【元営業が語る】営業からエンジニア・プログラマーに転職するための全て

営業からエンジニア・プログラマーに最短で転職するSTEP【経験者が解説】

  • 営業からエンジニアやプログラマーに転職したいんだけど、スキルもないし、きっと難しいんだろうな。実際に転職した人の事例や、具体的な方法があれば知りたい

 

このような疑問に答えていきます。

 

結論から言うと、営業からエンジニア・プログラマーに転職することは可能です。

 

ただし、適当にやってうまくいくものではないですし、転職をするに当たって整理しておくべき、転職のメリットやデメリットもあります。

 

僕の経歴と、本記事で提供できる価値(情報)

フリーランスエンジニアとして働きながら、IT向けの転職エージェントの仕事、Webメディア運営など、複数の仕事を並行してやっています。

 

実は僕自身、もともと人材・転職系の「営業」をやっていました。なので、営業の方が何に悩み、エンジニアやプログラマーになることでその悩みがどう解決するか、身をもって体験している立場です。

 

また、IT転職事情についても、上記のような経歴なので詳しい立場です。

 

ですので今回は、僕自身の営業実例も交えながら、営業からエンジニア・プログラマーに転職する全てについて、リアルな実態を解説していきます。

 

僕が営業をやっていた時の話

僕が営業をやっていた時の話

 

冒頭の通り、僕はもともと営業の仕事をやっていました。

 

業界では最も大手で、名も知れている会社でした。ですので、当時の会社には優秀な同僚や上司が多く、おかげで営業力はかなりつきました。

 

ですが、正直営業をやっていたときは、かなりしんどかったのが本音ですね。

 

営業の時に抱えていた悩み

おそらく共感していただけると思いますが、僕が営業をやっていたときに抱えていた悩みは以下の通りです。

 

  • 常に業績を追い続けなければいけないプレッシャー
  • 平日夜や休日の付き合いが多くてきつい
  • 専門的なスキルが身につかない
  • コミュニケーションが苦手で辛い

 

営業をやっている方なら、当てはまる項目があるのではないでしょうか?

 

僕はこれまでいろんな営業の人を見てきましたが、結構多いと思ったのは「コミュ力ないのに営業やっている人」でした。

 

おそらく文系大学卒で、一番就職しやすい営業職にとりあえず就職してしまったパターンかと思います。

 

本来、営業という仕事が全く好きなじゃないし、自分に合っていないと思う人こそ、早く営業からキャリアチェンジしないといけないと思います。

 

プログラミングを勉強した

そんなバックグラウンドがある僕ですが、プログラミングを勉強してエンジニアになりました。

 

僕の場合少し特殊で、プログラミングを勉強してからは、つてのあった友人の会社の案件を請けてスキルアップ・経験を積んでいきました。なので、いきなりフリーランスとして活動したんですよね。

 

通常は、プログラミングを学んだらエンジニア・プログラマーとして転職することが一般的です。

 

僕の場合、別でWebメディア運営を事業でやっていたりと、生活できる収入が他にあったので冒険できましたが、普通はまず転職することが良いことは覚えておいてください。

 

営業からエンジニア・プログラマー転職する人は増えている

営業からエンジニア・プログラマー転職する人は増えている

 

前述の通り、僕は営業からエンジニア・プログラマーになりましたが、最近は、営業からエンジニア・プログラマー転職する人は急増しています。

 

調べればたくさん事例はあるのですが、営業からプログラマー・エンジニア転職を身近に感じていただけるよう、一つ事例をお出ししたいと思います。

 

【事例】営業からWebエンジニアに転職成功!

営業が抱えがちな悩み

引用:TechAcademy

 

こちらはプログラミングスクールTechAcademy経由で、営業からグルメ系Webベンチャー企業のエンジニアに転職された方です。

 

今回設定した目標は「完全未経験から3ヶ月で自社開発系へ転職」でした。ただ、漫然と自社開発系の会社を目指すのではなく、 IT業界に興味を持ったきっかけが素晴らしいサービスに触れたことでしたので「自分が好きなサービスの開発に携われる環境」を一番大切な思いとして持っていました。

そこから、自分が興味があった「グルメ系」「マッチング」「訪日外国人向けサービス」の分野にマトを絞りながら、開発メンバーと試行錯誤しながらユーザーにとって価値あるサービスを開発できる企業を求めて、転職活動を開始しました。

 

完全未経験から自社開発案件に転職できた、まさに成功事例ですね。

 

このように、営業からIT業界に転職する方は最近本当に増えています。

 

なので、営業からエンジニアやプログラマーに転職を考えている人は、何もあなただけではありません。物凄く膨大な数の成功事例があるので、勇気をもって行動することが良いですね。

 

なお、このような転職エピソードは、詳しくはTechAcademy公式サイトから観れます。どんな方が、営業から転職に成功しているか、一度眺めてみると良いですよ。全て実例なので、参考になると思います。

