可能です。

>>侍エンジニア無料体験を受けてみる

 

まとめ

まとめます。

 

  • 大学生のうちからプログラミングは学んでおくべき。なぜならメリットがあまりに大きいから
  • おすすめ言語はRuby、PHP、Java
  • 大学生なら独学でも良いが、いまは無料で使えるスクールもあるので合理的に考えればスクールを使うべき
  • エンジニアへの無料相談は必ずすること(侍エンジニアがおすすめ

 

上記の通りです。

 

大学生活は本当にあっという間です。先のことを考えずに遊んで適当に就職すると、人生先細ります。

 

一生会社員としてほどほどに生きれれば良いならそれで良いと思いますが、お金や時間の自由を社会人なっても得たいなら、時間のある大学生のうちから行動することを強くおすすめします。

 

起こすべき行動は、今回ご紹介した通りです。方向性を考えるためにも、まずは今すぐに行動を起こしましょう。

>>侍エンジニア無料体験を受けてみる

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です