40代未経験からエンジニア転職するステップ【まずは実績を積むこと】

40代未経験からエンジニアになるための手順【まずは実績を積むこと】

こんにちは。フリーランスエンジニアのYutoです。

 

さて、最近は未経験からエンジニアになる人が急増していますね。それもそのはず、いまはエンジニアが不足しているので、未経験から2年程度で月収60万円以上は現実的に目指せます。20代で年収1,000万円もざらにいる世界ですからね。

 

加えて、プログラミング自体が「手に職」ですから、一つの会社に依存せずとも、自分の力で稼いだり、転職もしやすいメリットがあります。いまの時代、いつ会社を放り出されてもおかしくないですからね。そのリスクヘッジになります。

 

そんな状況ですから、最近は20代、30代だけでなく、40代未経験からエンジニアを目指す人も増えています。とはいえ、

 

  • 40代未経験からエンジニアはさすがに難しいんじゃないか…?
  • もし方法があるとしたら、どうすればエンジニアになれるのか…?

 

このような疑問もあるかと思います。

 

そこで本記事では、40代未経験からのエンジニア転職について、実態を解説していきます。

 

簡単に、僕の経歴を。

フリーランスエンジニアとして働きながら、転職エージェントとしても仕事をしています。

 

エンジニアとしては多くの現場をこの目で見てきており、転職エージェントとしては、未経験からのエンジニア転職を多く支援してきました。その中には、40代未経験の方もいました。

 

他のネットの情報にはない「リアルな40代エンジニア転職」について把握している立場なので、今回は40代からのエンジニアについて、実態を解説していきますね。

 

前提:40代未経験からでもエンジニアになれます

前提:40代未経験からでもエンジニアになれます

 

結論ですが、40代未経験からでもエンジニアになれます。なぜなら、40代未経験からエンジニアになっている人が実際にいるからです。

 

すごくシンプルな話、過去に誰も達成していないことを、達成することは難しいですよね。例えば、100m走で8秒台で走るようなことです。この場合、実現は極めて難しいです。

 

ですが、40代未経験からエンジニアになるくらいは、実現している人は意外といますよ。

 

実際に40代からエンジニアになった人の事例

事実、僕がこれまで見てきた中でも、42歳からエンジニアになった方もいますし、45歳からプログラミングを学んでWeb制作の仕事を請けている人もいます。

 

また、経営者の方で、50歳を超えてからプログラミングを学び、自分のサービスを別のエンジニアと共同開発している方も知っていますね。

 

このように、40代のみならず、別に50代になってからでも、エンジニアになることは可能なんですよね。

 

ただし、正社員での転職難易度は高い

とはいえ、40代未経験から「正社員エンジニア」として転職することは、難易度はかなり高いです。

 

未経験の場合は「若い人」の方が優遇されます。40代よりは30代、30代よりは20代の方が、転職はしやすいです。

 

ですから、40代未経験から正社員転職しようとすれば、当然ながら「ライバル」が多いんですよね。しかも、自分より強い「年齢」という武器を持っているライバルです。なので、相応にハードルは高いです。

 

まあこれは仕方ないですね。40代の方にも、20代、30代の頃はあったわけですから。過ぎた時間や若さは取り戻せないので、この現実は受け入れる必要があります。

 

40代未経験からエンジニアになるには「実績」が重要

40代未経験からエンジニアになるには「実績」が重要

 

じゃあどうすればいいかというと、40代未経験からエンジニアになるために、最重要なものは「実績」です。

 

実績とは?

一言で言えば、「制作物」ですね。

 

例えば「Webサイト」。Webサイトを自分で作ったら、それは制作物であり、実績となります。

 

また「Webアプリ」もそうです。Webアプリを自分で作ったら、それも制作物であり、実績となります。

 

40代からエンジニアになる際には「何ができるか」が極めて重要で、それを証明するための方法が「実績」なんですよね。事実、僕が見てきた40代からエンジニアになった人は、この実績を作って持っていました。

 

だからこそ、40代未経験からエンジニアとして稼いでいきたいなら、まずは「実績」を作ることが必要です。

 

40代未経験から実績を作るなら「副業」がベスト

40代未経験から実績を作るなら「副業」がベスト

 

じゃあどうやって実績を作っていけばいいかというと、オススメの方法は「副業」です。

 

前述通り、40代から正社員での転職は難しいです。ですが、副業であれば、実は40代でも請けられる仕事があります。

 

なので40代未経験の場合、まずは簡単な「副業」から、実績を積んでいくことがおすすめですね。スキルも身につき、お金ももらえ、稼ぐ自信も生まれます。チャレンジしない理由がないですね。

