主婦がプログラミングスクール経由で仕事を受注するまでの3ステップ【わかりやすく解説】

主婦がプログラミングスクール経由で仕事を受注するまでの3ステップ【わかりやすく解説】

フリーランスエンジニアのYutoです。さて、最近は「主婦」でプログラミングやWebデザインを学ぶ女性が増えていますね。

 

プログラミングやWebデザインというのは、一度スキル身につけてしまえば手に職でずっと使えるものです。しかも「在宅」で仕事をすることができ、加えて収入に関しても、パートやアルバイトと比較すると断然良いです。

 

そういった魅力を考えると、多くの主婦の方がプログラミングに関心を持ち、実際に学び始めていることは、ある意味自然な流れだと思います。

 

とはいえ、

 

「プログラミングって難しそうだし、わたしなんかにできるのかが不安…。」

「経験もないのに、在宅で仕事をするなんて無理なんじゃないかな…?」

 

プログラミングをやったことがない方であれば、このような不安も感じてしまいますよね。

 

結論、プログラミングは実は難しくなく、未経験の主婦の方であっても、数ヶ月あれば十分身につけられます。家事や育児の合間にプログラミングを習得し、ひいては在宅で仕事をすることもできるんですよね。なので、まずはこの点はご安心ください。

 

そこで本記事では、

 

記事の内容

  • 主婦がプログラミングを学ぶ3つのメリット
  • 主婦が未経験からでも請けやすい具体的な仕事2つ
  • 主婦がプログラミングを最短で習得し、在宅で仕事を請けるまでのステップ

 

これらについて、わかりやすく解説します。

 

なお、「どうやって学んでいけば、未経験の主婦でも在宅で仕事ができるようになるか」、そのステップも先に言ってしまうと、以下の3ステップでOKです。

 

主婦が在宅でプログラミングで仕事をするまでのステップ

  1. Progateで1週間短期集中で基礎を学ぶ
  2. 在宅で学べるプログラミングスクール「TechAcademy」で4週間〜8週間かけてプログラミングを学ぶ
  3. クラウドワークスなどクラウドソーシングサイトで気になる仕事に応募し、仕事開始

 

この方法であれば、主婦の方でも最短3ヶ月後には、在宅で働くことができます。

 

本記事ではより詳しい詳細に関してご紹介しますね。

 

記事通りに行動をしていけば、あなたも3ヶ月〜半年後には、在宅で仕事をする働き方を実現できますよ。

 

主婦の方がプログラミングを学ぶ3つのメリット

主婦の方がプログラミングを学ぶ3つのメリット

 

まずは、なぜ主婦はプログラミングを学ぶと良いか、「主婦がプログラミングを学ぶメリット」についてご紹介します。

 

結論、メリットは大きく「3つ」あります。

 

  1. 在宅で仕事ができるため、家事や子育てがある方でもできる
  2. パートやアルバイトと比べて収入が高くなる
  3. 専門的なスキルが身につくため、後に社員として再就職もしやすい

 

この3つです。1つずつ説明していきますね!

 

1. 在宅で仕事ができるため、家事や子育てがある方でもできる

まずは「場所」の面。家事や育児、家のことで忙しく過ごしている主婦の方だからこそ、「在宅でできる仕事」は魅力ですよね。

 

この「家でも仕事ができる」という点が、主婦の方がプログラミングを学ぶ一つ目のメリットです。

 

プログラミングができれば、例えば朝旦那さんを仕事へ見送ったあと、午前中は自宅で家事や育児をしながら、合間の時間で仕事をする。そんな生活もできます。

 

職場に通勤をしなくて良いというのが、すごく大きなメリットですよね。

 

女性の場合、外出する際はお化粧も気にする必要がありますが、自宅でPCを使って仕事ができれば、その必要もありません。

 

プログラミングの学習も在宅で全てできる!

