営業職の転職で失敗しないための極意と営業転職に強い転職エージェントランキング

 

営業職エージェントランキング
営業職におすすめのエージェントランキングTOP5です

人気No.1 doda
人気No.2 リクルートエージェント
人気No.3 マイナビエージェント
人気No.4 type転職エージェント
人気No.5 JAC Recruitment

営業の転職で重要な事とは?

 

業界を絞る

 

スムーズに転職することを考えると、これまでの知識や経験をそのまま活かせる同じ業界内で転職することが望まれます。

しかし、「転職」を検討しているのは「他の業界に関心がある」、「年収を上げたい」、「福利厚生の一層の充実」など様々な理由があるはずです。

だからといって、これまでのキャリアと関連性が極端に少ない業界への転職を進めていくことのは簡単なことではないでしょう。ですので、自分のこれまでの「経験や知識」と「転職に望むもの」とのバランスを考えて業界を適切に絞り、満足できる転職活動を行っていきましょう。

業界は「メーカー」「商社」「小売」「金融」「サービス」「ソフトウエア・IT」「広告・出版・マスコミ」「官公庁・公社・団体」の8つに分類できます。

 

業界を適切に絞るために2つの指針を挙げます。

1つめは「自分の経験してきた業界で絞る」です。あなたが「自動車製造」に関わる勤務経験がある場合、業界は「メーカー」に分類されます。メーカーはモノを作って売るサービスを行っているので、関心のある「モノ(製造物)」をいくつか挙げて、経験が活かせるものに絞りましょう。

2つ目は、「自分の経験が活かせる他の業界で探す」です。近年、自動車は自動運転技術が進み、これまで以上に「ソフトウェア・IT」業界との接点が大きくなると見込まれます。他業界に目を向け、あなたの経験・知識を活かせる場所を適度に拓いていく視点も大切です。

 

もし業界を絞れていない場合、あなたの強みや転職に望むことが明確になっていないのかもしれません。

そうなると、転職先が決まらなかったり、満足した転職に繋がらなかったりする可能性が高くなります。また、業界を適切に絞れていないと、志望動機があいまいになってしまいます。

 

扱う商品を絞る

 

商品の性質にも着目する必要があります。 扱う商材は大きく「有形商材」と「無形商材」の2つに分けることができます。

有形商材

有形商材は自動車・食料品・不動産など目で見て触れることができる商品です。有形商材であれば、商品の魅力を伝えていくプレゼンテーション能力が重要視されます。

無形商材

一方、情報・保険・インターネットサービスなどの無形商材は物理的に存在していない商品です。無形商材は有形商材に比べてイメージしにくい性質があるため、クライアントの課題を把握した上で商品が持つ魅力をプレゼンテーションしていく必要があります。

 

このように、扱う商品の性質によって必要とされるスキルの性質も異なってきます。

また、商品が自社商品なのか仕入れ商品かという違いもあります。

自社商品の場合は、自社のブランドイメージや自社が持つ強みを押し出した営業活動になりますし、仕入れ商品の場合はそれぞれの商品の魅力とそれぞれの会社を把握したうえでの営業活動になり、ステークホルダーの範囲がより広くなります。

 

商品を絞ることは、自分が営業職としてどのようなスキルを発揮していきたいのかを明確にする意味合いがあります。

商品の性質に着目することで、これまでの自分の経験・知識を客観視しながら、より適した転職先を絞っていけたり、ステップアップするための転職先を検討することができます。

商品を絞ることができていなければ、転職した際に自分の能力を存分に発揮できない可能性があります。

また、転職候補である会社への志望動機があいまいなものになってしまいます。そうならないためにも、商品を絞って転職活動を進めていくことが必要です。

 

営業方法を絞る

 

次に注目するのは「営業方法」です。ここでいう営業方法とは、新規営業、既存営業、コンサルティング営業、代理営業などのことです。

営業方法に注目する理由も、それぞれの営業方法ごとに要求されるスキルが異なるからです。

新規営業では、新たなお客さんとのアポイントメントをとることから始まり、一から商材を説明して販売する必要があります。

既存営業では、今後も継続的に商材を利用してもらうためにクライアントと良好な関係を築いていくことが求められます。

コンサルティング営業では、クライアントからのヒアリングで課題を把握したり、クライアントが気づいていない課題を見つけたりして、自社商材を活用した解決案を提示することが必要となるでしょう。

転職活動では、「実績のある営業方法」を選んでいくことをお勧めします。

なぜなら、経験してきた業界や商品の性質が異なる企業に転職したとしても、営業方法に求められスキルの本筋が同じならあなたの知識と経験を発揮できるからです。

また、業界、商品の性質をしっかりと絞ったうえで、これまで経験してきた「営業方法」というバックグラウンドがあれば採用選考に進める確率も高くなるでしょう。

転職活動では現在の「営業方法」を軸として、キャリアアップにつなげていくことが大切になります。

もし「実績のある営業方法」を選ばなかった場合には、転職先で営業方法をゼロから学んでいく可能性があります。

また、転職を希望する企業に対して、あなたのこれまでの「実績」がアピールにつながりにくくなります。

あなたが築いてきたキャリアを積み重ねていくという観点からも、実績があって、得意な営業方法を軸にしていきましょう。

 

希望の役職を決める

 

