RUNTEQ(ランテック)の評判は?【実態を現役エンジニアがレビュー】

RUNTEQ(ランテック)の評判、口コミは?【抜群の質の高さに定評】

フリーランスエンジニアのYutoです。

 

本記事では、プログラミングスクールの中でも特に評判が良い「RUNTEQ」について、「実際のところどうなの?」に答えていきます。

 

僕は現在フリーランスエンジニアとして仕事をしながら、IT企業を中心とした転職エージェントとしても活動しています。もともとプログラミングスクールを受講してスキル習得しており、これまで複数のスクール受講や、多くのスクールを取材し、本サイトにまとめてきました。

 

いろんなスクールを見てきた経験の中で、今回紹介する「RUNTEQ」は知名度こそ高くないものの、学習内容や就職支援の内容を紐解くと非常に質が高く、おすすめできるスクールでした。

 

もちろん、良い面ばかりではなく、押さえておくべきデメリットもありました。ですので、デメリットも含めたRUNTEQの実態について、本記事ではフラットにお伝えします。

 

記事を最後まで読めば、RUNTEQの実態はもちろん、RUNTEQを受講すべきかどうかがわかりますよ。

RUNTEQ公式サイトはこちら

 

\無料説明会開催中/
RUNTEQ無料説明会を予約する

 

RUNTEQ(ランテック)の3つの特徴

RUNTEQを一言で表すと、転職型のWebエンジニア養成スクールです。受講スタイルは完全オンライン型となっています。

 

Webエンジニアを目指すための学習と就職支援がセットに

RUNTEQはWebエンジニアを目指すための「学習」「就職支援」の各種サポートを提供しています。

 

とにかく「質」にこだわりきった運営をされており、現役エンジニアからの評判も突出して高いスクールです。

 

RUNTEQの3つの特徴

そんなRUNTEQの特徴を、3つのポイントに絞ってご紹介します。

 

  1. トップクオリティの実践型カリキュラム
  2. 学習を支えてくれる優秀な現役エンジニア講師陣
  3. Web系自社開発スタートアップ企業への就職・転職に強い

 

この3つが特徴です。それぞれ解説します。

 

1. トップクオリティの実践型カリキュラム

RUNTEQの一つ目の特徴は「クオリティの高い学習カリキュラム」です。

 

RUNTEQのカリキュラムは、現場で必要なスキルから逆算して作られていることが特徴です。

 

そのため、仕事で本当に使えるスキルを、集中的かつ深く学ぶことができるんですよね。

 

オリジナルサービス開発を通じ、企業から評価される制作実績を作れる

一つ事例を挙げると、RUNTEQではオリジナルサービス開発を経験することができます。

 

僕はエンジニア転職支援の仕事をしていますが、未経験からエンジニアになる場合の重要となるのは「制作実績」です。制作実績を作ることで企業へアピールし、内定をつかみとることが必要です。

 

そのような実態の中、未経験からのエンジニア転職がうまくいかない人は「制作実績を作れない or 制作実績の質が低いこと」が原因であることが多いんですよね。

 

その点RUNTEQは、完全オリジナルのサービスを作るべく、企画段階から徹底サポートしてくれることが特徴です。

 

そのため、制作実績の品質が他スクールと比べても高くなるため、企業から良い評価を受けやすくなっているんですよね。

 

 

上記評判にもありますが、RUNTEQ生の作ったサービスは「オリジナリティ」をしっかり評価されています。

 

このように、カリキュラムの中で質の高い制作実績作りまで経験できるため、企業の採用担当者の目にも止まりやすく、結果、転職活動を有利に進めることができるんですよね。

 

学習時間も他のスクールより長い

RUNTEQは学習の「質」が高いだけでなく、学習の「量」も突出しています。

 

これは他のプログラミングスクールと比較すると一目瞭然です。

 

各スクールの学習時間の比較

DMM WEBCAMPテックキャンプ エンジニア転職RUNTEQ
480時間(3ヶ月)600時間(10週間)850時間(5〜9ヶ月)

 

このように、RUNTEQは他のスクールよりもかなり長い学習時間を取ることで、Webエンジニアに必要なスキルを隈なく習得していきます。

 

そもそもエンジニアとして仕事レベルを目指すなら、およそ1,000時間の学習が必要と言われています。

 

各スクールとも必要な学習時間を少しでも短縮できるよう、工夫されたオリジナルカリキュラムを作っていることは前提です。ただとは言っても、学習量を十分確保すればするほど、身につくスキルレベルは高くなるものです。

 

その点「RUNTEQ」は、他のスクールよりも多くの学習を行っていくため、確かな実力が身につきやすいんですよね。

 

もちろん、学習量が多い分、学習自体はかなり大変です。ですがRUNTEQの場合、学習期間を最大9ヶ月と長めに取っているので、じっくり学習を進めていけることが魅力かなと思います。