また、「プログラミング学習」に関しても、いまは在宅で、隙間時間を使って全て学ぶことができます。これも嬉しいポイントですよね。

 

参考までに、主婦が家事にかける1日の平均時間は、食品メーカー3社が行った忙しい主婦の家事事情の調査によると「1日あたり約3時間」です。

 

子供がいらっしゃる方は「育児」の時間が追加となりますが、育児は言ってみれば24時間365日です。そのためここでは、育児で勉強や作業が全くできない時間を「3時間」と仮定すると、家事+育児で合計「6時間」となります。

 

一方、プログラミングを習得するために必要な時間は「プログラミングの習得期間はどれくらい?現役エンジニアが解説」の記事でも書きましたが、プログラマー就職できるレベルでだいたい「200時間」となります。

 

この200時間を1日あたりの学習時間に引き直すと、

 

プログラミング習得期間の目安(200時間の場合)

  • 1日1時間の勉強 = 200日(約6ヶ月)
  • 1日3時間の勉強 = 266日(約2ヶ月)
  • 1日6時間の勉強 = 133日(約1ヶ月)
  • 1日8時間の勉強 = 100日(約1ヶ月未満)

 

上記のようになります。

 

そのため、あなたが仮に「2ヶ月」でプログラミングを習得したい場合、家事と育児の6時間以外に、1日あたり在宅で3時間勉強すれば、十分スキル習得ができます。家事、育児、勉強。全部合わせても合計9時間ですね。

 

どうでしょうか、意外とできる気がしてきませんか?人のよって育児の大変さは変わるものの、上記のようにうまく時間を活用してスキルアップしていく主婦の方は増えています。

 

もちろん学習だけでなく、仕事についても1日3時間程度でできる案件がたくさんありますから、こちらも問題なしです。

 

2. パートやアルバイトと比べて収入が高くなる

次は「収入面」。在宅でできるプログラミング案件は、一般的なパートやアルバイトより収入が高いことが一般的です。

 

パート収入の平均値

厚生労働省の「毎月勤労統計調査 平成30年分結果確報」によると、パート収入の全国平均額は99,827円となります。

 

ちなみにこちらは週3〜4勤務、1日あたり3〜4時間勤務が平均となっています。率直にいうと、あまり稼げないですよね。

 

プログラミングができるようになれば、月20万円以上も在宅で目指せる

一方プログラミングの場合、月10万円はもちろん、月20万円以上を在宅で稼ぐことも可能です。

 

月20万円といったら、普通の会社員の初任給くらいです。在宅でそれだけ収入が入るとしたら、十分な金額ではないでしょうか。

 

このように、普通のパートでは稼ぐことが大変な金額を、在宅で稼げるのが、主婦がプログラミングを学ぶメリットですね。

 

3. 専門的なスキルが身につくため、後に社員として再就職もしやすい

最後はスキル面。プログラミングを学べば、パートやアルバイトでは身につかないような専門スキルが身につきます。これもプログラミングを学ぶメリットです。

 

例えば、いま家事や育児で忙しくしていても、将来的に社会復帰を考えている女性は多いです。それでも現実問題、ブランクがあると再就職が大変だったり、就職できてもフルタイムだったりと、何かと大変なことも多いです。

 

その点プログラミングを学べば、エンジニアやプログラマーは人手不足が深刻化しているため、正社員でも在宅案件があったり、時間の融通が利く職場も多いです。そういう意味でもオススメですね。

 

もちろん、正社員にならずとも、前述通り在宅案件をフリーでうけて、月20万円前後の収入を得続けることも良いです。

 

このように、「働き方の柔軟性」が上がる点が、プログラミングを学ぶと得られることです。

 

未経験の主婦・ママさんにオススメな仕事2つ

未経験の主婦・ママさんにオススメな仕事2つ

 

では、実際にプログラミング未経験の主婦・ママさんにオススメな仕事を紹介します。

 

結論、2つあります。

 

  • おすすめ案件①:Web制作案件
  • おすすめ案件②:Webデザイン案件

 

この2つです。

 

おすすめ案件①:Web制作案件

Web制作案件とは、Webサイトを作るお仕事です。

 

例えばあなたがいま見ているこのサイトも、Webサイトの一つです。

 

