プログラミングスキルは就職に有利?【エンジニア兼転職エージェントの僕が解説】

プログラミングスキルは就職に有利?【現役エンジニア兼転職エージェントの僕が語る】

「プログラミングを学んでみたいと思っているんだけど、プログラミングスキルを身につけると就職に有利なのかな?就職や転職に有利なのか知りたい」

 

今回はこういった疑問に答えていきます。

 

結論からいうと、プログラミングスキルは就職に有利になるので、学んでおくことをお勧めします。ただその有利の度合いは「新卒の就職の場合」と「中途の転職の場合」で分かれており、

 

  • これから社会人になる新卒の方     →  就職に有利になります
  • すでに社会人で、これから転職希望の方 →  多少有利になりますが、新卒と比べて有利にはなりません

 

こんなイメージです。いずれにしても、就職、転職の場合であっても、プログラミング身に付けておけば就職や転職が有利に働きやすいことは間違いないです。

 

これを書いている僕は、現在転職エージェントとして働きながら、個人でフリーのエンジニアとして活動しています。今回は現役エンジニア兼転職エージェントという経歴を持つ僕が、プログラミングスキルと就職の関係について、実態を語っていきます。エンジニアへの就職や転職に関心があるなら、今回の記事は参考になるかと思います。

 

プログラミングが就職に有利な理由

  1. エンジニアの需要が高いから
  2. 一方、エンジニアの供給は不足しているから

 

プログラミングスキルが就職に有利になるのは上記の理由です。

 

今、エンジニアの人手不足は深刻化しています。以前“プログラミングを学ぶ必要性”について【現役エンジニアが語ります】の記事でも述べましたが、2015年時点でエンジニアの不足人数は約17万人でしたが、それが2030年までには約59万人の不足まで拡大すると言われています。

 

次の図を見てください。これはエンジニアの数が2030年までにどうなっていくかをシミュレーションしている図です。

 

IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

 

これをみると、2015年には約17万人のエンジニア不足でしたが、2030年には約59万人の不足まで広がります。このように、エンジニアは不足していて、それは今後も続いていきます。しかも不足人数は今後、さらに広がっていくことが予想されています。

 

これは日本だけでなく世界も同様です。多くの国で、エンジニアが不足しており、その不足は拡大していくことが予想されています。つまり、日本のみならず世界規模でエンジニアが大量に不足していくので、プログラミングを学ぶ必要性はあらゆる場所で叫ばれているということです。

 

このように、エンジニアの需要は増しているにもかかわらず、肝心のエンジニアの数が足りていない状況です。しかもこの傾向はこの先長年続くと見られているので、今年だけがこういう状況、というわけではないです。ですので必然的に、プログラミングスキルを身につけたエンジニアの市場価値は高まります。

 

実際の例を挙げると、例えば僕が採用の支援をしているIT企業の多くは、今この瞬間もエンジニア採用に苦しんでいます。最近の傾向で特徴的なのは、経験者のエンジニアが採用できないことですね。それは10名足らずのITベンチャーだけの話ではなく、100名、200名を超える規模のIT企業でさえも、経験者のエンジニアが取れていません。その理由は前述とおり、エンジニアの数が足りていないにもかかわらず、エンジニアの需要は日々高まっているからです。要は企業間でエンジニアの取り合いになっているということですね。

 

そんな現状を間近で見ていると、プログラミングスキルを身につければ、当分は仕事には困らないんじゃないかなと思います。実際僕は個人で案件を請けていますが、エンジニアの待遇もどんどん良くなっていることを肌で感じます。

 

少なくとも2030年までは上記のような状況と予想されていますし、エンジニア不足は今後も間違いなく拡大していくんじゃないかなと思います。そういう意味で、プログラミングスキルを身につければ、就職には有利に働くと思いますし、仕事に困らなくなっていくんじゃないかなと思います。

 

新卒の就職はプログラミングは特に有利

冒頭でも述べましたが、新卒の就職の場合、プログラミングスキルは特に有利です。なぜなら、新卒の場合は「実務経験」が求められず、ポテンシャル採用されるケースが多いからです。

 

