【嘘】無料プログラミングスクールで就職すると必ずブラック企業に入る説について

【嘘】無料プログラミングスクールで就職すると必ずブラック企業に入る説について

「無料のプログラミングスクールを受けてみようかと思っているんだけど、無料だと質が低かったりするんじゃないかな・・?就職先もブラック企業かもしれないし、利用するか悩む。。。」

 

今回はこういった疑問に答えていきます。

 

タダより怖いものはないと言う言葉がある通り、人間は無料のものに対して過剰に怪しさを感じるものです。ネットで情報を調べていると、「無料のプログラミングスクールを使うとSESのブラック企業に就職するしかないから辞めておけ」という意見も散見されますが、結論から言うと、これは間違いです。

 

本記事の内容

  • 無料プログラミングスクールのビジネスモデル
  • メイン就職先のSESは本当にブラック企業なの?
  • 有料スクールと無料スクールの違い
  • 未経験からエンジニアになるための最適な方法

 

これを書いている僕はエンジニア。現在はフリーのエンジニアとして働きながら、エンジニア向けの転職エージェントやWebメディアの運営など、複数の仕事を並行してこなしています。様々な側面でエンジニアの仕事環境については見ていますので、エンジニアの仕事事情についてはかなり詳しい部類かなと。

 

ですので今回は、無料プログラミングスクール経由でのエンジニア就職について、僕の知っていることを余すことなく暴露していきたいと思います。

 

無料プログラミングスクールのビジネスモデル

まずは無料プログラミングスクールのビジネスモデルを知っておくべきなので簡単に説明します。

 

「無料スクールってなんで無料でできるの?」という疑問を持つかなと思いますが、無料プログラミングスクールは、スクール卒業生の採用が決定したとき、企業から紹介料が入ることによって運営が成り立っています。

 

仕組みは以下の図の通りです。

就職支援付きプログラミングスクール

スクール側は自社でエンジニアの卵である受講生を受け入れ、自社のスクール機能で1ヶ月〜3ヶ月程度で基本スキルを教えます。カリキュラムが修了すると、今度は就職サポートに移ります(①)。スクール運営会社は、エンジニアの卵を採用したい企業に対して「この方はどうでしょうか?」とスクールの受講生を紹介します(②)。そこで「じゃあ面接に進めましょう」と話が進み、結果両者が合意して採用が決定したら、企業側からスクールに紹介料として報酬が支払われる仕組みです(③)。あとは実際に入社するだけです(④)

 

ちなみに、この報酬料はだいたい採用決定年収の1/3ほどの金額で、一人決まるごとに100万円以上ものお金がスクールには入ってくることになります。年収の1/3ですよ。凄く高いですよね。この仕組みって実は一般の転職エージェントと同じビジネスモデルで、世の中の転職市場はみんなこうなっています。ですので企業としても採用が決定したら報酬を払うのは当然と認識しているので、このビジネスが普通に成り立っています。

 

このような明確な理由があるため、受講生側から受講料を1円も取らずとも、スクール側としては十分経営としては成り立ちます。理由なき無料に対しては全力で疑ってかかる必要があると思いますが、無料プログラミングスクールについてはちゃんとした理由があるということです。

 

ですので、無料スクールだからと言って、講師の質が低いとか、カリキュラムが適当とか、そういうことはないので安心してください。スクール各社間の競争こそ激しくなってきていますが、そもそもビジネスモデルが儲かる仕組みですから。適当な講師を安値で雇い、適当にレッスンをしているような仕組みにはなってません。

 

そもそも世の中に無料で使えるサービスなんてたくさんあります。例えばリクルートのWebサービスはだいたい無料で使うことができます。これは、B to CのB側にキャッシュポイントを持ってきているので、C側の僕たちは無料でサービスを使うことができるようになっています。

 

要はキャッシュポイントをどこに置いているかだけの違いなので、「無料だから質が低い」とか「有料なら質が高い」というのは、そもそも見当違いな指摘なんですね。ビジネス全体を俯瞰し、本質を見ることが大事です。

 

SESは本当にブラック企業なの?

