30代の転職で失敗しないための転職エージェント活用法

30代の転職で重要な事とは?

 

30代おすすめエージェントランキング
30代におすすめのエージェントランキングTOP5です

人気No.1 doda
人気No.2 ビズリーチ
人気No.3 マイナビエージェント
人気No.4 type転職エージェント
人気No.5 リクルートエージェント

この転職で何を実現したいか?目的を決める

 

転職活動で大切なことは、転職の目的を決めることです。

転職活動における目的とは「転職を通して達成したいこと」です。

例えば、年収をアップしたい、キャリアチェンジをしたい、スキルアップをしたいなどが考えられます。あるいは、「収入を上げつつも家族との時間を大切にする暮らしをしたい」、「リモートワークメインで、場所にとらわれない生き方をしたい」といったライフスタイルに関わるものも転職の目的となります。

転職の目的を決めることで、自分にとって大切な要素がわかり、どのような企業にアプローチするのかが明確になります。

「年収を上げたい」という目的であれば、今の職場よりも年収の高い企業への転職を検討することになります。しかし、転職の本当の目的を自分では把握しきれていない場合があります。転職の目的を「年収アップ」と定めたけれど、本当は「家族との時間を取りたい」も含んでいた場合、高収入・長時間労働の企業に転職しては実りのある転職活動とは言えないでしょう。

このように、転職活動で目的を明確にしていない場合、転職先が決まっても自分が望んでいたものと相違が生まれるリスクがあります。そのリスクを避けるためにも、転職の目的をじっくりと考える必要があります。

転職活動で目的を明確にできていないデメリットとして「転職で重視すべき事柄がわからない」ということが挙げられます。

転職には収入、勤務地、休日など考慮すべき要素があります。目的が曖昧な場合には、複数の企業を検討する中で転職における優先事項を定めることが難しくなります。そうすると、「転職する意味」を見失い、満足する転職に繋がりにくくなります。 転職活動をする上では、まずは目的を明確にすることを念頭に置いてください。

 

30代でどこまで行きたいか?目標を決める

 

転職における「目標」は、設定した「転職の目的」を達成するためのチェックポイントです。

「年収を上げる」という目的を達成するためには、「今よりも年収の高い企業に転職すること」が目標の1つになります。ですが、今のスキルや経験では年収の高い企業に転職することが難しい場合は、「〇〇のスキルを上げる」、「〇〇の業務経験を積む」ことが目標になります。

まずは、「30代でどこまで行きたいのか」ということを視野に入れて目標を定めましょう。

50代には年収800万にするという目的を達成するために、30代では年収600万の企業に転職してスキルアップを目指す。あるいは、30代でキャリアチェンジを行い年収の高い業種へシフトを果たすなど、同じ目的に対しても目標の定め方は様々です。

将来の目的に向かって30代でどのような目標を設定するかをしっかりと考えて見て下さい。

目標を決めることは、目的を達成するためには何をすべきか、自分には何が足りないのか、といった目的達成への道筋を描く重要な過程です。

目標を決めていないと、目的というゴール地点とは全く違う方向に進んでしまうリスクがあります。そうなると、いつまでたっても転職で達成したい目的に到達できないことになります。

また、目標を定めることで、「目的に向かって進んでいる」という日々の活動のモチベーションにつながります。

目標を決めていなければ、「自分は本当に目的に向かって進んでいるのか」などの不安が生じてしまいます。そうならないためにも、目標についてもじっくりと考えて見て下さい。

 

転職する時の最低条件を決める

 

転職における条件面として、収入、休日・勤務時間、福利厚生、会社組織、働き方などがあります。

収入に関しては、月収か年収か、賞与の額面・回数、インセンティブ等、休日・勤務時間に関するものは、土日休みなどの休日の曜日、9-17時勤務などの勤務時間、残業の有無などが考慮すべき点です。

福利厚生は、産休・育休、家賃補助、各種保険などがあり、会社組織については、社員数、上場の有無、社風などがあります。

また働き方については、リモートワーク、時短勤務、副業可などが挙げられます。 転職における目的、目標が定まってくると、「年収を重視する」、「働き方を重視する」といった転職における優先順位が定まり、アプローチする企業を絞ることができます。

すべての希望する条件を満たす転職先があればよいですが、必ずしもそういった転職先ばかりではありません。

そこで、大切なのが「最低条件」を決めることです。 最低条件とは、「この条件は譲れない」という転職活動において自分の軸となるものです。

転職活動で定めた目的、目標と整合した最低条件を定めることで、より満足のいく転職活動につながります。

最低条件を定めていない場合は、企業選びの場面でブレが生じてしまうリスクがあります。

例えば、最低条件が、「土日休み」、「年収アップ」、「勤務時間9-17時」の3つの場合、年収が高いこと惹かれた企業に転職しても、勤務時間が長く、結局長続きしないことになってしまう恐れがあります。