そもそも新卒の就活って、即戦力として採用されることは少ないです。新卒は実務経験がないことが普通なので、企業側としてはポテンシャルで採用判断することが一般的なんですね。リーダーシップがあるとか、コミュニケーション力があるとか、そういう抽象的なものが基準になります。

 

そんな中、一人だけプログラミングができて、簡単なサービス開発は自分でできるという候補者が出てきたら、欲しいと思う企業は必ずいますよ。僕の知っているIT企業の社長さんも、「一人でサービス開発できるような新人がいたら迷わず採用する」と話していました。新卒の場合は特にスキルがあると特別枠になりやすいですから、学生の間にプログラミングを学ぶメリットは大きいかなと思います。

 

中途は実務経験が最も評価されるが、スキルはあった方が良い

一方、中途採用は新卒とは異なり、「実務経験」こそが最も評価されます。ですので、プログラミングを学んだことがあると履歴書に書いても、それで評価されるわけじゃないんですね。「じゃあ実務はやったことあるの?」と聞かれてNoであれば、結局未経験者として扱われるのが実態です。

 

とはいえ、最近は前述通り、経験者エンジニアがあまりに取れないので、プログラミングを少しかじった程度の未経験者でも採用されるケースは増えています。自分でサービス開発ができれば、新卒同様戦力としてみなしてくれる場合もありますから、そういう意味では中途の転職であっても、プログラミングスキルが転職に有利になる場面はあります。

 

就職に有利なプログラミング言語とは?

  • Java、PHP、Ruby

 

実際の就職の現場を見ていると、この3つの言語が就職では有利になりやすいですね。なぜならこれらの言語は、世の中的に需要があるからですプログラミング初心者は何から始めればいい?【現役エンジニアが手順を解説】の記事で書きましたが、就職など仕事でプログラミングスキルを活かしたいなら、需要のある言語を選ぶことが必要です。

 

「稼ぐ力を身につけたい」「独立しても食べるに困らない状態を作りたい」こんな願望を持っている人は、需要のある言語から選ぶと良いです。なぜなら、世の中の仕事は需要と供給で成り立っているからですね。言語の需要があるということは、その言語の仕事がたくさんあるということ。つまり、その言語を身につけておけば、必要とされる場面が増えるので、結果として選べる仕事の選択肢も多くなるんですね。

 

一方、需要のない言語は、そもそも案件自体が豊富ではありません。市場に少ない案件しかないので、結果的に選べる仕事の選択肢も少なくなります。つまり、いつでも仕事を受注できるかといえば、そうではないということです。

 

ですから、「お金を稼ぐ」「生活のため」といった理由でプログラミングを学ぶなら、需要のある言語を選びましょう。需要のある言語を選べば、仕事に困ることは少なくなるからです。

 

具体的に需要のある言語も紹介しておくと、以下の図は言語別のフリーランスエンジニア向け業務委託案件のシェアです。

 

プログラミングスクール おすすめ

 

これを見ると、

 

  • No.1:Java(29%)
  • No.2:PHP(19.3%)

 

JavaとPHPの2つで、全体の約50%を占めています。火を見るより明らかですが、この2つの言語は需要が高いです。ですから、需要ある言語と言ったら、こういう言語を選ぶことがおすすめです。

 

このように、JavaやPHPは需要があるのでお勧めです。就職や転職先でも、これらの言語を使った開発案件があることが多いので、これらの言語に精通していると採用はされやすいかなと思います。

 

また、Rubyは上記データを見ると4.4%と少なめですが、Rubyは将来性のある言語なのでおすすめしています。特にWeb系のベンチャーなどに入りたい場合、Rubyを使っている企業が多いため、Rubyを学ぶと就職がスムーズになります。

 

未経験からプログラミングを身に付けて就職する方法

  • おすすめしない方法:独学して就職する
  • おすすめの方法:プログラミングスクールに通って就職する

 

方法は上記の通りです。

 

おすすめしない方法:独学して就職する

独学して就職もできないことはないですが、おすすめしていません。理由はシンプルで、学習のハードルが高い上に、就職も難しいからです。

 

プログラミング独学→就職についての考察は、詳しくはプログラミングを独学して就職ってできるもの?【現役転職エージェントが解説】で解説しています。独学しようかなと考えている人は読んでから一度考えてみてください。結論はおすすめできません。

