プログラミングの習得期間はどれくらい?現役エンジニアが解説【学習手順付き】

プログラミングの習得期間はどれくらい?現役エンジニアが解説

「プログラミングを勉強しようと思っているけど、プログラミング言語を習得するまでにどれくらい学習時間がかかるんだろう?プログラミングの習得期間について知りたい。

 

今回はこういった疑問に答えていきます。結論としては、プログラミング習得にはだいたい「800時間」が必要と言われています。ただし、どの程度のレベルまで到達したいかでこの習得期間は減ったりしますので、今回はその詳細について紹介していきます。

 

これを書いている僕は現在エンジニアとして、個人で知人の仕事を請けたりしています。元々はプログラミング未経験でして、プログラミングスクールを使ってスキル習得し、現在に至るという感じです。これまでの自分自身の経験や、周囲でプログラミングを勉強している人の事例も多く知っているので、だいたいどれくらいでプログラミング習得できるか、レベル感は理解しています。

 

今回の記事を読めば、プログラミング初心者が疑問を抱きがちな「プログラミングの習得期間」についてわかるようになります。5分ほどで読めますので続きをどうぞ。

 

まずはどのレベルでプログラミングを習得したいか決めること

そもそもですが、プログラミング習得ということ自体が、「どの程度のレベルであれば習得」と言えるのかが曖昧です。ですのでまずはじめにやるべきことは、どのレベルまでプログラミングを習得したいか決めることです。

 

一番わかりやすいのは「目的」を決めることです。プログラミングを習得してどうなりたいか、それをイメージして決めることです。目的ですが、例えば以下のようなものがありますね。

 

  • 自分でWebサービスを作りたい
  • フリーランスエンジニアとして独立して食べていけるようになりたい
  • まずはエンジニアにキャリアチェンジしたい

 

こういったものです。上記はいずれも必要なスキルに差があります。例えば、サービス開発ができるレベルと、エンジニアとして就職できるレベルは違うわけです。ですからまずは、プログラミングを習得してどうなりたいのか、それを決めましょう。それによって必要な期間も変わります

 

まずは、一人でサービス開発ができたりするレベルを「プログラミングを習得した」こととし、プログラミングの習得期間について解説していきます。

 

プログラミング習得期間(学習時間)の目安は「800時間」

  • プログラミング習得はだいたい「800時間」が目安

 

冒頭の通り、これが結論です。なぜなら、僕自身もプログラミングでアプリケーション開発ができるまでにだいたい800時間くらいでしたし、ほかのエンジニアを見てもそうだからです。

 

とはいえ、800時間といってもイメージがつきにくいと思いますので、実際どれくらい期間がかかるか出してみました。

 

プログラミング習得期間の目安(800時間の場合)

  • 1日1時間の勉強 = 800日(約2年2ヶ月)
  • 1日3時間の勉強 = 266日(約9ヶ月)
  • 1日6時間の勉強 = 133日(約4ヶ月)
  • 1日8時間の勉強 = 100日(約3ヶ月)

 

このような期間となります。短期集中でやれば約3ヶ月、毎日コツコツだと2年近くかかります。

 

いま仕事がない学生やフリーターの方であれば、短期集中で3ヶ月でも習得できるかと思います。ただ一方で、社会人として働きながらだと、かなり長めに期間を取らないと厳しそうです。

 

エンジニアとして就職するなら「200時間」の勉強時間でもできる

一方、「エンジニアとして就職/転職するレベル」くらいなら、200時間でも転職できます。現時点の市況感では、サービス開発を自分でするより、エンジニア転職する方が難易度が低いんですよね。

 

例えば、最近のプログラミングスクールの学習コースはだいたい1ヶ月から3ヶ月のコースがほとんどですが、多くのスクールがだいたい200時間を必要学習時間として設定しています。

 

例えば僕が受けたスクールはTechAcademy [テックアカデミー]というスクールでしたが、ここもだいたい200時間でした。200時間勉強し、その後の就職サポートに移る人が多かったです。

 

このように、多くのプログラミングスクールは就職レベルの一つの目安として、200時間を設定しています。200時間やれば就職くらいはできるレベルになるとわかっているからこそ、そういうスクールが多いんですね。じゃあ実際200時間だと、どのくらいの期間がかかるかというと、

 

プログラミング習得期間の目安(200時間の場合)

  • 1日1時間の勉強 = 200日(約6ヶ月)
  • 1日3時間の勉強 = 266日(約2ヶ月)
  • 1日6時間の勉強 = 133日(約1ヶ月)
  • 1日8時間の勉強 = 100日(約1ヶ月未満)

 

このように、長くても半年、短ければ1ヶ月でもエンジニア就職することができます。期間は先ほどより大幅に短くなりましたね。これなら、社会人として仕事を続けながらでもできるかと思います。これはエンジニアへのキャリアチェンジを検討している人にとっては朗報かなと思います。

