文系からプログラマー就職は無理じゃない【就職・転職するための方法とは】

文系からプログラマーは無理じゃない

「文系からプログラマー就職したいな。でも、文系出身だとプログラマーに就職・転職することは無理なのかな?」

 

今回はこういった疑問に答えていきます。

 

結論から言うと、文系からプログラマー就職・転職することは無理じゃなく、可能です。

 

今回の記事を読むと、文系からプログラマーになることが無理じゃない理由を始め、文系からプログラマー就職・転職を目指す現実的な方法が、手に取るようにわかるようになります。

 

これを書いている僕は、現在は現役エンジニアであり、転職エージェントも兼務しています。ちょっと特殊な経歴ですが、エンジニアとしての立場、企業としての立場の両方を理解しているので、確実性の高い情報をお届けできると思います。

 

3分ほどで読めますので、文系からプログラマーを目指す方は、続きをどうぞ。

 

文系からプログラマー就職・転職が無理じゃない3つの理由

  1. 文系でもプログラマー就職/転職している人が実際にたくさんいるから
  2. 理系知識はそこまで必要じゃないから
  3. 文系だからこそ活かせることがあるから

 

理由はこの3つですね。それぞれ解説していきますね!

 

1. 文系でもプログラマー就職/転職している人が実際にたくさんいるから

まず一つ目の理由は、文系からでもプログラマー就職/転職している人がたくさんいるからです。これは新卒、中途問わずですね。

 

根拠は以下、エンジニアやプログラマーといったIT技術者に関して、IT技術者として働いている人がどこの学部出身者であるかを表しているデータです。

 

文系 プログラマー 割合

引用:IT人材白書

 

これを見ると、理系が約63%ですが、文系でも約27%の人が存在しています。文系、結構多いですよね。僕自身の実感値としてもだいたい1/3くらいの人が文系出身だと思います。最近は特に文系出身のエンジニアやプログラマーが増えているように感じます。

 

このように、文系出身のプログラマーやエンジニアは世の中にたくさんいます。それは上記の客観的な数字からもわかるかなと思います。

 

2. 理系知識はそこまで必要じゃないから

二つ目は、プログラマーに理系知識はそこまで必要じゃないからです。

 

エンジニアの立場から言うと、理系出身だからと言って、歴然とした大きな差が開いていることははっきり言ってないです。実際文系でも活躍しているプログラマーはたくさんいますし、理系だからと言って有利になることも、僕自身はそこまで感じないですね。

 

結局、エンジニアやプログラマーとして仕事をしていく過程の中で、差は開いていきます。入口がどんな経歴だからって、実際そこまで関係ないと言うのが僕の結論です。

 

3. 文系だからこそ活かせることがあるから

そして三つ目は、文系だからこそ活かせることがあるからです。

 

基本的には文系の人の方が、理系の人よりもコミュニケーションといった「言語的なスキル」があると言われています。プログラマーの方には控え目な方が多く、誤解を恐れず言うなら、あまりコミュニケーションが得意なタイプの方は少ないです(笑)

 

その点文系出身の方は、言語的な能力が高いことが一般的な傾向としては多いです。実際僕の周囲でも、文系出身でコミュニケーションに長けている人は、チームをまとめるプロジェクトリーダー(PL)やプロジェクトマネージャー(PM)として活躍している人が多いです。

 

プログラマーは個人で黙々とプログラミングをしているイメージがあるかもしれませんが、チームでやるときは、連携も非常に大事です。文系出身なら、チームを率いるプロジェクトリーダー(PL)やプロジェクトマネージャー(PM)として活躍も十分目指していけますよ。文系ならではの強みを活かしましょう。

 

未経験の文系からプログラミングを学び、プログラマー就職・転職を目指す手順

  • 方法①:独学する→受講後に自分で就職・転職活動する
  • 方法②:学習のみのプログラミングスクールに通う→受講後に自分で就職・転職活動する
  • 方法③:就職支援付きのプログラミングスクールに通う

 

文系からプログラマーを目指す手順はこの3つですね。

 

方法①:独学する→受講後に自分で就職・転職活動する

一つ目の方法は「独学する→受講後に自分で就職・転職活動する方法」です。個人的にはこの方法はおすすめしていません。理由はシンプルで、この方法はハードルが高いからです。時間や労力を消費した上に、結果が出ない可能性が高いです。

 

独学って本当に挫折しやすいんですよね。僕も社会人途中からプログラミングを学んで身につけましたが、独学では挫折しました。実際、プログラミングを独学している人の約90%は挫折しているとまで言われています。

 

この辺りの詳しいことは、プログラミング独学は無理ではないがおすすめしない【現役エンジニアが解説】プログラミングを独学して就職ってできるもの?【現役転職エージェントが解説】で書いていますので気になる方は覗いてみてください。「プログラミングの独学→自分で就職活動」はおすすめしていません。

 

方法②:学習のみのプログラミングスクールに通う→受講後に自分で就職活動・転職活動する

二つ目は、「学習のみのプログラミングスクールに通う→受講後に自分で就職・転職活動する」です。こちらの方法はアリかと思います。

 

ただし、文系学生に限るです。社会人にはおすすめしていません。理由を解説しますね。

 