 

営業からエンジニア・プログラマー転職するメリット・デメリット

営業からエンジニア・プログラマー転職するメリット・デメリット

 

僕自身の経験も踏まえ、営業からエンジニア・プログラマーに転職するメリットとデメリットは、まとめると以下の通りです。

 

メリット

  • 業績ノルマやプレッシャーから開放される
  • 専門的なスキルが身につく
  • 平日夜や休日の付き合いから開放される
  • コミュニケーションが苦手な人はストレスが減る
  • 将来性がある仕事に就ける

 

まとめると、こんな感じです。

 

転職すれば営業と苦痛の悩みは解決できる

つまり、営業からエンジニア・プログラマー転職すれば、営業特有の悩みはほぼ解決できるということですね。

 

なので、上記の悩みを解決したい人は、エンジニア・プログラマー転職は有効な解決策と言えます。

 

IT業界は将来性も高く、営業から選ばれている

また末尾にも書いていますが、エンジニアやプログラマーが働く「IT業界」は将来性があります

 

なので、転職先としては人気ですし、実際に多くの営業の方から選ばれています。

 

なので、将来性の面でも、IT転職は良い選択だなと感じます。

 

もしIT業界の将来性についてあまり詳しくないなら、“IT業界における今後の将来性”の真実について【時流を読み取ろう】も参考にすると良いです。

 

“IT業界における今後の将来性”の真実について【時流を読み取ろう】

 

デメリット

  • 一時的に年収が下がる可能性がある

 

デメリットはこれですね。営業からエンジニア・プログラマーだと「異職種への転職」となるため、一時的に年収が下がる可能性があります。

 

基本的に、「同職種・異業種」はやり方次第で年収アップも狙えますが、職種を変えてしまうと、年収は下がるケースが多いです。

 

なので、営業からエンジニア・プログラマーになる場合、これはもう受け入れるしかないです。

 

年収が上がるケースもある

ただし、もともと年収が高くない人(年収300万円台など)にとっては、エンジニア・プログラマーになることで逆に年収が上がることもあります。

 

なぜなら、IT業界自体が「年収が高い業界」だからです。

 

詳しいIT業界の年収については、「IT業界は給料が安い」は”幻想”です【お金の集まる環境に身をおくべき】でまとめています。

 

基本的に高水準なので心配は不要ですが、不安な方は以下の記事も参考にどうぞ。

 

「IT業界は給料が安い」は”幻想”です【お金の集まる環境に身をおくべき】

 

独立すれば年収1,000万円も狙える

また、エンジニア・プログラマーとして1〜2年ほど実務経験を積んでフリーランスになれば、月収60万円(年収720万円)レベルは固いですし、年収1,000万円を実現している方も多いです。

 

なので、たとえ一時的に年収が下がったとしても、長期的な年収で考えるべきですね。エンジニア・プログラマーとしてスキルアップしていけば、間違いなく収入は上げていけますから。

 

より詳しくフリーランスエンジニアのリアルな収入水準を知りたい方は、現役フリーランスエンジニアが単価の相場や平均年収を紹介【単価UPのコツも解説】も参考にどうぞ。

 

現役フリーランスエンジニアが単価の相場や平均年収を紹介【単価UPのコツも解説】

 

営業からエンジニア・プログラマー転職は人生変わるのでおすすめ

営業からエンジニア・プログラマー転職はおすすめ

 

ということで、営業からエンジニア・プログラマー転職はかなりおすすめです。

 

転職して得られるメリットが多く、デメリットである収入も、長期で見れば上がる可能性が高いです。

 

悩みも解決しますし、人生自体が大きく変わります。なので、まずはチャレンジしましょう。

 

とはいえ、どうやって行動をしていけばいいかわからないかと思います。

 

ですので、営業からエンジニア・プログラマーに転職する方法をご紹介していきます。

 

営業からエンジニア・プログラマー転職する2つの方法

営業からエンジニア・プログラマー転職する2つの方法

 

方法は大きく2つあります。

 

  • 方法①:転職サイト・転職エージェント経由で転職する
  • 方法②:転職支援付きプログラミングスクール経由で転職する

 

上記の通りです。それぞれ解説していきますね。

 

方法①:転職サイト・転職エージェント経由で転職する

まずは転職サイト・転職エージェント経由で転職する方法です。多くの営業の方が、この方法を使っています。

 

転職活動をしたことがないと知らないと思いますが、転職サイトや転職エージェントは「無料」で使えます。

 

詳しくは、【IT転職】転職で本当に役立った転職サイトと転職エージェント【30社以上の中から厳選】で、転職サイトと転職エージェントの違いを始め、実際におすすめのサービスもまとめています。

 

転職サイトや転職エージェントは、大手・中小合わせると無数にあるので、探すことが大変です。

 

上記は僕が30社以上比較して自信を持っておすすめできるサービスなので、参考にしてみてください。

 

