WordPress(ワードプレス)が学べるプログラミングスクール2選【スクール受講者が厳選】

Wordpress(ワードプレス)が学べるプログラミングスクール2選+α【スクール受講者が厳選】

フリーランスエンジニアのYutoです。

 

さて、僕はもともとプログラミング初心者でしたが、プログラミングスクールでスキル習得し、その後フリーランスになった経緯があります。

 

そして最近は僕のように、初心者からエンジニアやプログラマーになり、自分の力で稼ぐ人が増えています。

 

なにせ今はエンジニアは今人手不足が深刻化していますからね。そのため、そこまで高いスキルがなくても、フリーのエンジニアとして稼ぎを作り、食べていくことは十分できるんですよね。

 

中でも「Wordpress制作」は、特に初心者から人気の分野です。

 

そのため、多くの初心者が未経験からWordpress制作を学び、早ければ「開始3ヶ月後」に仕事を獲得し稼いでいる人もいるほどです。

 

そこで本記事では、

 

  • WordPressが初心者におすすめな理由
  • WordPressが学べるプログラミングスクール

 

これらについて、エンジニアの立場から紹介していきます。

 

WordPressのプログラミングスクールを探している方や、Wordpressを学ぶか悩んでいる方は、本記事を読み、もう悩みとはオサラバしましょう。

 

初心者のプログラミングに「Wordpress」がおすすめな2つの理由

初心者のプログラミングに「Wordpress」がおすすめな2つの理由

 

  1. 難易度が高くなく、初めてのプログラミングにぴったりだから
  2. 初心者でも早期に稼ぎやすいから

 

結論、初心者にWordpressがおすすめな理由は上記の通りです。

 

それぞれ詳細を解説しますね。

 

理由1. 難易度が高くなく、初めてのプログラミングにぴったりだから

一つ目の理由は、Wordpress制作はプログラミングの中でも難易度が低く、初心者にぴったりだからです。

 

プログラミングの最大の障壁は「挫折」

上記の通りで、プログラミングをこれから始める初心者の場合、最大の障壁は「挫折」です。

 

プログラミングって実際は難しくないんですが、それでも、特に学習初期段階はエラーの対処も多くなり、挫折しがちです。

 

例えば、僕は最初の言語として「Ruby」を学びました。Rubyも初心者向けの言語ではあるのですが、それでも、エラーの対処だけで30分、1時間と取られることもしばしばあり、、すごくきつかったことを覚えています。この過程で挫折する初心者が多いんですよね。

 

ですから、特に初心者の場合は、できるだけ挫折しづらい分野で、まずは「プログラミングに慣れること」が非常に重要なんですよね。

 

その点、Wordpress制作は難易度が低く、初心者でも始めやすいです。今回紹介するプログラミングスクールでプロのサポートを受けながら学べば、挫折率を限りなく小さくすることができます。

 

これが、僕が初心者にWordpressをおすすめする一つ目の理由です。

 

理由2. 初心者でも早期に稼ぎやすいから

もう一つは、初心者でも早期に稼げるからです。

 

WordPress制作の場合、早ければ勉強し始めて「3ヶ月後」の案件獲得も目指せます。

 

例えばクラウドソーシングのクラウドワークスなどには、初心者でもできる仕事が掲載されています。こういった仕事をすれば、早期に「月5万円〜」程度の収入を得ることもできるんですよね。

 

ですから、早く稼ぐ力をつけたい、実際に稼ぎたいという初心者に、Wordpress制作は良い選択肢ですね。案件獲得しやすいです。

 

WordPress制作のデメリット

唯一デメリットとしては、Wordpress制作は案件獲得はしやすいものの、単価が伸びないことがあります。

 

事実、未経験からWordpress制作をメインにする場合、月5〜30万円くらいが平均かなと思います。

 

もちろん、もっと稼いでいる人はいます。ですが基本的に単価は高くないので「量」をこなさないといけません。

 

なので、フリーランスエンジニアとしてもっと高み、それこそ「年収800〜1,000万円」くらいを目指していきたいなら、Wordpress1本でいくことはおすすめではないですね。

 

もっと稼ぎたい場合はどうすればいいか?

