【20代】初めての転職でエージェントを利用する7の理由と転職エージェントランキング

初めての転職でエージェントを利用する7のメリット

 

面接対策をしてくれる

 

初めての転職となると、どのような準備を行うべきかも分からないでしょう。選考通過の確率を上げるために、プロの力を借りるべきです。

転職エージェントは、転職活動の大きな関門である面接をさまざなな形でサポートしています。

 

面接セミナーで基礎を指導

 

多くの転職エージェントが、面接セミナーを定期的に開催しています。

求職者のほとんどは面接に慣れていないことでしょう。流れや注意点などを知らないまま臨むと、上手く回答できないかもしれません。セミナーで基本的なポイントを抑えておけば安心です。

個別に模擬面接を行っているセミナーもあるので、面接に自信がない人はぜひ参加してみてください。

 

一対一の面談

 

20代の求職者は、自分にはアピールポイントが少ないと悩んでしまいがちです。そうした状態では自信も持てず、回答に詰まってしまうということもあり得ます。

経験の少なさが原因ですが、短いキャリアの中でも強みやスキルは案外身についているものです。

転職エージェントは面談によってキャリアの棚卸しを手伝いながら、求職者本人が気付いていない強みやスキルをピックアップしていきます。

そうすることで求職者に自信が生まれ、胸を張って面接に臨めるようになるでしょう。

 

転職のプロならではのアドバイス

 

転職エージェントは転職市場全体の動向や、各企業の特徴を熟知しています。

求められている人物像や、面接の内容などを正確に把握しているのです。それらの情報を基に、強調すべきポイントや、出される質問の傾向などをアドバイスしてくれます。

これらのサポートは、確かなノウハウを持ったプロだからこそ行えるものです。単独では、合理的な対策をとることは難しいでしょう。

 

職務経歴書の作成サポートをしてくれる

 

職務経歴書の作成サポートも、転職エージェントの代表的なサービスです。

支援を受けることで、職務経歴書のクオリティは各段に上がるでしょう。以下のようなサポートをしてくれます。

 

第3者のチェック

 

自分だけではなく第3者のチェックが入ることで、誤字・脱字の見落としはかなり減るでしょう。複数人体制でチェックができるというのは、それだけでもありがたいものです。

また、書いた本人には不可能な客観的な判断ができるという点もポイントです。自分自身では十分に伝わると思って書いた箇所でも、他人が読んだら分からないということは往々にしてあります。「自分」を外側から見る視点が加わるというのは大きなメリットです。

 

情報の取捨選択

 

自分では書くほどではないと思っている情報でも、企業側からすると非常に魅力的だということがあるかもしれません。

転職エージェントと面談を行っていれば、アピールポイントとなる情報を的確に記述するようアドバイスをもらえるでしょう。

職務経歴書はA4の用紙2枚程度が一般的です。その限られたスペースの中で、何を伝えるべきで、何を省くべきなのか、指導してくれます。

 

プロの視点で添削

 

業界や業種によって求める人材像は異なり、職務経歴書もそれに合わせる必要があります。転職エージェントは、人材のニーズに合わせた職務経歴書の添削指導が可能です。

また、求職者のキャリアや目指す方向に応じた書き方も教えてくれます。1人で仕上げた職務経歴書は体裁を整えることに意識を奪われ、当たり障りのないものになってしまいがちです。

しっかりとアピールできる職務経歴書を作るには、プロの手助けが必要不可欠と言えるでしょう。

 

非公開求人を紹介してくれる

 

転職エージェントの多くが、独自の非公開求人を保有しています。非公開求人とは、転職エージェントが自社サイトや転職サイトなどに公開していない求人のことです。

非公開求人を紹介してもらえることは、転職エージェントに登録する大きなメリットの1つです。各転職エージェントが保有する求人の約8割が、非公開求人であると言われています。

転職エージェントに登録しなければ、それだけ多くの求人を見逃すということになるのです。

 

非公開求人のメリット

 

非公開求人は、転職エージェントが保有する求人情報の8割を占めるというのは前述の通りです。その中には、大手有名企業の求人が多数あります。

公開求人で募集すると応募が殺到してしまうような企業が、非公開求人を利用しているためです。多数の応募の中から多大な労力をかけて絞りこむよりも、転職エージェントを介して求めている人材をピンポイントで紹介してもらおうという狙いです。