 

おすすめの副業は「クラウドソーシング」

じゃあどうやって副業をしていけばいいかというと、オススメは「クラウドソーシング」です。おすすめな理由はシンプルで、副業の中でも、特にハードルが低いからです。

 

そもそもクラウドソーシングの場合、企業としては「採用」をする必要がありません。つまり、雇用の責任がないため、納品物をしっかり納品してくれさえすれば良いケースが多いんですよね。実務経験を問わない仕事も多くあります。

 

なので、まずはこういったハードルが低いところで実績を積んでいき、実力をつけていくと良いです。

 

未経験でも請けやすい仕事の特徴とは

未経験でも請けやすい仕事の特徴とは

 

結論、「Web制作」ですね。Web制作とは、Webサイトを作ったりする仕事です。

 

こういった種類の仕事を、前述したクラウドソーシングでこなすことが良いですね。

 

Web制作に必要なスキル

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • WordPress

 

必要なスキルはこの辺りですね。これらのスキルがあれば、Web制作の案件はできます。

 

これらのスキルの習得方法は後述しますね。

 

40代未経験からエンジニア転職・独立する3ステップ

40代未経験からエンジニアになる3ステップ

 

ということで、これからやるべきステップをまとめると、結論以下の通りです。

 

  1. クラウドソーシングで必要なスキルを確認
  2. 確認したスキルをプログラミングスクールで習得
  3. クラウドソーシングで案件こなす(副業OK)→実績を積んで独立 or 転職

 

上記の通りです。それぞれ簡単に解説しますね。

 

1. クラウドソーシングで必要なスキルを確認

まずは、クラウドソーシングの案件を実際に眺めてみて、必要なスキルを確認しましょう。

 

いきなりスクールでも良いですが、先に必要なスキルを確認しておいた方が、無駄なく効率的に学べます。

 

実際の案件を見てみる

40代未経験からエンジニアになる3ステップ

 

上記はクラウドソーシング「クラウドワークス」で実際の募集されている仕事です。内容としては「Web制作」ですね。

 

初心者の仕事の選び方のポイント

上記のような、「1万円〜5万円」くらいの案件が、難易度が低くてオススメですね。

 

例えば上記案件の場合、エンジニアとしての就業経験や、年齢は一切問われていません。

 

40代 未経験 エンジニア

 

これが実際の応募条件ですが、「自己紹介や実績、ポートフォリオ」と書いていますね。ここでは「実績」と書いてありますが、実績を求められない仕事ももちろんあります。なので、ハードルの低い案件を先にこなし、それを実績にすると、様々な案件を請られるようになります。

 

または、後述するプログラミングスクールでは、「オリジナルサービス開発」をカリキュラムに入れているところもあります。そういったスクールを使えば、レッスン中に制作物を作るので、自然と実績が出来上がり、仕事も請けやすくなります。

 

このように、クラウドソーシングで請ける仕事は、要件が低めです。だからこそ、最初にこういった案件を通じて実績を積むことで、その後独立や転職する際に武器になるんですよね。

 

2. 確認したスキルをプログラミングスクールで習得

クラウドソーシングで必要なスキルを確認したら、今度はそのスキルを実際に習得しないといけません。

 

スキル習得方法ですが、40代未経験であれば、学習方法は「プログラミングスクール一択」ですね。

 

40代未経験なら独学はNG

上記の通り、40代未経験からのプログラミングの場合、独学はNGです。というのも、独学だと挫折率が高い上に、肝心の制作実績が得られづらいからです。

 

繰り返しですが、40代からエンジニアになるには「実績」が何より重要です。費用こそかかりますが、その実績を積めるのがプログラミングスクールです。

 

むしろ、「お金がかかるのはちょっと…」という感じであれば、厳しいようですが、エンジニアになることは諦めたほうが良いです。そこまで甘くありません。

 

でも、ここで自分に投資できるなら、未来は変えられますよ。

 

【悲報】40代だと受講できるプログラミングスクールが少ない

ここで一点注意点は、40代だと、そもそも受講できるプログラミングスクールが少ないことです。

 

例えば、プログラミングスクールで人気のGEEK JOBやポテパンキャンプは、どれも20代限定のサービスです。なので、入口から限られてしまうんですよね。

 

でもそんな中で、40代でも受講でき、実際に多くの40代を受け入れているプログラミングスクールもあります。それも合わせてご紹介しますね。

 