文系学生の新卒就職ならこの方法でOK

文系学生で新卒プログラマーを考えているのであれば、この方法で十分いけます。なぜなら、新卒学生に対して「実務経験」は求められないからです。

 

新卒学生は、そもそも実務経験がない人がほとんどです。ですから、「プログラミングをやったことがある」「こんなものが作れる」とだけでも、大きなアドバンテージになります。ですから、プログラミングスクールを使ってスキル習得しておくと、有利になることは確かにあります。ですので、文系学生であれば、まずはプログラミングスクールを受けて勉強してみることは良い選択だと思います。今はプログラミングスクール がたくさんあるので、気に入ったところを受けてみましょう。

 

ちなみに僕が実際に使ってよかったプログラミング学習スクールはTechAcademy [テックアカデミー]です。TechAcademyは初心者向けの定番スクールです。オンライン完結で、場所を選ばずどこでもできます。学割もあるのでその点でもおすすめです。まずはTechAcademyで勉強して、就職活動すればOKです。

 

TechAcademyは7日間のプログラミング体験もオンラインでできますから、まずはサクッと試してみると良いです。以下からリンクからすぐにタダでお試し可能です。公式サイトには「無料説明会動画」もあるので、併せてチェックしておくことがおすすめです。

>>TechAcademy1週間無料体験

 

一方、社会人にはおすすめしない

一方、すでに社会人でプログラマーにキャリアチェンジをしたい人にとっては、個人的にはベストな選択ではないですね。なぜなら、社会人の転職の場合、実務経験が求められることが多いからです。

 

社会人の転職の場合、残念ながらプログラミングスクールを卒業しただけの人は「実務未経験」として、その他未経験者と一括りにされて選考されることが多いです。ですからハードルは高めです。

 

プログラマーやエンジニアが人手不足になっているとはいえ、残念ながらまだ多くのIT企業は、実務経験がないプログラミングスクール卒業生を戦力としてみなしていません。普通に自分で転職活動をしたところで、その他大勢の未経験者と、同じ扱いを受ける可能性が高いということです。

 

ですので、特に文系出身の社会人で、プログラマー転職を考えているなら、必然的に次の方法を取る必要があります。

 

方法③:就職支援付きのプログラミングスクールに通う

それこそが、就職支援付きのプログラミングスクールを使うことです。文系出身の社会人がプログラマー転職する場合、この方法がいちばん現実的です。

 

就職支援付きのプログラミングスクールとは、「プログラミング学習+エンジニア就職サポート」がセットになったスクールのことです。こういったスクールを使うと、プログラミング学習と就職サポートを一貫して受けることができます。

 

学習部分は普通のプログラミングスクールと変わらず、違うのは就職部分ですね。就職支援つきスクールの場合、学習終了後に、スクール運営会社がキャリアサポートをしてくれます。そこでは就職先の紹介から、面接対策や待遇交渉など、就職・転職に必要なことを全部サポートしてくれます。

 

しかも多くの就職支援付きスクールは「無料」で受けられます。つまり、お金がない人でも、学習と就職サポートを一貫して受け、プログラマー就職/転職ができるということですね。

 

もう一つの特筆点は、就職支援付きスクールから紹介されるIT企業は、どこもスクール卒業生を採用したい企業ばかりということです。つまり、先ほどの方法①②の問題点だった「スクール卒業生は選考対象外」というハードルがそもそもないんですね。

 

IT企業の中にも、「経験者が取れないから、未経験者を積極採用し、自社で教育する方針の企業」と、「経験者が取れないので、今は採用活動を控えて静観している企業」の大きく2つがあります。就職支援付きスクールから入れる企業は基本前者です。

 

僕は採用に携わって長いので、「伸びる企業」「伸びない企業」を多く見てきていますが、人に投資できなくなった企業に未来はありません。そういう意味で、難しい環境下の中でも、人の教育に力を入れたり、採用に力を入れている企業は未来があると思っています。そういう意味でも、就職支援付きスクールは良い仕組みだなと思います。

 

というわけで、文系からプログラマー就職したいなら、就職支援付きのスクールを利用することがベストです。おすすめの就職支援付きのおすすめプログラミングスクールは現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール4社【無料あり】でご紹介していますので参考にどうぞ!

 

まとめ

述べてきた通り、文系からプログラマーは無理じゃないです。ご紹介した通り、文系からプログラマーになっている人はたくさんいますし、文系だからこそ活かせることもあります。

 

 

まとめるとこんな感じです。

 

最後に、今プログラマーは人手不足ですが、この状態はいつまで続くかわかりません。景気の風向きが一度変われば、追い風だって一瞬で向かい風に変わります。もしそうなったとき、企業は採用を控えることになりますが、真っ先に採用が止められるのは「未経験者」です。

 

だからこそ、もし今の現状に不満があり、プログラミングスキルがそれを解消するなら、今すぐに行動を起こす必要があります。残念ながら、時間はあなたの都合の良いように待ってはくれません。「あの時行動しておけばよかった。」と後悔する前に、まずは一歩を踏み出しましょう。

>>TechAcademy1週間無料体験

 

人気記事>>現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール4社【無料あり】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です