 

このようにRUNTEQは学習カリキュラムの質・量ともに突出しています。

 

2. 日々の学習を支えてくれる優秀な現役エンジニア講師陣

RUNTEQには優秀な現役エンジニア講師が在籍していることも特徴です。講師陣の中には、企業でCTO(最高技術責任者)を務めていた方も在籍しているほどです。

 

このように、RUNTEQの講師陣のレベルは総じて高いので、

 

「せっかくプログラミングスクールを受講するなら、少しでも優秀な講師から学びたい」

 

もしそんな希望を持っているなら、RUNTEQの講師は希望に合うと思いますよ。

 

3. Web系自社開発スタートアップ企業への就職・転職に強い

RUNTEQは就職・転職に強いですが、中でも「Web系自社開発のスタートアップ企業」に強いです。

 

前述通りRUNTEQはWebエンジニア養成を目的としたスクールです。そのため、Webエンジニア就職・転職できるだけのスキルは十分すぎるほど習得していくことができます。

 

加えてRUNTEQを運営するスタートアップテクノロジー社は、スタートアップ企業を中心としたプロダクト制作支援を行っています。そのため、スタートアップ企業とのコネクションが強いんですよね。

 

他の大手スクールと異なり、就職先・転職先ラインナップが豊富ではないものの、厳選されたWeb系自社開発のスタートアップ企業へ、実力をつけた上で転職が目指せることが、RUNTEQの大きな利用価値です。

 

以上がRUNTEQの3つの特徴です。

 

RUNTEQの3つのコース(学習内容・受講期間・料金・申込み資格など)

1. Webマスターコース2. Railsマスターコース3. Railsエンジニアコース
受講期間5〜9ヶ月4〜8ヶ月3〜6ヶ月
受講時間850時間750時間650時間
料金(税別)398,000円348,000円298,000円
就職・転職サポート
申込み資格プログラミング完全初心者の方HTMLやRailsの基本文法を学習済の方Railsチュートリアルまで学習済の方
必要な事前学習(目安)不要約100時間約200時間

 

RUNTEQにはスキル習得度に応じて、3つのコースが存在しています。それぞれ特徴を整理すると以下の通りです。

 

  1. Webマスターコース:完全初心者向け
  2. Railsマスターコース:脱初心者向け
  3. Railsエンジニアコース:中級者向け

 

イメージとしてはこんな感じですね。

 

3ついずれのコースも全てRuby/Railsを学習し、Webエンジニアを目指す内容に変わりはありません。それぞれのコースが異なる点は、受講開始時点での「スキル習得度」です。

 

あなたがプログラミングを全くやったことがない初心者ならWebマスターコースを、すでに一定の学習を終えているなら、RailsマスターコースRailsエンジニアコースから選ぶようにしましょう。

 

そうすれば、無駄な学習期間も費用も抑えられるので、効率的にWebエンジニアを目指すことができます。

 

RUNTEQ(ランテック)の評判、口コミ

実際にRUNTEQが第三者からどのように見られているか、評判、口コミを紹介します。

 

RUNTEQ(ランテック)の良い評判、口コミ

まずは良い評判から紹介します。

 

現役エンジニアからの評判は◎

 

受講者からの評判も◎

 

 

 

 

 

このように、RUNTEQには現役エンジニア、受講生ともに、良い評判、口コミが多くありました。

 

その中でも、

 

  • カリキュラムの質が高かった
  • 講師の質が高く、対応も良かった
  • 実際にWebエンジニアとして就職成功できた

 

のように、肝心の学習面や就職面で良い評判ばかりだったことが印象的でした。

 

このような第三者の評判からも、RUNTEQは安心して受講できるスクールだと思いますよ。

RUNTEQ公式サイトはこちら

 

\Webエンジニアになるなら/
RUNTEQ無料説明会を予約する

 

RUNTEQ(ランテック)の悪い評判、口コミ

一方で悪い評判は、実はほぼ見つからなかったです。

 

強いていえば、以下のような口コミがありました。

 

受講ハードルが高かった

 

現在RUNTEQはオンラインで3つのコースがありますが、以前はオフラインコースも提供しており、当時は完全初心者はお断りのスタンスだったようです。

 

その事実は、RUNTEQ代表の方の以下コメントにも残っていました。

 

 

とはいえ、現在は完全初心者向けの「Webマスターコース」が開講されているため、初心者でも受講は可能です。

 

それでも、RUNTEQ自体がハイレベルな環境であることは変わりないため、全くの初心者だと学習についていけない可能性があることは、留意しておくべきデメリットだと感じます。

 

だからこそ、本気で学んでいく意欲・スタンスは、RUNTEQを受講するなら必要不可欠ですね。

 

RUNTEQ(ランテック)はこんな人におすすめ

以上のことを踏まえて、RUNTEQは以下の方におすすめです。

 