じゃあ年収800万円以上を目指していく場合はどうすればいいかというと、結論、稼げる言語を選ぶと良いですね。

 

プログラミングは分野、言語によってある程度稼げる度、稼げない度が決まっています。だからこそ、収入のUPPERが高い言語を選ぶことで、将来的な伸び代は期待できます。

 

じゃあ実際どの言語が稼げるかというと、例えば「Ruby」ですね。

 

Rubyであれば「現役エンジニアが「Rubyが学べるプログラミングスクール5社」を厳選してみた」であげているスクールを使って3ヶ月ほど勉強し、実務経験を2年くらい積めば、それくらいの年収レンジは目指していけます。

 

Ruby含め、前述通り稼げる言語はある程度決まっています。詳しいことは以下の記事でまとめているので、興味あればこちらもどうぞ。

 

詳しい詳細はこちら👇

プログラミングで本当に稼げる言語について【稼ぎたいならここから選ぼう】

 

まとめると、

作りたいものではなく、あくまで「稼ぐこと」を基準に分野を選ぶなら、

 

  • 稼ぐまでのスピードを重視したい⇨Wordpress
  • 稼げる額を重視したい⇨Rubyなど稼げる言語

 

こういう選び方が、個人的にはおすすめですね。

 

WordPressで唯一デメリットの「単価面」が不安な方は、いったんWordpressを学んで案件をこなしてみて、「もっと収入欲しいな」となった段階で、Rubyなどの稼げる言語を学んでいくという戦略も全然アリです。実際、複数の分野を学ぶ人はたくさんいますので。

 

だからこそ、まずは「プログラミングに慣れること」「経験を積むこと」を重視するため、Wordpressから始めてみるのは良い選択ですね。

 

WordPress(ワードプレス)が学べるプログラミングスクール2選【専門講座あり】

Wordpress(ワードプレス)が学べるプログラミングスクール2選

 

  1. TechAcademy WordPressコース
  2. CodeCamp WordPressコース

 

結論、上記の2社がおすすめです。

 

それぞれ解説しますね。

 

1. TechAcademy(Wordpressコース/オンライン型)

Wordpress(ワードプレス)が学べるプログラミングスクール

言語WordPress制作特化
期間最短4週間
価格4週間で139,000円(税抜)
受講スタイルオンライン型(Web受講)
備考就職サポートあり

 

TechAcademy は、プログラミングスクールの中でも最も人気のスクールの一つです。僕自身、初心者に選んだスクールはTechAcademyでして、短期間で実践的なスキルが身についたスクールでした。実体験からも特におすすめしています。

 

テックアカデミー カリキュラム

僕がTechAcademyを受講していた当時のカリキュラムの一部(別コース)

 

TechAcademy WordPressコースの特筆点は、Wordpress特化で学べることもさることながら、カリキュラムを通じて「オリジナルのWordpressテーマ」を作るところまでやることです。

 

そのため、受講するだけで「自分の制作実績」を作れるんですよね。

 

副業や転職をする場合、「あなたは何を作ったことがあるか」という実績が求められることが多いです。

 

そのため、TechAcademyで学習して実績を確保しておくだけで、卒業後に副業をする、あるいは転職をする場合も、どちらの道でもアピール材料になるんですよね。

 

この実績が得られる観点でも、Wordpressを学ぶなら、僕はTechAcademyが最有力だと確信しています。

 

なお、本受講に当たって必ずしも必須ではないですが、TechAcademyには無料体験があります。PCさえあればオンラインで7日間、プログラミングの無料体験ができるので、迷うならまずはトライしてみると良いです。

 

なお、公式サイトには無料説明会動画もあるので、こちらも同時にチェックすることで、受講イメージが湧くと思います。

 

いますぐ登録したい方はこちら👇1週間の無料体験あり

 

▼詳細はこちら

 

2. CodeCamp(Wordpressコース/オンライン型)

Wordpress(ワードプレス)が学べるプログラミングスクール

言語WordPress制作特化
期間2ヶ月
価格2ヶ月で148,000円+入会金10,000円(税抜)
受講スタイルオンライン型(Web受講)
備考就職サポートなし