Webサイト制作の需要は高い

Webサイトは普及しているとはいえ、それでもまだまだ多くの企業や個人はWebサイトを持っていません。そのため、Webサイト制作のニーズは底堅いです。

 

Web制作案件は難易度もそこまで高くないため、初心者向きです。主婦の方でも、しっかり学んでいけば仕事に繋げることが十分可能な分野ですね。

 

Web制作案件の事例

百聞は一見にしかず、実際の案件を見てみましょう。

 

主婦 プログラミング

 

上記はクラウドソーシングサイト「クラウドワークス」で実際に募集されている、脱毛サロンのコーポレートサイト制作案件です。報酬金額は「5万円〜10万円」となります。

 

こういった案件を月数件こなせば、それだけで月15〜30万円の収入となります。

 

おすすめ案件②:Webデザイン案件

もう一つ目オススメなのはWebデザイン案件です。

 

こちらはWebサイトのデザインや、バナー作成、画像作成などをするお仕事です。

 

Webデザインは女性に人気のお仕事

Webデザインは女性にも特に人気の仕事です。世の中には多くの女性Webデザイナーが存在しますし、僕自身も多くの女性Webデザイナーの知り合いがいます。

 

女性ならではの感性を活かし、活躍している方は多くいるため、この分野も主婦の方にはオススメですね。

 

Webデザイン案件の事例

こちらも実際の案件を見てみましょう。

 

Webデザイン 主婦

 

上記はグランピング会社のWebデザイン案件です。こちらも報酬は「月5〜10万円」であり、月に数件こなすだけでも、月15〜30万円」の収入となります。在宅で収入を得るとしたら、十分すぎる水準ですよね。

 

このような仕事は、月に数件掛け持ちすることも十分可能です。ですから、パートと比較しても、高収入を得ることが可能です。

 

主婦にオススメなプログラミング言語

主婦にオススメなプログラミング言語

 

では上記のような仕事をするために、主婦の方はどのようなプログラミング言語を学べば良いか、結論、以下の言語がオススメです。

 

HTML/CSS

JavaScript

WordPress

PHP

 

これらの言語を学べば、Web制作やWebデザインはOKです。

 

身につけるための方法は後述しますね。

 

主婦がプログラミングを身につけるための3ステップ

主婦がプログラミングを身につけるための3ステップ

 

主婦の方がプログラミングを身につけるための手順は、3つのステップでOKです。

 

  1. Progateで1週間短期集中で基礎を学ぶ
  2. 在宅で学べるプログラミングスクール「TechAcademy」で4週間〜8週間かけてプログラミングを学ぶ
  3. クラウドワークスなどクラウドソーシングサイトで気になる仕事に応募し、仕事開始

 

この3ステップです。順を追って解説しますね!

 

ステップ①:Progateで基本を学ぶ

まずは、HTMLやCSSなどの基本を学びましょう。

 

学習方法は様々ありますが、1番手軽な方法はProgateのサイトを使った学習方法です。

 

Progateは無料だと学べる範囲は限られるものの、初心者が基本をサクッと学ぶには、無料コンテンツでも十分です。

 

なので、まずはProgateを使って1週間ほど勉強しつつ、並行してステップ2に移りましょう。

 

ステップ②:在宅受講可能なプログラミングスクールで学習する

並行して、本格的なプログラミング学習に進みましょう。プログラミングを本格的に学ぶためには、プログラミングスクールを使うことが必要です。

 

最近はオンラインで場所を選ばず勉強できるプログラミングスクールが増えています。そういったオンラインスクールを利用すれば、育児や家事で忙しい主婦の方でも、自宅から隙間時間を使ってプログラミングを学ぶことができます。

 

僕も社会人途中から、オンライン型プログラミングスクールで学習を始めましたが、結論、仕事につながるスキルが身につきました。

 

プログラミングは独学でも学べないことはないですが、、結構大変です。

 

プログラミングを学んで仕事に繋げていきたいなら、プロから正しく学べるプログラミングスクールを利用することが無難で良いですね。

 

ステップ③:クラウドソーシングサイトで仕事に応募してみる→仕事スタート!