 

おすすめの方法:プログラミングスクールに通って就職する

ということで、おすすめの方法は、プログラミングスクールに通うことですね。中でも就職支援がついているスクールがおすすめです。

 

就職支援付きのスクールとは、プログラミング学習+エンジニア就職サポートを一貫して受けられるスクールです。しかもこういった就職支援付きスクールは無料で利用できることも多いので、お金をかけることなくプログラミングを学び、就職までできてしまいます。

 

最近未経験からエンジニア就職や転職している人は、だいたいこの方法で就職しているケースが周囲を見ていても多いですね。実際、多くの就職支援付きスクールの就職決定率は90%以上です。ほとんどの人が就職・転職できています。

 

おすすめの就職支援付きスクール

とはいえ、就職支援付きのスクールと言ってもたくさんのスクールがあります。その中には良いスクールもあれば良くないスクールもあるので、良いスクールを選びたいところですね。

 

じゃあどんなスクールが良いかというと、実際に僕が使ったことのあるスクールでおすすめは以下のスクールです。

 

  • GEEK JOB                    :オフライン型で就職までしたい人向け
  • TechAcademyキャリア:オンライン型で就職までしたい人向け

 

就職・転職希望の方は、GEEK JOBTechAcademyキャリア、このどちらかを利用すると良いですよ。どちらも学習+就職サポートがセットになったスクールで、最短数ヶ月でエンジニア就職が実現できます。僕は無料体験などを通じて両方使ってみましたが、どちらも講師の質も良く、良いスクールでした。

 

実務経験がない状態で自分で転職活動しても、だいたい書類選考で落ちてしまうことが多いです。その点上記の2社で紹介してもらえる企業は、実務経験がない人でも採用してくれる企業です。その上、しっかり開発スキルが磨ける優良求人が揃っています。特にGEEK JOBは「無料」で受けられ、TechAcademyキャリアも転職できなければ受講料が全額返金されます。なので、どちらも金銭的なリスクはゼロですね。ですので迷っているくらいなら、まずは試してみることをお勧めします。

 

まだ就職まで決めてない人におすすめのスクール

一方、新卒の方で自分で就活をしたい方や、あるいはまずはプログラミングを学んでから就職や転職をしたい方は、就職支援がセットではない学習のみのプログラミングスクール を使うと良いです。学習のみのおすすめスクールはTechAcademyですね。

 

TechAcademyは初心者向けの定番スクールでして、僕も最初はここでプログラミングを勉強しました。1ヶ月で基本スキルがしっかり身につくカリキュラムなので、まずは短期集中でやってみると良いです。TechAcademyは7日間のオンラインプログラミング体験もできるので、まずは自分でできそうか、試してみると良いですね。以下からお試し可能です。

>>TechAcademy7日間無料体験はこちらから

 

上記3つのスクールについてはどれも無料or無料体験があるので、まずは試してみることが良いです。百聞は一見にしかず、自分で触ってみればよりわかります。無料体験等を受ける前により詳しいことを知りたい方は、現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール4社【無料あり】で上記3社含むおすすめスクール4社の費用やレッスンについて詳しくまとめています。参考にどうぞ〜。

 

まとめ

述べてきた通り、世の中的にエンジニアが不足していて、かつこの傾向はこの先10年以上続く見られるので、プログラミングスキルを身につけておくと就職に有利に働くことは間違いないと思います。

 

とはいえ、すでに就職している社会人の方の場合は実務経験が求められがちなのも事実です。プログラミングを自分で学びさえすれば簡単に就職できるかといえば、そうでないのも事実です。

 

だからこそ、今回ご紹介した就職支援付きのスクールを使って、就職を目指すことが一番確実ですね。結局PCの前であれこれ考えていても、現実は変わっていかないものです。プログラミングスクールを使えば1ヶ月もあれば基本スキルは習得できますから、悩んでいるくらいなら、まずは手を動かしてトライしましょう。

 

  • GEEK JOB                    :オフライン型で就職までしたい人向け(無料)
  • TechAcademyキャリア:オンライン型で就職までしたい人向け
  • TechAcademy              :まずはプログラミングを学んでみたい人向け(無料体験あり)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です