女性向け転職エージェントランキング

プログラマー、Webデザイナー、どっち

女性におすすめの転職エージェントの特徴

女性の転職市場とは?

女性の平均年収は全世代において男性より低くなっています。20代では男性が約360万円なのに対し、女性は約320万円です。50代では男性が約670万円に対し、女性が約440万円と大きく差が開いています。

業種別でも、全ジャンルで男性が女性を上回っています。金融は男性が約560万円で、女性が約380万円です。このように、性別で100万円以上の大きな差がついている業種は少なくありません。都道府県別に見ても、全地方で男性の平均年収の方が上です。関東地方では、ほぼすべての都県で、男性の平均年収が女性の平均年収より100万円以上多くなっています。

男女平等が叫ばれるようになって久しく、女性の社会進出という言葉は、当たり前のように使われています。しかし、現実を見ると女性の待遇が男性と同等となったとは言い難いというのが実情です。転職市場においても、性別が不利に働いてしまうケースは残念ながら存在します。やはり、男性と同等の条件を引き出すのが難しいことが多いようです。

女性が転職を成功させるためには、どうすればよいのでしょうか。答えの一つに、転職エージェントがあります。転職エージェントとは求職者と企業の間に立ち、マッチングを行うサービスのことです。求職者一人一人に専属のコンサルタントがつき、転職活動をサポートしてくれます。

20代と50代の平均年収の男女差を見て分かるように、女性のキャリア形成には難しいものがあります。だからこそ、転職のプロのサポートを受けるべきなのです。

求職者の希望を聞き出し、条件にマッチした企業を紹介するだけではなく、書類の添削や面接対策、企業と入社日や条件の交渉も行います。長期的なキャリアプランの相談にも乗ってくれるので、転職でステップアップを目指すのであれば、転職エージェントは絶対に利用すべきです。

この記事では特に女性におすすめの転職エージェントの特徴について紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

女性におすすめエージェントランキング
非公開求人数の多いエージェントのランキングTOP3です
人気No.1 大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】
人気No.2 type転職エージェント
人気No.3 リクルートエージェント
人気No.4 マイナビエージェント
人気No.5 doda

女性が比率高い職種の求人が豊富

女性の比率が高い職業には、歯科衛生士、保育士、栄養士などがあります。いずれも90%を越えています。これらの職種での転職を目指すのであれば、迷わずそうした求人が多い転職エージェントを選びましょう。そうでない転職エージェントと比べると、選択肢の幅に圧倒的な差が出ます。メリットは多くの求人に応募できるということだけではありません。職種の相場感や、選考の傾向といった有益な情報も得られます。

しかし、上で挙げた職種はいずれも専門的なもので、それらの求人が豊富だからといってメリットにはならないという人の方が多いかもしれません。他に女性比率が高い職種にはなにがあるのでしょうか。

事務職は上記の職種ほどではありませんが、女性の比率はかなり高く80%を越えています。事務職は会社にとって必要不可欠な存在で、求人も多くあります。事務職での転職を目指すのであれば、特に事務職に強い転職エージェントを探してみるというのも一つの手です。

接客、販売などのサービス業は、実際の男女比に大きな差はありませんが、女性が多く従事しているイメージがありますね。店舗やサービスの性質によって、男性より女性が求められるというシチュエーションは少なくありません。サービス業に強い転職エージェントであれば、そうした傾向も把握しているのでおすすめです。

WebデザイナーなどのIT業界は、新しい企業が多く古い慣習に縛られていないため、女性が活躍しやすいようです。社風なども転職エージェントが教えてくれるでしょう。

世の中には無数の転職エージェントがありますが、その中で一度に利用できるのは3つ程度です。自分に合わないと感じたら変えるということもできます。しかし、頻繁に変えるのは時間の無駄です。新たなエージェントに登録し自分の希望を伝えるだけでも、それなりの時間を要します。信頼関係を構築するには、さらに多くの時間が必要です。転職エージェント選びは、できるだけ失敗したくありませんね。ポイントの一つが、自分に合った求人を多く保有しているかどうかです。

ダイバーシティに取り組む企業の求人に強い

近年、非常に注目されているダイバーシティ。直訳すると多様性という意味で、年齢、性別、人種、宗教、趣味嗜好などを問わず、さまざまな人が集まっている状態のことです。企業においては、多様な人材を雇用し活用するということを指しています。それによって組織の生産性や競争力を高める経営戦略です。国内の労働人口は、2008年をピークに減少を続けています。今後も減少は加速を続けていくと見られていて、企業にとって労働力の確保は重要な課題です。そのため、多様な人材を活かすというダイバーシティの考え方が注目されているのです。

日本の企業はこれまで、男性社員を主な働き手として捉えてきました。また、女性は結婚や出産で退職する前提で採用を行ってきています。そのため、重要な仕事は男性が行い、女性は補助的な仕事をするものという意識が強くありました。「お茶くみ」、「コピー」などは、典型的な例だと言えるでしょう。ダイバーシティは、こうした性別による役割分担を否定しています。性別を含む、さまざまな属性の壁を取り払い、誰もが適性に合った働き方をできる環境を目指しています。人の属性の多様性だけでなく、働き方の多様性もダイバーシティには含まれています。昨今、育児や介護を行いながらでも働けるよう、リモートや時短勤務の導入に取り組む企業が増えてきているようです。育児休暇や介護休暇といった制度も、推進されています。

