未経験からTechAcademyキャリアを受講!就職事情や効果の全貌を語ります

Techacademyキャリア

プログラミング学習と転職サポートがセットになった特別コース「TechAcademyキャリア」は、新しくエンジニア転職保証コースとしてリニューアルしました。

 

当記事は「エンジニア転職保証コース」のレビューです。記事内でTechAcademyキャリアと記載の箇所は「エンジニア転職保証コース」と置き換えて読んでいただければと思います。

 

  • 「今の仕事はスキルも身につかないし、エンジニアにキャリアチェンジをしたいなぁ。TechAcademyキャリアが良さそうかなと思っているんだけど、初心者でもちゃんと就職できるのかな?」

 

こういった疑問に答えていきます。

 

結論から言いますと、TechAcademyキャリアを使えば未経験から最短数ヶ月でエンジニア転職ができます。

 

以下のいずれかに当てはまる30歳以下の方であれば、TechAcademyキャリアは最適な選択肢の一つだと思いますよ。

 

  • 未経験からIT転職をしたい20代の方
  • 地方在住など、オンラインで学習を進めたい方
  • 格安でプロのサポートを受けたい方

 

TechAcademyキャリアでは現在、就職・転職を検討している20代を対象に、手厚い保証と就職サポートがついた特別コース「TechAcademyキャリア」を開講しています。

 

このコースを使えば、最も需要の高い言語であるJavaプログラミングを8週間で学び、就職・転職までの保証を受けることができるんですよね。

 

費用は179,000円ですが、なんと、就職・転職できなければ全額返金の保証もあります。つまり、損することはない仕組みになっています。

 

就職保証を謡っていますが、万が一就職できなくても、8週間プログラミングを無料で学べたら、その後の就職の選択肢は圧倒的に広がりますよね。

 

そこで今回の記事では、僕が実際にTechAcademyキャリアを使った体験レビューや感想をはじめ、他のスクールとの違いも比較しながら、TechAcademyキャリアについて徹底的に解説していきます。

 

いますぐ登録したい方はこちら👇

 

TechAcademyキャリア(テックアカデミーキャリア)の概要

  • 受講スタイル:オンライン型
  • 受講費用  :298,000円(税抜き)
  • 学べる言語 :HTML、CSS、Javaなど
  • 学習期間  :12週間
  • 就職支援  :あり
  • 受講条件  :20〜30歳未満、かつ転職意思がある方
  • その他   :転職できなければ全額返金保証あり=金銭的リスクなし

 

TechAcademyキャリアJava転職支援コースはプログラミングスクールの最大手である「TechAcademy」が出している、20代・第二新卒からIT転職を検討している人限定の講座です。

 

TechAcademyキャリアは就職サポートですが、前述通り、現在は特別コースの転職支援コースがあり、こちらが就職・転職希望の方がまずはじめに検討すべき特別コースとなります。(注: 以前はPHPが学べる無料コースがありましたが、そのコースはなくなりました)

 

プログラミングスクールの中には「学習機能だけのスクール」と、「学習+就職サポートがセットになったスクール」の2種類があります。

 

TechAcademyキャリア Java転職支援コースはこのうち後者の、「学習+就職サポートがセットになったスクール」です。

 

少しわかりづらいTechAcademyキャリアの利用方法を解説

実はTechAcademyキャリアを利用する場合、2つの方法があります。

 

  • 方法①:TechAcademyキャリアのJava転職支援コースを始めから受講する(学習・就職支援=両方ともTechAcademyキャリアで受講)
  • 方法②:TechAcademyの有料講座を受講し、受講完了後にTechAcademyキャリアの就職支援に移行する(学習=TechAcademy、就職支援=TechAcademyキャリア)

 

この2つです。基本的な使い分けとしては、

 

  • 30歳未満でIT転職を見据えて利用する→方法①のTechAcademyキャリアを受講
  • 30歳以上の方、もしくはまだ転職は考えておらず、まずは学習だけしたい人→方法②のTechAcademyを受講。

 

この形となります。エンジニア就職まで見据えて利用するなら、TechAcademyキャリアの12週間の講座を受けた方が圧倒的にお得です。

 

12週間でITの基礎知識を始め、HTMLやCSS、Javaといったスキルを学べ、就職のサポートも一貫して受けられます。

 

一方、TechAcademyキャリアは「30歳未満かつ転職意思がある方」が受講対象ですので、当てはまらない人はJava転職支援コースは受けられません。

 

その代替プランとして、上記方法②のTechAcademyを有料でまず受講し、その後にTechAcademyキャリアの就職支援に以降すればOKです。

 

いますぐ登録したい方はこちら👇

 

TechAcademyキャリアを利用しました!体験レビュー

そんなTechAcademyキャリアを利用したので体験レビューを書きます!