企業が求めている人材像が明確なことが多く、転職エージェントもそれに見合った求職者を紹介します。そのため、スムーズに転職活動が進められます。

非公開求人の注意点

 

転職エージェントは、企業が求める人材像にマッチした求職者にのみ非公開求人を紹介します。求職者の経験やスキルが足りなければ、非公開求人は紹介してもらえない可能性があるのです。幹部クラスの求人も多く、20代の求職者にとってはネックとなるポイントと言えそうです。

魅力的な非公開求人に出会うためには、複数の転職エージェントに登録するとよいでしょう。幅広い業種の求人情報を保有する大手エージェント、特定の分野に強みがある中小エージェントなど、異なる特徴を持った複数のエージェントへの登録をおすすめします。

 

給与交渉をしてくれる

 

多くの求職者にとって、給与は転職先を選ぶ上で大きなウエイトを占めるものでしょう。しかし、採用企業に対してお金の交渉はなかなか切り出しにくいものです。タイミングを間違えると、悪い印象を与えてしまうかもしれません。

求職者にとって重要であると同時にセンシティヴな問題でもある給与交渉を、転職エージェントは代行してくれます。

 

転職エージェントに給与交渉を任せるべき理由

 

転職エージェントに交渉を任せることで、給与アップの確率が高まります。求職者と企業とでは、どうしても企業の方が立場が上になってしまうでしょう。

しかし、転職エージェントと企業とでは立場が対等なので、遠慮なく交渉が行えます。遠慮はなくとも、どの程度までは交渉可能なのか限度は心得ているので、無理が生じることもありません。

また、求職者の市場価値の判断も正確です。妥当な金額をアドバイスしてくれるし、提示された給与がそれよりも低ければ、明確な根拠を持って交渉に臨んでくれます。単独での交渉ではこうした基準がないので、話がスムーズに進まないし、悪い印象に繋がる可能性もあります。

 

給与交渉のポイント

 

転職エージェントに給与交渉を任せるにあたり、「このラインは譲れない」という最低給与額と、「できればこれくらい欲しい」という希望給与額を伝えましょう。経験やスキル、転職前の給与などで、金額の根拠を示すことも大切です。

また、業界の水準も知っておかなければなりません。それを越えた金額での交渉は無謀です。転職エージェントも、そのままでは応じてはくれないでしょう。

転職エージェントに給与交渉を任せたとしても、必ず好条件を引き出せるわけではないということは覚えておいてください。

 

現在の会社との退職交渉のアドバイスをしてくれる

 

内定を受諾したとしても、そのまますぐに転職先で勤務開始というわけにはいきません。現職の会社と退職交渉を行う必要があります。

実は、これがとても難しいのです。転職活動よりも苦労したという声も多く聞かれます。転職エージェントも退職交渉までは代行してくれませんが、アドバイスを受けることはできます。

 

転職エージェントに退職交渉のアドバイスを受けるべき理由

 

転職エージェントが退職交渉の場に立ち会うことはありません。しかし、多くの事例を知っています。転職を成立させてきているということは、その数だけの退職希望者に出会ってきているからです。

退職交渉がうまくいかず、転職失敗となると不利益を被るのは当人だけではありません。転職エージェントの損失にもなります。全力でサポートしてくれるでしょう。

退職交渉は基本的に辞めたい側と辞めさせたくない側という構図で、そもそものベクトルが違うので、交渉が行き詰まりがちです。初めての転職となればなおのことで、思わぬトラブルに発展することもあります。転職エージェントのアドバイスは、必ず受けるべきです。

 

入社のタイミング

 

転職先から、入社可能日を聞かれた際、早い方が心象がいいだろうと非現実的な入社日を答えるのは控えなければなりません。前職の会社の引継ぎなどを考え、「現実的な入社日」と「交渉次第では実現可能かもしれない入社日」を併せて答えておくとよいでしょう。

前職の会社との交渉は自分で行わなければなりませんが、転職先との交渉であれば転職エージェントが直接力になってくれます。退職交渉が長引きそうだと感じたら、入社日についても転職エージェントに相談してみてください。

 

20代に強い転職エージェントがある

 