【IT転職】転職で本当に役立った転職サイトと転職エージェント【30社以上の中から厳選】

 

方法②:転職支援付きプログラミングスクール経由で転職する

もう一つの方法が、転職支援付きプログラミングスクール経由で転職する方法です。

 

転職支援付きプログラミングスクールとは、その名前の通り、転職サポートがついたプログラミングスクールです。

 

イメージとしては、前述した転職エージェントに、プログラミング学習がついたものです。

 

プログラミングの基礎スキルを身につけた状態で転職できるのがこの方法です。

 

転職しやすいのは方法②の「転職支援付きプログラミングスクール経由で転職する」

この2つの方法の内、転職しやすいのは方法②「転職支援付きプログラミングスクール経由で転職する方法」です。

 

当然ながら、プログラミングが全くできない未経験者と、プログラミングを一通り学んできた未経験者であれば、後者の方が採用されやすいです。

 

エンジニアやプログラマーといった技術職は、やっぱりスキルがあるか、ないかで評価されますから、事前にプログラミングスクールでスキルを身につけておくに越したことはありません。

 

特に営業は特に専門スキルがないケースも多いので、最低限のプログラミングスキルはつけた状態で転職活動に臨むことが、実力や意欲を示す点でも、必要なSTEPです。

 

個人的におすすめのプログラミングスクール

一応、個人的におすすめなスクールも紹介しておきます。

 

  1. GEEK JOB無料/通学型】
  2. TechAcademyキャリア就職保証付き/オンライン型】
  3. TechAcademy 【1週間の無料体験あり】

 

この3社が、営業からエンジニア・プログラマーになるならおすすめです。

 

3社とも、実際に多くの営業出身者から選ばれていて、転職まで実現している人が多いスクールです。

 

このうちGEEK JOBは「無料」、1ヶ月前後のプログラミング学習と、転職するまでのフルサポートが付いています。

 

注意点としては、GEEK JOBとTechAcademyキャリアの2社は受講条件が20代限定となっているので、30歳以上は残念ながら受けることができません。30歳以上が受けられる転職支援付きスクールは本当に少ないんですよね。

 

ですが、20代であれば、GEEK JOBTechAcademyキャリアともに、エンジニア転職する”最短の道”であることは間違いないです。

 

 

30歳以上はこの方法

30歳以上であれば、TECH::EXPERTは30歳以上でも受けられる数少ないスクールなので、30歳以上はココを最初に検討することが良いですね。

 

ただし、受講に際して選考があるスクールなので簡単ではありません。ですが、選考に通れば、良い転職ができると思います。

 

TECH::EXPERTは質はかなり高めで、こちらも多くの営業出身者に選ばれている人気スクールです。年収アップの転職も実現している人が多いです。

 

30代初心者がプログラミングスクール経由で独立・転職する方法【リソースを活用しよう】

 

売り手市場の今こそ、営業からエンジニア・プログラマー転職を目指そう

営業からエンジニア・プログラマー転職は賢い選択。行動あるのみ

 

述べてきた通り、営業からエンジニア・プログラマー転職は賢い選択です。

 

そもそも、営業でい続けることもリスクがあります。これからはAIが発達していき、特に、課題解決型の営業でない、有形の物を売る営業は、今後淘汰されていくと言われています。

 

職を失うのが20代ならまだしも、30代や40代で急に会社を放り出されたからきついです。特に40代で大したスキルもない状態で放り出されたら、人生かなり苦しくなります。その点、ITやプログラミングのスキルは自分や家族を守る武器になります。

 

しかも、あなたには営業経験がありますから、「営業 x ITスキル」は強いですよ。営業できないエンジニアやプログラマーは本当に多いですから。これは、営業出身でフリーランスになった僕はかなり強く感じます。営業こそ、プログラミングを学べば無敵になれるんですけどね。

 

フリーランスエンジニア になれば、週3働くだけでも、月収50万円くらい稼いでいる人も多いです。営業として月収50万円稼ぐには、どれだけのインセンティブをとればいいのか。。世の中不公平に思えるかもしれません。

 

でも、そういうものなので仕方ないです。割り切りましょう。それがどうしても嫌なら、自分もエンジニアやプログラマーになればいいだけです。

 

今は売り手市場で、エンジニアやプログラマー転職しやすい絶好のタイミングです。なので早めの行動が必要不可欠ですね。

 

特に20代は、早く行動すべきかと思います。前述の年齢制限然り、IT業界は20代を優遇しますので。

 

今回ご紹介したプログラミングスクール

  1. GEEK JOB無料/通学型】
  2. TechAcademyキャリア就職保証付き/オンライン型】
  3. TechAcademy 【1週間の無料体験あり】
  4. TECH::EXPERT30歳以上ならココ】

 

人気記事現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール4社【徹底比較】

人気記事【IT転職】転職で本当に役立った転職サイトと転職エージェント【30社以上の中から厳選】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です