 

ちなみに僕が受けた方法は上記の②でして、TechAcademyの有料コース受講後、TechAcademyキャリアの就職支援を受けました。

 

TechAcademyキャリアのJava転職コースは、実際に受けた人の話とスクールのスタッフさんから聞いた情報で書いていきます。

 

TechAcademyキャリアを使った感想としては、

 

  1. 就職先のラインナップが豊富だった
  2. オンライン学習で無理なく必要な知識が学べた

 

この2つが特に感じたことですね。

 

1. 就職先のラインナップが豊富だった

TechAcademyキャリアはとにかく就職支援が優れていました。TechAcademyキャリアが他のプログラミングスクールと決定的に違うところは、就職先の豊富さです。具体的には以下のような違いがあります。

 

  • 一般的なプログラミングスクール:スクールが紹介した企業の中から就職先を選ぶ必要がある
  • TechAcademyキャリア    :スクールが紹介した企業以外からも就職先を選んでOK(*TechAcademyキャリア内でコンタクトが取れる先)

 

つまり、TechAcademyキャリアの方が、自分が納得できる就職先を広く探せるということですね。

 

一般的なスクールは、上記のように決められた求人の中から就職先を選ぶ必要があります。もちろん良い就職先が多いのですが、それでもラインナップの数としては数が限られるスクールが多いです。

 

その点TechAcademyキャリアは、紹介してくれる求人数が多いばかりか、スクールが紹介した企業以外からも就職先を選んでOKです(TechAcademyキャリア内でコンタクトが取れる先限定)。

 

自分自身がちゃんと納得して求人を選べますから、そういう意味で失敗しにくいスクールかなと思います。

 

2. オンライン学習で無理なく必要な知識が学べた

TechAcademyではオンライン学習を通じて、必要な知識を無理なく学ぶことができました。僕は有料コースを受講しましたが、TechAcademyのスタッフさんに伺ったところ、Java転職コースも同じオンライン形式とのことです。

 

オンライン学習は、以下のようなオンライン教材を使って学習します。

 

*以下は有料コースのカリキュラムですのでJava転職支援コースの内容は別となります。

 

 

TechAcademyキャリア カリキュラム

 

TechAcademyキャリアのJava転職支援コースでは、上記のようなオンラインカリキュラムを自主学習で解いていき、わからない点をテキストチャットで適宜TechAcademyの講師に聞きながら進めていきます。

 

講師は現役のエンジニアです。現場で実際に活躍されてきた方ですので、必要な知識をわかりやすく教えてくれます。

 

独学だとつまずきやすい点も、TechAcademyキャリアならサポートを受けながら身につけることができます。

 

TechAcademyキャリアはこんな人におすすめ

  • 未経験からIT転職をしたい20代の方
  • 地方在住など、オンラインで学習を進めたい方
  • 格安でプロのサポートを受けたい方

 

これらのいずれかに当てはまる方におすすめですね。TechAcademyキャリアは選べる就職先が多いので、IT転職をしたい人におすすめです。

 

また、オンライン完結でかつ12週間298,000円というのは他のスクールと比較して安いので(かつ返金保証あり)、地方在住の方や、お金の捻出が難しい人にとっても受けやすいと思います。

 

TechAcademy自体がプログラミングスクールの中でも最大手、いわゆる定番スクールですから、そういった意味でもTechAcademyキャリアは安心して受けられる数少ないスクールの一つかなと思います。

 

TechAcademyキャリアで学べる言語やスキル

TechAcademyキャリアでは、ITの基礎知識をはじめ、HTMLやCSS、Javaといった言語を学ぶことができます。

 

前述通り、TechAcademyキャリアの学習期間は8週間です。8週間、しっかり勉強をすることで、就職・転職には困らないレベルには十分たどり着けます。

 

実際、実務で活きるスキルは転職をして、実践で使ううちに身につきますが、TechAcademyキャリアはその土台を作る上でぴったりですね。

 

いますぐ登録したい方はこちら👇

 

TechAcademyキャリアの就職事情の全貌

TechAcademyキャリアの就職事情について先ほど簡単にご紹介しましたが、もう一歩踏み込んで詳しく説明します。TechAcademyキャリアで転職する方法は、もっと細分化すると以下の方法があります。

