【20代】初めての転職でエージェントを利用する7の理由と転職エージェントランキング

初めての転職でエージェントを利用する6のメリット

1.面接対策をしてくれる

初めての転職となると、どのような準備を行うべきかも分からないでしょう。選考通過の確率を上げるために、プロの力を借りるべきです。

転職エージェントは、転職活動の大きな関門である面接をさまざなな形でサポートしています。

・面接セミナーで基礎を指導(強調)
転職において最も重要な関門として、面接があります。転職の面接となると、アピールするポイントや伝え方も、新卒の時の面接とはまた異なります。

転職特有の流れや注意点などを知らないまま臨むと、面接で上手く回答できないかもしれません。セミナーで基本的なポイントを抑えておけば安心です。個別に模擬面接を行っているセミナーもあるので、面接に自信がない人は参加をおすすめします。

・一対一の面談でスキルの棚卸(強調)
20代の求職者は、自分にはアピールポイントが少ないと悩んでしまいがちです。自分ではそこまで実感がなかったとしても、強みやスキルは知らず知らずのうちに身についているものもあります。
転職エージェントは面談によってキャリアの棚卸しを手伝いながら、求職者本人が気付いていない強みやスキルをピックアップしていきます。

そうすることで求職者に自信が生まれ、胸を張って面接に臨めるようになるでしょう。

・転職のプロならではのアドバイス
転職エージェントは転職市場全体の動向や、各企業の特徴を熟知しています。世の中全体の転職市場としてどんな傾向にあるのか、どんな職種に需要が多いのかなどのマクロの観点から現在が転職するのにポジティブなのか、ネガティブなのかといった傾向を把握しています。

また、企業ごとに、どんな人物が求めれているのか、面接ではどんなポイントをアピールするべきなのかといった詳細なアドバイスが可能になります。

これらのサポートは、確かなノウハウを持ったプロだからこそ行えるものです。単独では、合理的な対策をとることは難しいでしょう。

2.職務経歴書の作成サポートをしてくれる

職務経歴書の作成サポートも、転職エージェントの代表的なサービスです。サポートを受けることで、職務経歴書のクオリティは各段に上がるでしょう。

・第3者のチェック
書いた本人には不可能な客観的な視点で判断ができるという点がポイントです。自分自身では十分に伝わると思って書いた箇所でも、他人が読んだら分からないということは往々にしてあります。外側から見る視点が加わるというのは大きなメリットです。

・情報の取捨選択
自分では書くほどではないと思っている情報でも、企業側からすると非常に魅力的だということがあるかもしれません。
また、逆に書きすぎてしまいアピールポイントがわかりづらくなるという場合もありますので、無駄がなく、かつ要点を絞った情報をきちんと整理して記述ことが求められます。

・プロの視点で添削
業界や業種によって求める人材像は異なり、転職エージェントでは人材のニーズに合わせた職務経歴書の添削指導が可能です。
また、求職者のキャリアや目指す方向に応じた書き方も教えてくれます。しっかりとアピールできる職務経歴書を作るには、プロの手助けが必要不可欠と言えるでしょう。

3.非公開求人を紹介してくれる

転職エージェントの多くが、独自の非公開求人を保有しています。非公開求人とは、転職エージェントが自社サイトや転職サイトなどに公開していない求人のことです。

非公開求人を紹介してもらえることは、転職エージェントに登録する大きなメリットの1つです。各転職エージェントが保有する求人の約8割が、非公開求人であると言われています。

転職エージェントに登録しなければ、それだけ多くの求人を見逃すということになるのです。

4.給与交渉をしてくれる

多くの求職者にとって、給与は転職先を選ぶ上で大きなウエイトを占めるものでしょう。しかし、採用企業に対してお金の交渉はなかなか切り出しにくいものです。タイミングを間違えると、悪い印象を与えてしまうかもしれません。

求職者にとって重要であると同時にセンシティヴな問題でもある給与交渉を、転職エージェントは代行してくれます。

・転職エージェントに給与交渉を任せるべき理由
転職エージェントに交渉を任せることで、給与アップの確率が高まります。転職エージェントと企業とでは立場が対等なので、遠慮なく交渉が行えます。遠慮はなくとも、どの程度までは交渉可能なのか限度は心得ているので、無理が生じることもありません。

また、求職者の市場価値の判断も正確です。提示された給与がそれよりも低ければ、明確な根拠を持って交渉に臨んでくれます。単独での交渉ではこうした基準がないので、話がスムーズに進まないし、悪い印象に繋がる可能性もあります。

・給与交渉のポイント
転職エージェントに給与交渉を任せるにあたり、「このラインは譲れない」という最低給与額と、「できればこれくらい欲しい」という希望給与額を伝えましょう。ただ、これはあくまで希望金額であり、転職エージェントに給与交渉を任せたとしても、必ず好条件を引き出せるわけではないということは覚えておいてください。