 

なお、簡単なサービス開発くらいなら、200時間でもできるようになる人はそこそこいます。吸収力次第で200時間でもかなりスキルアップはできますので、200時間というのは一つの大きな目安になるかなと思います。

 

エンジニアになって実務を積むことがスキル習得への最短の道

プログラミングを早く習得したいなら、エンジニアとして実務経験を積むことが一番の近道です。なぜなら、エンジニアとして活躍するためのスキルは、エンジニアになる前に身に付くものではなく、エンジニアになってから身につくものだからです。

 

結局、プログラミングって、何時間も机上で勉強するより、一刻も早く現場に入り、実践で揉まれた方が早く身につくんですよね。僕もプログラミングを最初はスクールを使って勉強しましたが、本当にスキルが身についたのはエンジニアとして仕事をし出してからでした。

 

だから僕がお伝えしたいことは一つでして、プログラミングの基本はサクッと数ヵ月以内で学び、早くエンジニアとして実務経験を積みにいこうということです。僕自身の経験や、周囲の人を見ていても、圧倒的スピードで成長していく人は、例外なく現場に早く飛び込んでいます。

 

スポーツも同じでして、基礎練は確かに大事ですが、基礎練だけしていても試合で勝てるようにはなりません。実戦で必要なことは実戦で学べますから、まずは実戦できる場所に飛び込みましょう。結局実践を積むことが、一番成長するからです。

 

これらを踏まえて、最短でプログラミングを習得するなら、次の方法がベストです。

 

プログラミングスキルを最短で習得する方法

  1. 就職支援付きのプログラミングスクールを使う
  2. 1ヶ月〜3ヶ月でプログラミング習得・エンジニア転職をする
  3. エンジニアとして実務経験を1〜2年ほど積む

 

これが最短でプログラミングスキルを習得する方法です。

 

まず、就職支援付きのプログラミングスクールを使います。就職支援付きスクールとは、プログラミング学習とエンジニア転職サポートがセットになったスクールです。こういったスクールを使うと、完全未経験の初心者でも、プログラミングの勉強ができ、かつエンジニア転職のサポートを受けることができます。

 

スクールはだいたい1ヶ月〜3ヶ月ほどの受講期間でして、だいたいの人がこの期間でプログラミングを習得し、エンジニア転職を実現します。エンジニアになればあとは実務経験を積んでいきます。1年ほど実務を積めばかなりスキルは身につきますし、2年ほど実務を積めばフリーランスエンジニアとして独立することも現実的です。

 

この3つのステップを踏めば、最短でプログラミングを習得し、フリーランスとして活躍することも現実的かなと。フリーランスエンジニアになれば20代で年収1,000万円もザラにいますし、相当コスパは良いですよ。普通の会社員が年収1,000万円を実現するなら、20年、30年働いても届かないことが多いですから。その点エンジニアなら、それをたった数年でも実現できます。

 

誇張ではなく、本当に実現している人は多いです。僕の友人フリーランスもだいたいそれくらい稼いでいますし、ほかのどの職種と比べても、習得に費やす時間と、得られる成果のコスパは桁外れに良いと思います。

 

プログラミング独学はおすすめじゃない

なお、プログラミングの独学はあまりおすすめしていません。理由はシンプルで、挫折しやすい上に、時間も労力もかかるからです。

 

詳しいことはプログラミングを独学して就職ってできるもの?【現役転職エージェントが解説】で書いていますので参考にどうぞ。

 

まとめ

というわけで、プログラミングを習得したいなら、数ヶ月でサクッとプログラミング学習し、エンジニアの世界に飛び込みましょう。エンジニアとして実務を経験する中で、スキルはいくらでも身についていきます。

 

今回話で挙げた就職支援付きプログラミングスクールについては、現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール4社【無料あり】の記事でまとめています。プログラミングスクールには良いスクールもあれば良くないスクールもありますから、実際に受けた人で、かつエンジニアの人の意見は参考になると思います。

 

また、中にはエンジニア転職はまだ考えていないけど、プログラミングを学んでみたいという方もいるはず。その場合は就職支援なしのプログラミングスクールをまずは1ヶ月受けてみると良いですよ。

 

僕が受けたTechAcademyは1ヶ月の学習コースがありまして、オンラインで受講できます。1ヶ月でもオリジナルサービス開発まで体験できるので、受けてみると良いですよ。

 

TechAcademyはオンラインで受けられる1週間の無料体験もあるので、まずはそこからトライするのもOKです。公式サイトには「無料体験説明会動画」もあるので、そちらも併せてチェックすると、よりイメージが湧くと思います。

>>TechAcademy1週間無料体験

 

今回は以上です。

 

人気記事>>現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール4社【無料あり】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です