 

  1. TechAcademyキャリアから紹介された求人に転職する
  2. TechAcademyキャリア内でコンタクトが取れる転職エージェント経由で転職する
  3. TechAcademyキャリア内で直接企業の求人を探して応募する

 

この3つです。

 

1つ目の「TechAcademyキャリアから紹介された求人に転職する」はシンプルです。一般的なプログラミングスクールと同じですね。

 

他のスクールと異なる点が、2つ目と3つ目です。

 

まず2つ目の「TechAcademyキャリア内でコンタクトが取れる転職エージェント経由で転職する」ですが、TechAcademyキャリアを利用すると、TechAcademyキャリアと契約している転職エージェントがあなたにコンタクトをしてきます。その転職エージェントが紹介してくれる求人に応募するのが、このパターンです。

 

以下は実際に転職エージェントから受けたスカウトメールです。

 

TechAcademyキャリア

 

上記のスカウトメールは「レバレジーズ株式会社」という企業からのメールですが、レバレジーズはIT特化の転職エージェント「レバテックキャリア」を運営している企業です。

 

レバテックキャリアは業界でも有名なエージェントでして、多くのエンジニアが利用し、優良企業に転職しているエージェントです。

 

このようなIT特化のエージェントを利用するとき、未経験の状態で自分から登録をしても、実は相手にされないケースも結構多いんですよね。

 

でもTechAcademyキャリアを使えば、未経験でもこういう形で彼らと繋がりを持てます。これだけでも利用する価値はあると思います。TechAcademyキャリアには他にも、実力ある転職エージェントが多数在籍しています。

 

そして最後の「TechAcademyキャリア内で直接企業の求人を探して応募する」ですが、これは転職サイトのような機能です。

 

TechAcademyキャリアには受講生限定で使える求人募集ページがありまして、現在募集中の仕事がズラーっと並んでいます。以下が実際の画面ですね。

 

techacademyキャリア 就職先

 

このように、実際にいま人を募集をしている求人が出てきます。募集職種、年収などの基本情報を始め、具体的な仕事内容なども全部書かれています。これらの求人の中から、気に入った求人に応募することができます。

 

一般的な転職サイトと決定的に違う点は、ここに出ている求人は「スクール卒業生を求めている企業だけ厳選されている」ということです。

 

普通の転職サイトの求人だと、そもそもスクール卒業生を採用したいと思っていない求人が多いです。そういう企業に応募しても、書類選考段階で落とされることがほとんどです。

 

一方、TechAcademyキャリアの求人は、全てTechAcademyと契約している求人ですから、大前提としてスクール卒業生を採用したい企業です。つまり、選考通過確率が、普通の転職サイトと比較しても高いということです。

 

このように、TechAcademyキャリアには転職を実現するためのいろんな方法があります。これは他のスクールにはない特徴ですので、転職に失敗したくないなら、TechAcademyキャリアを利用することをおすすめします。

 

TechAcademyキャリアで就職・転職を実現しよう

最後になりますが、今エンジニアは本当に人手不足が深刻化しています。多くの企業が経験者エンジニアを採用したいのに、採用できていない現状です。

 

そんな状況だからこそ、プログラミングを少しかじった程度のスクール卒業生でも、エンジニアやプログラマーを目指せるんですね。

 

エンジニアやプログラマーになれば、この先仕事に困らない手に職が身につきます。雇用形態にかかわらず実務経験を積んでスキルを磨いていけば、フリーランスエンジニアになり、年収1,000万円や週3勤務、在宅勤務といった働き方も実現できます。

 

でも、これはあくまで期間限定です。今でこそ本当にどんな人でもエンジニアを目指せますが、この先景気が悪くでもなれば、企業は採用を止めます。そうなったとき、真っ先に採用がストップするのはほかでもない「未経験の人」です。

 

だからこそ、今の現状に不満があり、プログラミングスキルがそれを改善するなら、今すぐに行動を起こしましょう。

 

良いタイミングは待っていても来ません。結局どんなことでも、”行動できる人だけ”が最終的に報われるものなんですから。リスクはないので、まずは今すぐトライしましょう。

 

  • 30歳未満でIT転職を見据えて利用したい方→:TechAcademyキャリア(転職できなければ全額返金保証あり)
  • 30歳以上の方、もしくはまずは学習だけしたい方→TechAcademy(無料体験あります)

 

いますぐ登録したい方はこちら👇

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です