 

CodeCampもTechAcademy同様、Wordpress専門コースがあるオンライン型プログラミングスクールです。

 

個人的にTechAcademyの卒業生ということもあり、TechAcademy/Codecampどちらかを選ぶなら、信頼できるTechAcademyを推します。

 

とはいえ、CodeCampの卒業生の友人もしっかり実力をつけていますし、評判も良いので、CodeCampも失敗しない選択であることは間違いないです。

 

一番手硬いのは、どちらも体験して決めることですね。CodeCampも個人レッスン型の無料体験をやっているので、トライしてみることが吉です。

 

いますぐ登録したい方はこちら👇オンライン無料体験あり

 

番外:「稼ぐ力」を早く身に付けたいならこのスクールもおすすめ

少し番外となりますが、僕のところに相談に来る初心者の多くは「早く稼ぐ力、経験を積みたいからWordpress案件を学びたい」という方が多いです。

 

そんな「早く稼ぐこと」を重視する方にもう一つの選択肢としておすすめしているのは「TECH::EXPERT 副業・フリーランスコース」です。

 

Wordpress(ワードプレス)が学べるプログラミングスクール

言語Ruby、HTML、CSSなど。Wordpress特化ではない
期間10週間、6ヶ月、4ヶ月(オンライン)
価格598,000円(夜間・平日型は798,000円)転職できなければ全額返金保証あり
受講スタイル教室型 or オンライン型(Web受講)
備考なし

 

TECH::EXPERT 副業・フリーランスコースは、副業やフリーランスで稼ぐことにコミットしたスクールです。

 

WordPressではないですが、Web周りのプログラミングスキルを最短で習得し、個人で稼ぐ力を養成する講座となっています。

 

もし特段Wordpressに強いこだわりがないのであれば、TECH::EXPERTのようなスクールも並行して検討すると、より視野が広がって良いですね。

 

TECH::EXPERTは教室受講(東京、名古屋、大阪、福岡)とオンライン受講があり、両方をミックスさせることもできます。働きながらでも続けやすく、20代のみならず、30代の受講者も多いスクールです。

 

TECH::EXPERTは無料カウンセリングを「対面」または「オンライン」でやっているので、まずは参加して話を聞いてみると良いですね。

 

人気スクールで予約枠は埋まりがちなので、先に予約を済ませておくことがオススメです。30秒で予約できます。

 

いますぐ登録したい方はこちら👇転職できなければ全額返金保証あり

 

まとめ:プログラミング初心者にWordpressはおすすめ

Wordpress(ワードプレス)が学べるプログラミングスクール2選+α【スクール受講者が厳選】

 

述べてきた通り、Wordpress制作は初心者でもはじめやすく、かつ稼ぐ経験を早期に積みやすい分野です。

 

そのため、これからプログラミングを学ぶ初心者の「入口」としておすすめです。

 

WordPress制作を学び、月20万円〜30万円くらいをPC1台で稼げるようになれば、人生の選択肢は広がりますね。

 

WordPress制作は「リモートワーク」とも相性抜群なので、例えば物価の安い地域に住んでWordpress案件をこなして生活することもできます。生活費もかからない分、たとえ収入が大きくなくても貯金もしっかりできます。

 

文中でも書きましたが、プログラミングは最初こそ大変ですが、慣れてしまえばそこまで難しくありません。

 

だからこそ、最初の大変な時期はスクールでプロのサポートを受けながら走り、慣れてきたら自分で独学するなりしていくことが良いです。

 

今から行動すれば、Wordpress案件なら最短数ヶ月で仕事を請けることも目指せます。

 

もちろん相応に努力は必要ですが、やる価値、得られる未来の成果は間違いなく大きいですよ。

 

「Wordpress」が学べるプログラミングスクール

  1. TechAcademy WordPressコース
  2. CodeCamp WordPressコース

 

「稼ぐ力」が早期に身につくプログラミングスクール

 

人気記事現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール5社【徹底比較】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です