最低条件を決めずに転職活動してしまうと、定めた目的、目標に合致しない転職になってしまうデメリットがあります。

 

30代の転職における転職エージェントの選び方と活用法

 

30代おすすめエージェントランキング
30代におすすめのエージェントランキングTOP5です

人気No.1 doda
人気No.2 ビズリーチ
人気No.3 マイナビエージェント
人気No.4 type転職エージェント
人気No.5 リクルートエージェント

複数の転職エージェントを併用する

 

転職エージェントは、企業の求人情報を豊富に持っており転職活動では積極的に活用していきましょう。

転職エージェントは、1つのエージェントだけでなくだけ「複数の転職エージェントを併用すること」をおすすめします。

「複数の転職エージェントを併用する」とは、複数の転職エージェントに登録して同時に様々な求人案件を紹介してもらうことです。転職エージェントは、それぞれ得意な業界・職種があります。複数併用することで、幅広く企業の紹介を受けることができます。

転職エージェントには、大きく2種類あります。幅広い業種を総合的に網羅する「総合型」と、特定の業界に特化した「業界特化型」です。

幅広く、自分の可能性を拓いていくような転職を希望する場合は「総合型」が適していると言えます。

転職する業界を絞ってキャリアを築いていきたい場合には「業界特化型」を選ぶと良いでしょう。

いずれにしても、転職活動は、人生において大きな転機となるものですから複数の転職エージェントを併用して転職先の選択肢を広く持ち、可能性を広げておきましょう。

特定の転職エージェントのみを利用した場合、紹介される企業に偏りがあるリスクがあります。特定のエージェントだけでなく複数の転職エージェントを利用するほうが、転職活動で定めている自分の条件に合致する性質の企業と出会える確率が上がります。

また、特定のエージェントのみ利用する場合は、複数の転職エージェントを併用している場合に比べて、出会える企業数が少なくなるというデメリットがあります。

出会える企業の数という意味でも、複数の転職エージェントを併用することをおすすめします。

 

キャリアアドバイザーの質にこだわる

 

多くの転職エージェントでは、登録すると担当のキャリアアドバイザーがサポートを行ってくれます。

アドバイザーは、転職希望者が関心のある業界・業種、仕事の上で大切にしたいことを丁寧に聞き取りをしてくれます。そして、あなたの経歴を考慮したうえで求人案件の紹介を行ってくれます。

また、エントリーシート記入や面接についての相談やサポートにも力を入れてくれるでしょう。 キャリアアドバイザーも一人の人間ですので、それぞれ個性があります。

質の良いキャリアアドバイザーは、転職希望者のスキルや希望と、企業側が求める人物像のマッチング能力にたけています。

そのため、転職希望者の希望に合致し、「選考を進めていける可能性が高い求人」を紹介をしてくれます。

また、キャリアアドバイザーが紹介している案件と転職希望者が望む企業像にズレがないかを適宜確認を行いながら転職活動を進めてくれます。

このように、キャリアアドバイザーの質は転職活動を行う上でとても重要な要素となります。

一方で、ダメなキャリアアドバイザーも存在します。

キャリアアドバイザーも仕事として業務を行っていますので、転職希望者と求人側の企業との「マッチング件数」を目標として持っています。

転職者ができる限り早く転職先を決めることが、キャリアアドバイザーにとって業務の効率化となります。

そのため、転職者の希望を重視せずに「転職させること」を目的としたようなダメなアドバイザーも少なからず存在します。

そのような、ダメなキャリアアドバイザーを利用した場合、急かされて落ち着いて転職活動を行えないばかりか、転職活動の目的、目標への妥協を示唆されるデメリットがあります。

 

非公開求人にこだわる

 

非公開求人とは、転職サイトや企業サイトなどで一般公開されていない求人です。

求人を非公開にしている理由として3つが挙げられます。

・急いで採用する必要がある
総合転職サイトに求人をあげる場合、ある程度の時間がかかってしまいますが、転職エージェントにのみ求人依頼を行うことで採用までの時間を短縮できます。
また、求人を非公開にすることで応募者数を絞ってスピーディーに採用選考を行うことができます。

・企業の新規事業などを知られたくない
企業活動の中には、新規事業や極秘プロジェクトなど他者に知られたくない性質のものがあります。
そのような求人は非公開にしていることが多いです。

・求人していることを知られたくない
重要なポジションの求人など、社内に対しても知られたく場合があります。
非公開求人が非公開である理由が、非公開求人の重要性を示しています。
急いで採用する必要がある場合は、応募者を絞っているため採用倍率が比較的低く、採用までスピーディーに進む可能性が高くなります。