プログラミングスクールを受講したら、早速クラウドソーシングサイトから仕事に応募してみましょう。初めての場合は前述したクラウドワークスでOKです。

 

「え?この段階で仕事できるの??」と思うかもしれませんが、問題なしです。仕事は受注できます。

 

実際に仕事をこなしていくからこそ経験も積めるため、勇気を出して一歩を踏み出しましょう。

 

なお、在宅案件の獲得方法については、未経験から在宅フリーランスエンジニアになる方法を徹底解説の記事で詳しく解説をしていますので、こちらも参考にしてみてください。

 

忙しい主婦や女性にオススメのプログラミングスクール2つ

忙しい主婦や女性にオススメのプログラミングスクール2つ

 

プログラミングスクールを選ぼうとすると必ずぶつかるのは、「たくさんありすぎて、どのスクールを選べばいいかわからない…」という悩みです。

 

僕も最初はとても悩みましたので、いろんな口コミを見たり、プログラミングスクールが開催している無料体験や無料カウンセリングにも多く足を運んだり、試してきました。

 

その実体験から、初心者の方、特に忙しい主婦の方にもぴったりなプログラミングスクールがわかったので、2つだけ厳選してオススメを挙げておきますね。

 

主婦の方におすすめなプログラミングスクール

  1. TechAcademy【在宅でコスパよく学べる人気プログラミングスクール】
  2. TECH::EXPERT【教室+オンラインで学習可能】

 

結論、上記の2つが、主婦など女性の方にオススメです。

 

TechAcademyの詳細

TechAcademyは、オンライン完結で学べるプログラミングスクールです。僕自身受講したスクールですが、他のスクールより費用が安い上に、講師が現役エンジニアで優秀、カリキュラムも申し分ないレベルのため、大満足でした。

 

オンライン受講であればまずはTechAcademyを検討すればOKです。Web制作をやりたい場合は、WordPressコース、WebデザインをやりたいならWebデザインコースがオススメです。

 

TECH::EXPERTの詳細

一方TECH::EXPERTは、「教室+オンライン」のハイブリッド型です。なので「在宅でも勉強したいけど、時々教室に通って対面でも学びたいな」という方は、こちらがオススメです。

 

TECH::EXPERTの場合、主婦であれば副業フリーランスコースWebデザインコースがオススメです。

 

ただ副業フリーランスコースはHTMLやCSS、JavaScriptが学べるものの、言語はPHPではなく「Ruby」が中心です。そのため、Web制作を中心に学びたいなら、TechAcademyのWordPressコースの方が良いですね。

 

この辺りのこだわりがなければ、副業フリーランスコースは「Webプログラミングの総合的スキル」がつくためおすすめです。

 

なおTECH::EXPERTはオンラインまたは対面で無料カウンセリングをやっているため、まず相談してみると、自分に本当に合っているかがわかりますよ。超人気スクールにつき、予約枠が常に埋まりがちのため、気になるなら今のうちに予約はすませておくとベターです。以下公式サイトから60秒で無料予約できます。

>>TECH::EXPERT無料カウンセリングを予約する

 

まとめ:忙しい主婦の方でも、プログラミングスクールを活用すれば在宅で働ける

まとめ:忙しい主婦の方でも、プログラミングスクールを活用すれば在宅で働ける

 

最後に、忙しい主婦の方であっても、プログラミングを身につけ、在宅中心で収入を得ることは可能です。

 

今回ご紹介したように、最近はプログラミングを手軽に学べるスクールも出てきました。こういったスクールを使えば、今から3ヶ月後には、プログラミングを習得し、簡単なお仕事を始めることも可能です。

 

プログラミングやWebデザインを学べば、前述通り、在宅で月5万円程度は誰でも稼げますし、月10万円、月20万円といった収入も目指せます。

 

プログラミングは最初こそイメージ的にとっつきにくいものの、慣れてくれば本当に難しくありません。

 

だからこそ、まずは一歩を踏み出してみてください。その一歩が、未来を変える大きなきっかけになりますよ。応援しています!

 

人気記事現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール5社【徹底比較】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です