40代におすすめのプログラミングスクール

  1. TechAcademy【20〜60代まで幅広く選ばれているスクール・40代ならまず検討すべき】
  2. TECH::EXPERT【40代はわずかだが、30代転職に強みのあるスクール】

 

結論、上記の通りです。

 

TechAcademyについて

40代であれば、第一候補はTechAcademyです。TechAcademyは受講者の年齢が20〜60代と幅広いので、40代でも気兼ねなく利用できる点が良いですね。

 

Techacademyはカリキュラム内でオリジナルサービス開発をします。なので、レッスンを通じて実績も作れることが、多くの初心者に選ばれているポイントでもあります。

 

コースは色々ありますが、前述したHTML、CSS、JavaScript、Wordpressあたりを学んでWeb制作の仕事に繋げたい場合は、WebデザインコースのコースでOKです。

 

また、Web制作に強く、かつ応用が効きやすい言語として「PHP」がありますが、こちらはPHP/Laravelコースで学ぶことができます。

 

TECH::EXPERTについて

一方のTECH::EXPERTは、30代などのエンジニア転職・独立に特に強みを持ったスクールです。そして、40代もわずかですが、存在します。

 

TECH::EXPERTは受講に際して選考がありますが、受かれば、エンジニア転職・独立する際に大きな力になってくれるはずです。

 

※2019年4月30日更新:現在TECH::EXPERTは「選考」を廃止していると、TECH::EXPERTの担当の方から連絡が入りました。選考がない分、40代にも広くチャンスが回ってきました。しかし多くの受講者が利用すると思われ、いつ選考が再開されるかは誰にもわかりません。なので、いずれにしてもこのチャンスを逃さない方が吉ですね。

 

>>TECH::EXPERT公式サイトへ

 

迷ったらTechAcademyが確実

いずれにしても、誰にでも門扉が開かれているスクールはTechAcademyです。なので、40代未経験からプログラミングを学ぶなら、第一候補はこちらですね。

 

なお、TechAcademyは「プログラミング無料体験」があります。自宅PCからオンラインを通じ、7日間プログラミング体験ができるサービスですね。実際にプログラミングに触れてみることで、受講のイメージもつくと思います。また、公式サイトには「無料説明会動画」もあるので、合わせてチェックすることで、よりイメージがわくかなと思います。

>>TechAcademy1週間無料体験

 

3. クラウドソーシングで案件こなす(副業OK)→実績を積んで独立 or 転職

プログラミングスクールで学習を重ねていったら、クラウドソーシングを使って、実際に案件をこなしてみましょう。

 

狙いどころとしては、前述通り、1〜5万円程度の低単価案件でOKです。分野は前述した「Web制作」が、難易度が低くおすすめです。

 

実績を積んだら独立 or 転職

クラウドソーシングで実績を積んできたら、この段階で独立、ないしは転職というのが良いですね。

 

ある程度クラウドソーシングで実績を積んできたら、自分の力で稼ぐ自信も実力も付いてきているはずです。転職だけでなく、そのまま独立することも一つの道ですね。

 

以上が、40代未経験からエンジニアになるためのステップです。これ以上に、現実的な方法はないと思っています。

 

仮に独立できなくても、副業で月5万円くらいは現実的に目指せますから、迷っている時間があるなら、まずは行動あるのみかなと思います。

 

まとめ

40代未経験からエンジニアになるための手順【まずは実績を積むこと】

 

最後に、いまエンジニアは圧倒的に人手不足が深刻化しています。そのため、最近は未経験からエンジニアにチャレンジしやすくなりました。

 

事実、40代、50代を超えてからプログラミングを学ぶ人も増えています。だからこそ、実現したい未来があり、それを叶える手段にプログラミングがなり得るなら、チャレンジしないと勿体ないです。

 

エンジニアになろうと考えているのであれば、何かしら現状の不満だったり、将来の不安を感じているのかなと思います。

 

その点、今回紹介したような方法を使えば、仮にエンジニアの正社員になれずとも、副業として月5万円、月10万円くらいは稼げるようになることは可能です。

 

月10万円を10年間稼いだら、合計1000万円を超えますね。老後の資産として貯金もできますし、新たな経験を積むための資金にもできます。

 

人生、あっという間に過ぎていきます。「行動しておけばよかった」と50代、60代になって後悔しないよう、まだ間に合う今のうちに、まずは行動を起こしましょう。

 

今回ご紹介したプログラミングスクール

  1. TechAcademy【20〜60代まで幅広く選ばれているスクール・40代ならまず検討すべき】
  2. TECH::EXPERT【40代はわずかだが、30代転職に強みのあるスクール】

 

人気記事現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール5社【徹底比較】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です