  1. 実践で通用する高いレベルでRubyを習得したい人
  2. 自社開発スタートアップ企業へWebエンジニアとして転職したい人

 

上記いずれかに当てはまる方にRUNTEQはおすすめです。それぞれ簡単に整理しておきます。

 

実践で通用する高いレベルでRubyを習得したい人

Rubyを学んで実践で通用するWebエンジニアになりたいなら、RUNTEQは特におすすめです。

 

  • 質の高い実践型カリキュラム
  • 学習を支える優秀な現役エンジニア講師陣
  • 他のスクールよりも多い学習量

 

RUNTEQには上記のように、Webエンジニアに必要なスキルを習得する環境が整っています。

 

質の高さでいえばトップクラスなので、本気で市場価値の高いWebエンジニアになりたいなら、RUNTEQを検討することがおすすめです。

 

自社開発スタートアップ企業へWebエンジニアとして転職したい人

自社開発スタートアップ企業へWebエンジニアとして転職したい人にも、RUNTEQはおすすめです。

 

RUNTEQでは、選抜試験に合格することで、RUNTEQが提携しているWeb系自社開発のスタートアップ企業を紹介してくれます。

 

RUNTEQを運営するスタートアップテクノロジー自体が開発会社だからこそ、Web系自社開発が求める基準を知り尽くしています。

 

ですから、採用企業と受講生のレベルもミスマッチなく、卒業生はWebエンジニアとして自社開発企業へ転職できているんですよね。

 

 

このように、スタートアップの自社開発求人ならRUNTEQが特に強いので、検討してみることがおすすめです。

 

逆に、RUNTEQ(ランテック)受講をおすすめしない人

逆に、RUNTEQ受講がおすすめでない人も存在します。

 

  • 本気で取り組む意欲がない人
  • スタートアップ企業以外も転職先の候補で入れたい人

 

現時点では上記2パターンと思います。

 

本気で取り組む意欲がない人

述べてきた通り、RUNTEQの学習は楽ではありません。むしろレベルが高い分、かなり大変です。学習量も多いです。ですから、本気で取り組む気持ちがない方には、RUNTEQはおすすめできないですね。

 

一方、学習を継続する意欲さえあれば、Webエンジニアになるための環境は整っていることも事実です。

 

本気でWebエンジニアを目指したい、人生を変えたい人であれば、RUNTEQを検討すると良いですね。

 

スタートアップ企業以外も転職先の候補で入れたい人

RUNTEQはスタートアップ企業への就職・転職に強い一方、転職先は潤沢ではありません。

 

ですから、ベンチャー企業などを中心に、もっと幅広い就職先から次のキャリアを選びたい場合、他に最適なスクールがあることも事実です。

 

就職・転職支援に強いプログラミングスクール5選【現役エンジニアが徹底解説】」の記事では、就職先・転職先のラインナップが豊富なスクールや、就職先の質が高いスクールを厳選して紹介しています。

 

もう少し広い視野で次のキャリアを検討したい場合、参考にしてみてください。

 

就職・転職に強いプログラミングスクール5選【現役エンジニアが徹底比較】 就職・転職支援に強いプログラミングスクール5選【現役エンジニアが徹底解説】

 

まとめ

述べてきた通り、RUNTEQは学習面・就職面ともに質の高いプログラミングスクールです。

 

特にRuby/Railsを学び、スタートアップ企業へWebエンジニア転職したいなら、RUNTEQは現時点でトップクラスの環境です。

 

質が高い分、学習についていくことがハードであることや、就職先が潤沢ではないデメリットはあるものの、確度高く自社開発のWebエンジニアになれる点が、RUNTEQの最大の魅力だと思います。

 

RUNTEQを検討してみたい場合は、次のステップは「無料説明会」への参加です。キャリア相談も無料でしてくれるので、迷っている場合も、相談するだけでもメリットはあると感じました。

 

一方、まだRUNTEQ受講を決めきれず、もう少し他のプログラミングスクールも比較したい場合は「就職・転職支援に強いプログラミングスクール5選【現役エンジニアが徹底解説】」の記事を参考にしてみてください。

 

最後に、Webエンジニアは高年収も、自由な働き方も同時に目指せる数少ない仕事です。

 

その点いまはRUNTEQのようなスクールがあるおかげで、Webエンジニアになるチャンスは、誰にも等しく平等に存在します。

 

チャンスを掴むかどうかはあなたの自由です。理想の未来を見据えて、未来に繋がる良い決断ができることを祈っています!

RUNTEQ公式サイトはこちら

 

\Webエンジニアになるなら/
RUNTEQ無料説明会を予約する

 

人気記事就職・転職支援に強いプログラミングスクール5選【現役エンジニアが徹底解説】

人気記事現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール5社【徹底比較】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です