世の中には数えきれないほどの転職エージェントがあり、選択に迷ってしまうということもあるでしょう。20代がどんな転職エージェントを選ぶべきかについて解説します。

 

転職エージェントの選び方

 

まずは基本の選び方です。保有する求人情報は多い方がよいでしょう。ただし、目指す方向性が決まっているのであれば、求人情報の総数は少なくとも特定の業種に強いエージェントの方がよいということもあります。

求人情報の数だけでなく、年収アップ、キャリアアップに繋がるかどうかも考慮に入れるべきです。正社員の求人が多いか、能力が活かせる求人があるかなどもチェックしてください。

また、ここまで紹介してきたサポートはエージェントごとに詳細が異なります。内容を比較し、自分に合ったものを選びましょう。

 

20代が選ぶべき転職エージェント

 

20代に強い転職エージェントとはどのようなものなのでしょうか。サポートの内容について掘り下げて解説します。

20代は社会人経験が少なく、転職活動にも不安を感じることが多い筈です。不安を取り除くサポートに力を入れているエージェントはおすすめです。面接対策や職務経歴書添削はとても頼もしいサポートとなるでしょう。

また、20代はキャリアの土台形成に大切な時期です。経験を積み、スキルを習得することを意識してください。内定獲得だけを目的とするのではなく、その先のキャリアも想像すべきなのです。5年後、10年後と先を見据えるためにも、カウンセリングに力を入れているエージェントもおすすめです。

20代に強いと公言しているエージェントや、20代から評判が高いエージェントは数多くあります。上記のようなサポートに強みを持っている筈なので、詳細をチェックしてみてください。

 

20代おすすめエージェントランキング
20代におすすめのエージェントランキングTOP5です

人気No.1 ハタラクティブ
人気No.2 ビズリーチ
人気No.3 DYM就職
人気No.4 doda
人気No.5 type転職エージェント

20代の場合は、転職経験も少なく転職慣れしていません。だからこそ、面接対策や、レジュメ作成のサポート、企業の選び方など、様々なサポートが必要となります。

また、中途採用の場合、企業が求めるのはやはり一定の経験やスキルを持った人材となりますが、20代の転職の場合は、未経験者でもOKの求人をどれだけ保有しているかが重要です。 特に20代の転職の場合は、この2点に特化した20代専門の転職エージェントを利用することをおすすめします。

未経験の転職こそエージェントが必要

 

転職エージェントは、転職活動をさまざまな角度からサポートしてくれる頼もしい存在です。特に右も左も分からない未経験の転職では、必須と言えるでしょう。

未経験ゆえの弱みをカバーし、見つかりにくい強みを見つけ出してくれます。採用確率を少しでもアップさせるために、ぜひ転職エージェントを利用してください。

 

未経験の転職はハードルが高い

 

企業が中途採用の求人を行う場合、多くは即戦力を求めています。「未経験可」の求人でも、実際には経験者が優遇されるというケースは少なくありません。条件を緩くして、応募者を増やそうとしているのです。

そうした求人には多数の応募が集まり、経験者もかなりの割合で混ざっています。なんの対策もせずに競争を勝ち抜くのは困難です。

また、未経験者は業界の事情に疎いという弱点もあります。転職活動を行うにあたり、業界特有のルールや対策について知識がないのです。なんのサポートもない未経験の転職は、無謀と言えるでしょう。

 

未経験の転職でエージェントを利用するメリット

 

未経験の転職を勝ち抜くために必要なのは、まず第一に「情報」です。「未経験可」だとしても、業界に関する知識がなければ意欲もないと見られてしまうでしょう。転職エージェントは業界の事情に精通しているため、多くの有用な情報を聞き出せます。

未経験のハンディキャップを埋めるためには、自分の魅力を最大限に伝えなければなりません。そのために重要なのが「職務経歴書」や「面接」です。前述の通り、転職エージェントはこれらの指導を行ってくれます。基礎はもちろん、業界ごとの対策も事細かに教えてくれるでしょう。

未経験の転職は、基本的にマイナスから始まります。それをプラスに変えてくれるのが転職エージェントです。

 

20代おすすめエージェントランキング
20代におすすめのエージェントランキングTOP5です

人気No.1 ハタラクティブ
人気No.2 ビズリーチ
人気No.3 DYM就職
人気No.4 doda
人気No.5 type転職エージェント

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です