また、新規事業など極秘プロジェクトのポスト求人は、やりがいのある業務内容であることが少なくありません。

そして、社内に知られたくない重要なポジションの求人は、転職者にとっては貴重なポストの転職先となります。

非公開求人が少ない場合は、一般公開されている求人の割合が多いため、高倍率になりやすいというデメリットがあります。また、非公開求人が持つ重要なポジションの求人割合が少ないというデメリットにもつながります。

30代おすすめエージェントランキング
30代におすすめのエージェントランキングTOP5です

人気No.1 doda
人気No.2 ビズリーチ
人気No.3 マイナビエージェント
人気No.4 type転職エージェント
人気No.5 リクルートエージェント

このエージェントは自分に合わないと思った時の対処法

 

転職エージェントを利用する際には、自分との相性についても見極めていくことが重要です。

転職エージェントから紹介された求人が、希望と合致するものが多い場合は良いですが、希望と合わない求人が多い場合もあります。

その場合には、紹介された求人が自分の希望するものとはズレていることをしっかりと伝えましょう。 また、紹介される求人の数が極端に少ない場合もあります。

転職エージェントは、転職者のスキルと経験を総合的に判断し、求人数を絞って紹介する場合もあります。

転職者と企業側のマッチングを考えての判断ですが、求人をたくさん紹介して欲しい場合には、その旨を転職エージェントに伝える必要があります。

転職エージェントには、それぞれのスタンスが多かれ少なかれあります。合わないなと思う転職エージェントを利用し続けることは、貴重な転職活動の時間を浪費してしまうデメリットがあります。

その場合は、こちらの希望する転職活動の進め方をしっかりと伝え、改善がなければ利用することをやめる選択も必要となります。

転職エージェントの「総合型」は、数多くの求人案件を紹介してくれる傾向があります。求人案件数重視で、幅広く、転職先を検討する場合は「総合型」のエージェントをおすすめします。

一方で、「業界特化型」の転職エージェントは、転職者のスキルや経験を踏まえてピンポイントに求人案件を紹介してくれる傾向にあります。転職先として、業界などが絞れている場合や、少数精鋭で求人案件の紹介を望む場合は「業界特化型」の転職エージェントをおすすめします。

どちらにしても、複数の転職エージェントに登録して自分との相性を確かめながら利用することで、より良い転職活動につながります。

 

30代の転職でおすすめの転職エージェント

エージェントサイト求人数非公開求人数対象エリア対象年齢層対象年収対象職種対象業界スカウト直接面談履歴書添削面接対策面談日程調整給与交渉
1位doda71,55935,646全国20~40代全年収クラス対応営業
販売・サービス
企画・管理職、事務
小売・外食
IT・通信関連
メディア
金融
2位リクルート
エージェント
107,818137,991全国20~50代全年収クラス対応営業
ITエンジニア
事務
電気・機械・科学エンジニア
IT・通信関連
医薬
機械・輸送機器
※全業種実績有
3位JAC
リクルートメント
8,92313,385全国30~40代年収600万円以上技術系
営業
管理部門
ITエンジニア
IT・通信関連
ヘルスケア
4位マイナビ
エージェント
22,55790,228全国20~30代全年収クラス対応営業
企画・管理職
販売・サービス
電気・機械・科学エンジニア
サービス業
メーカー
IT・通信関連
流通・小売
5位ビズリーチ148,323非公開全国20~50代年収600万円以上不明不明
6位ランスタッド8,0006,400グローバル20~50代年収400万円以上ITエンジニア
営業
事務・管理職
ヘルスケア
マーケティング・企画
不明
7位キャリア
カーバー
75,256非公開全国30~50代年収800万円以上不明不明
8位type転職
エージェント
8,40013,300全国20~30代全年収クラス対応営業
ITエンジニア
企画・管理職
販売・サービス
IT・通信関連
販売・サービス
メーカー
金融
9位ハタラクティブ非公開非公開関東、大阪、名古屋、福岡、その他20代全年収クラス対応ITエンジニア
接客・販売
営業
製造エンジニア
メーカー
人材紹介・派遣、IT・通信関連
理容・美容
10位DYM就職非公開非公開全国10~20代ニート・フリーターでもOK不明不明
11位ワークポート26,50018,550全国20~30代全年収クラス対応不明不明
12位パソナ
キャリア
35,089非公開全国30~60代全年収クラス対応技術系
営業
管理部門
ITエンジニア
IT・通信関連
医療関連
流通・小売、電気・電子半導体

 

人気記事おすすめの転職エージェント12選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です