希望する役職についても検討しておきましょう。

会社によって名称が異なる場合がありますが、役職には課長、部長、事業部長、執行役員などがあります。

一般的には「課長」は現場の責任者として、担当する部門の売り上げ目標を達成するようなポジションです。部長は、課長よりも大きな視点で担当部門の業務内容や人事を管理しながら企業に貢献します。事業部長は、担当事業に関わる責任を負う立場であり、執行役員は運営を担うポジションになります。

現場に携わりながら業務を行いたいのか、会社の経営を担っていきたいのかも含めて検討することで、転職活動で成し遂げたいビジョンを確立していきましょう。

転職で役職を上げたい場合のポイントを3つ挙げます。

1つめは、現在の会社よりも規模の小さい会社を選ぶことです。規模の小さい会社は役職を担う候補者が少ないため、あなたの実績をアピールすれば希望する役職に迎えてもらえる確率が上がります。

2つ目は、現在の会社と競合関係にある会社を選ぶことです。競合している会社ということは、業務内容に共通点する部分が多いため、あなたが積み上げてきた経験が即戦力として評価されることに繋がります。実績が認められた場合には好待遇で役職を用意してくれる可能性があります。

3つ目は、あなたが実績を上げている分野の事業を新しく始めようとしている、あるいは始めたばかりの会社を選ぶことです。新規事業を立ち上げたばかりの会社は、ノウハウや業務知識が十分でないことが多いため、あなたの知識や経験が必要とされます。

役職を定めずに転職活動をすると、「現場最前線で働きたい」、「経営を担っていたい」といった「希望する仕事の性質」が異なってしまう可能性があります。また、築いていきたいキャリア像や転職活動で成し遂げたいビジョンの解像度が下がります。

 

希望年収を決める

 

転職活動においては「希望年収」を決めておきましょう。

「希望年収」を定めておくことで、仕事内容と年収のバランスで悩んだ際の判断基準が定まります。

年収を検討するにあたって、大切な2つのポイントを挙げます。

1つ目は、希望する業界の年収の相場を知ることです。業界によって平均的な給与に差があります。自分が希望する年収を提示する時には、まずは「相場」という基準点を把握しましょう。

2つ目は、自分の知識や経験がどのくらいの給与水準にあるのかを知ることです。自分の知識・経験・スキルを整理して、同じ業界・同じポジションの人の給与水準を調べて自分の市場価値の現在地を把握しましょう。

以上のポイントを押さえた上で、2つのケースを例に挙げて、それぞれの希望を実現するためのポイントを解説します。

 

【現職同等の年収を希望する場合】

 

「現在のあなた」をしっかりとプレゼンテーションしましょう。

自分のこれまでの成果や培ってきた経験、スキルを整理して転職希望先企業にも通用することをアピールします。

面接では、転職希望者のスキル、人間性、受け答えの仕方など様々な面から「現在のあなた」を見られています。選考過程を通してあなたが「十分に満足できる候補者」となれた場合には一定の処遇で採用される可能性が高まります。

 

【現職よりも高いの年収を希望する場合】

 

「自分だから実現できること」を提案しましょう。

 

当然のことですが、求人を出している企業は「企業価値」高めて未来を拓いてくれる人材を求めています。

高い年収を希望する場合には、自分の知識・経験・スキルを活用して具体的に「実現できる」ことを伝えることを意識しましょう。

 

 

営業職の転職に強いエージェントを利用する

 

転職エージェントは、あなたの転職に対しての希望を把握して、適した求人を紹介してくれたり、面接のサポートしてくれたりするサービスです。

転職エージェントを「業界」という切り口で見た時、幅広い業界の求人を扱う「総合型」と、特定の業界の求人を扱う「業界特化型」があります。

営業職での転職活動において「職種」という切り口で見た場合には、それぞれの転職エージェントによって得意な職種が異なります。

満足できる転職活動を行うためには、あなたに適した「営業職に強い転職エージェント」を見極めることが必要です。

営業職に強い転職エージェントを見極めるポイントを2つ紹介します。

1つめは、「他の転職エージェントと比べて営業職の求人数が多いこと」です。営業職の求人検索をかけてみて、自分が望む業界、商品、営業方法で絞り込みを行い豊富に求人があるかどうかを確かめましょう。

2つ目は、「営業職について掘り下げた話ができるかどうか」です。多くの転職エージェントでは、あなたの希望条件を把握するために面談を行います。その際に、あなたの希望する業界、商品、営業方法など細かいところまで伝えましょう。そして、あなたの希望をスムーズに把握して話を進めてくれるかどうかをじっくりとみましょう。

もし、「営業職に弱いエージェント」を利用した場合には、あなたの希望条件を十分に把握できていないことから、的外れな求人を紹介される可能性があります。

また、限られた求人の中から転職先を検討することになるため、希望する転職先が見つからないことが多いでしょう。

転職活動の良きパートナーとして営業職に強い転職エージェントを見極めて、満足いく転職活動を行えるようにしていきましょう。

 

営業職エージェントランキング
営業職におすすめのエージェントランキングTOP5です

人気No.1 doda
人気No.2 リクルートエージェント
人気No.3 マイナビエージェント
人気No.4 type転職エージェント
人気No.5 JAC Recruitment

 

人気記事おすすめの転職エージェント12選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です