5.現在の会社との退職交渉のアドバイスをしてくれる

内定を受諾したとしても、そのまますぐに転職先で勤務開始というわけにはいきません。現職の会社と退職交渉を行う必要があります。

実は、これがとても難しく。転職活動よりも苦労したという声も多く聞かれますが、この点でも転職エージェントからアドバイスを受けることはできます。

・転職エージェントに退職交渉のアドバイスを受けるべき理由
転職エージェントでは多くの事例を知っています。転職を成立させてきているということは、その数だけの退職希望者に出会ってきているからです。

退職交渉は基本的に辞めたい側と辞めさせたくない側という構図で、そもそものベクトルが違うので、交渉が行き詰まりがちです。初めての転職となればなおのことで、思わぬトラブルに発展することもあります。転職エージェントのアドバイスは、必ず受けるべきです。

6.20代に強い転職エージェントがある

世の中には数えきれないほどの転職エージェントがあり、選択に迷ってしまうということもあるでしょう。20代がどんな転職エージェントを選ぶべきかについて解説します。

・20代が選ぶべき転職エージェント
20代に強い転職エージェントとはどのようなものなのでしょうか。サポートの内容について掘り下げて解説します。

20代は社会人経験が少なく、転職活動にも不安を感じることが多い筈です。不安を取り除くサポートに力を入れているエージェントはおすすめです。面接対策や職務経歴書添削はとても頼もしいサポートとなるでしょう。

また、20代はキャリアの土台形成に大切な時期です。経験を積み、スキルを習得することを意識してください。内定獲得だけを目的とするのではなく、その先のキャリアも想像すべきなのです。5年後、10年後と先を見据えるためにも、カウンセリングに力を入れているエージェントもおすすめです。

以下でご紹介するエージェントはまさにこのような手厚いサポートが受けられるエージェントとしておすすめです。

20代おすすめエージェントランキング

おすすめの転職エージェント12選

エージェントサイト求人数非公開求人数対象エリア対象年齢層対象年収対象職種対象業界スカウト直接面談履歴書添削面接対策面談日程調整給与交渉
1位doda71,55935,646全国20~40代全年収クラス対応営業
販売・サービス
企画・管理職、事務
小売・外食
IT・通信関連
メディア
金融
2位リクルート
エージェント
107,818137,991全国20~50代全年収クラス対応営業
ITエンジニア
事務
電気・機械・科学エンジニア
IT・通信関連
医薬
機械・輸送機器
※全業種実績有
3位JAC
リクルートメント
8,92313,385全国30~40代年収600万円以上技術系
営業
管理部門
ITエンジニア
IT・通信関連
ヘルスケア
4位マイナビ
エージェント
22,55790,228全国20~30代全年収クラス対応営業
企画・管理職
販売・サービス
電気・機械・科学エンジニア
サービス業
メーカー
IT・通信関連
流通・小売
5位ビズリーチ148,323非公開全国20~50代年収600万円以上不明不明
6位ランスタッド8,0006,400グローバル20~50代年収400万円以上ITエンジニア
営業
事務・管理職
ヘルスケア
マーケティング・企画
不明
7位キャリア
カーバー
75,256非公開全国30~50代年収800万円以上不明不明
8位type転職
エージェント
8,40013,300全国20~30代全年収クラス対応営業
ITエンジニア
企画・管理職
販売・サービス
IT・通信関連
販売・サービス
メーカー
金融
9位ハタラクティブ非公開非公開関東、大阪、名古屋、福岡、その他20代全年収クラス対応ITエンジニア
接客・販売
営業
製造エンジニア
メーカー
人材紹介・派遣、IT・通信関連
理容・美容
10位DYM就職非公開非公開全国10~20代ニート・フリーターでもOK不明不明
11位ワークポート26,50018,550全国20~30代全年収クラス対応不明不明
12位パソナ
キャリア
35,089非公開全国30~60代全年収クラス対応技術系
営業
管理部門
ITエンジニア
IT・通信関連
医療関連
流通・小売、電気・電子半導体

 

未経験の転職こそエージェントが必要

転職エージェントは、転職活動をさまざまな角度からサポートしてくれる頼もしい存在です。特に右も左も分からない未経験の転職では、必須と言えるでしょう。

・未経験の転職でエージェントを利用するメリット
未経験の転職を勝ち抜くために必要なのは、まず第一に「情報」です。「未経験可」だとしても、業界に関する知識がなければ意欲もないと見られてしまうでしょう。転職エージェントは業界の事情に精通しているため、多くの有用な情報を聞き出せます。

未経験のハンディキャップを埋めるためには、自分の魅力を最大限に伝えなければなりません。そのために重要なのが「職務経歴書」や「面接」です。前述の通り、転職エージェントはこれらの指導を行ってくれます。基礎はもちろん、業界ごとの対策も事細かに教えてくれるでしょう。

未経験の転職は、基本的にマイナスから始まります。それをプラスに変えてくれるのが転職エージェントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です