前述の通り、女性は結婚、出産を期に退職するという意識が日本の企業には色濃くありました。長く務めている女性が、居心地の悪さを感じてしまうということは少なくなかったようです。

ダイバーシティに取り組んでいる企業であれば、そうした心配は少なくて済みます。優秀な人材は長くいてほしいと考えるため、働きやすい環境作りや、中長期のキャリアのサポートに積極的です。

転職を考える際は、ダイバーシティについても重点を置いてみてください。取り組んでいない企業は、旧態依然とした女性が力を発揮できない職場環境かもしれません。転職エージェントにダイバーシティについても相談してみましょう。

女性が活躍する企業の求人に強い

前述の通り、日本の労働人口は減少の一途を辿っています。そんな中、女性は働き手として大いに期待されています。政府が管理職の女性比率を上げるよう目標を掲げ、実際に施策を行っている企業も少なくありません。現状では女性の管理職率は10%を上回っていませんが、伸びていくことは間違いないでしょう。女性を積極的に管理職に登用している企業では、女性がキャリアを形成する環境も整っていると考えるべきです。女性なら、誰でも管理職になれるというわけではありません。有能な女性でなくてはならないのです。有能な女性を管理職に登用するためには、どうすればよいのでしょうか。

まず、女性が能力を発揮できる環境でなければなりません。管理職になる一部の女性だけでなく、すべての女性が適性に合った仕事を受け持ち、結果を出しやすいといった環境です。

そんな中で頭角を表してきた女性に、管理職への道が開けていくのです。性別で評価が変わってしまうような企業だと、これが難しいでしょう。女性が管理職になりやすい企業は、人事評価が公正で昇進、昇格の基準が明確である可能性が高いと言えます。

女性の管理職の多さは、女性社員がキャリアを形成しやすいかどうかの基準として注目すべきポイントです。

まれに女性を管理職に据えることを目的としている企業がありますが、それでは本末転倒です。女性だからという理由で優遇されてしまっては、適性のない社員が管理職になってしまうかもしれないし、企業全体のモチベーションにも影響します。

表向きだけ、女性が活躍できると謳っている企業には気を付けてください。もちろん逆のパターンもあります。女性が活躍できると言いながら、実際は古い男尊女卑体質が残っている企業です。

こうした企業を見分けるには、転職エージェントのアドバイスが有効です。実際に女性が活躍できる企業を教えてくれるでしょう。

また、女性が活躍する企業の転職に強いエージェントであれば、キャリア形成のカウンセリングやアドバイスも行ってくれます。

女性の転職サポート実績が豊富

転職エージェントを選ぶ際に重視するポイントとして、抱えている求人数や、特定の業界に強いかどうかがあります。これにプラスして女性のサポート実績が豊富かどうかもチェックしてみてください。

女性の求人を前面に押し出している転職エージェントは多数あります。女性のサポート経験が豊富な転職エージェントは、女性の雇用に積極的な企業とのコネクションを多く持っています。それがあるからこそ、多くの実績を残せているのです。企業の内部情報にも詳しいので、実際の女性の労働環境についても詳しく教えてくれます。

転職エージェントと企業との信頼関係が確立されているのも強みです。両者の意志疎通がしっかりしているので、キャリア形成などのビジョンもしっかり共有出来ています。長い目で見て、働きやすい企業を紹介してくれるでしょう。

産休や育休を取得するつもりであれば、そのこともしっかりとエージェントに相談してください。制度を利用しやすい企業を紹介してくれます。

非公開求人を紹介してもらえるというのも、転職エージェントを利用するメリットです。非公開求人とはインターネット上には掲載されず、一部の条件にマッチする利用者にだけ紹介される求人のことを言います。公開求人にすると応募が殺到してしまうような魅力的な求人が多いので、紹介してもらえるものがあれば、ぜひ検討してください。

女性のサポート実績が豊富な転職エージェントであれば、非公開求人も女性にとって魅力的な案件を多数保有している可能性が高いと言えます。ここでも企業とのコネクションがものを言うからです。

また、女性の転職に強いエージェントであれば、女性のキャリアコンサルタントが数多く在籍しているという点も注目すべきポイントです。男性には相談しにくい、女性ならではの悩みもあるでしょう。女性コンサルタントであれば気兼ねなく話せるし、親身になって相談に乗ってくれます。

譲れない条件がある場合や、長期的なキャリア形成を考えている場合は女性のサポート実績が豊富なエージェントを選ぶようにしましょう。

実績が分からないというのであれば、転職エージェントの口コミを見るのがおすすめです。エージェントのサポートはどうだったか、転職した企業の働きやすさはどうかなどは、生の声がもっとも参考になりますよ。

非公開求人の多いエージェントランキング
非公開求人数の多いエージェントのランキングTOP3です
人気No.1 大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】
人気No.2 type転職エージェント
人気No.3 リクルートエージェント
人気No.4 マイナビエージェント
人気No.5 doda

 

人気記事おすすめの転職エージェント12選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です