さて、無料プログラミングスクール経由でエンジニア就職すると、基本的にはSESとして就職することが一般的です。SESとはシステムエンジニアリングサービスと言うものでして、仕組みは以下の通りです。

 

  • 採用企業はエンジニアをSESの正社員として雇用
  • →エンジニアは上記企業の客先(案件の依頼元)に派遣される
  • →客先オフィスに常駐して仕事をする

 

こういう仕組みです。要は、SESの正社員を採用する企業はいろんな顧客から案件を受注している企業で、その客先の要望に合わせて客先にエンジニアを派遣するために、スクール出身者を雇用をしている、そういう仕組みです。

 

ここで良く言われていることが、SESの派遣先は全部ブラック企業なんじゃないか?ということです。SES派遣会社からすると派遣先はお客さんですので、たとえ派遣先で過酷な労働をさせられたとしても、なかなか強く言えないのでは?結果長時間労働させられるのでは?ということです。

 

これに対して答えると、ちょっと単一的に物事を見過ぎかなと。確かにSES運営会社からすれば派遣先は顧客ですが、顧客にも様々な企業がある前提が抜けています。

 

結局は派遣の客先次第です。僕は実際にSESを雇用する企業の採用にも手伝っていますが、当然ながら、すごく環境の良い派遣先もありますよ。毎日ノーストレスで仕事をエンジョイしているエンジニアもいます。派遣先の全ての会社がブラック企業って、そもそもそんなSESの会社を就職先に選ばなければ済む話です。今はVorkersなどネットでも企業の口コミを調べられますからね。

 

一方、派遣先にブラック企業が含まれている可能性があることも事実です。100%防ぐことはおそらく難しいので、こればかりは当たりはずれもあったりしますので、そこは運やスキルの部分にも左右されます。

 

有料スクールでもSESに就職することが一般的

無料スクールばかりが批判されがちですが、実は有料スクールを使っても、就職する場合はSES就職が一般的です。無料や有料に関わらず、未経験からエンジニアとして就職する場合は、基本的にSESからスタートするということです。

 

無料だから、SESしかないということではありません。未経験からエンジニア就職を目指す場合だと、まずは入口はSESがメインなんです。

 

そもそも一般の転職サイトや転職エージェントにもブラック企業はたくさんあるので違いはない

さらに言えば、たとえ運悪く、無料スクール経由で環境の良くない就職先に当たる確率があるとしても、一般の転職サイトや転職エージェント経由でも、ブラック企業に当たる確率はあります。

 

例えば転職サイトのリクナビNEXTだってSESの会社はたくさん求人を出していますし、転職エージェントもSESの求人を扱っています。その中には労働環境の良くない企業だって少なからずは紛れています。

 

ですので、そもそもプログラミングスクール経由で就職する場合も、一般の転職サイトや転職エージェント経由で就職する場合も、どちらを使えば必ずブラック企業を避けられるということはありません。そういう意味で、両者の就職に大きな違いはありません。

 

ただし、プログラミングスクール経由での就職と、転職サイト・転職エージェント経由での就職難易度は違います。その辺りはプログラミングで就職できるレベルってどれくらい?【プログラマーになる手順付き】の記事で具体的に書いているので詳しくはこちらをどうぞ。

 

SESで現場経験を積むことが一番近道

いろいろ述べてきましたが、無料スクールや有料スクール、一般の転職サービス経由に限らず、未経験からエンジニア就職をする場合はSESで現場経験を積むことが基本的なルートで、かつ一番の近道です。

 

前述の通り、「SESの会社=全部ブラック企業」という構図は間違っています。派遣先の企業に良い会社は本当にたくさんありますし、僕も実際に採用に携わっている身分ですので、派遣先で楽しく仕事をしているSESのエンジニアもたくさん知っています。残業時間の徹底をしているところも増えてきていますし、そういう派遣先にいる方は、普通に18時台には帰宅していますよ。

 

SESの職場はエンジニアとしてスキルアップもしていけます。1〜2年しっかり経験を積んで、その後に好きなところへ転職したり独立してフリーランスを目指せばOKです。会社を利用してやるくらいの気持ちの方が、少ない時間でも多くのスキルを吸収できるかなと思います。

 

とはいえ前述通り、運悪く良くない派遣先に当たってしまうこともあります。でもそれは事前にスクール側に就職先の事情について詳しく聞いたり、その会社のことをリサーチすることで防げる部分でもあります。

 

ですので、無料プログラミングスクールを使う場合は、必ず事前に面談やカウンセリングを実施してもらうようにしましょう。これをやっておくだけでも、ブラック企業に当たる確率は減らせます。

 

それでも万が一変な派遣先に当たってしまった場合は、すぐに転職を検討すればOKです。今エンジニアはあらゆる職種の中でも最も人手不足なので、受け入れ先は必ず見つかります。良い環境を見つけたらそこで1〜2年間頑張ってスキルアップし、その後は生きたいように生きましょう。

 

まとめ

まとめます。

 

  • 無料プログラミングスクールが無料である訳にはちゃんとした理由がある
  • SES=ブラック企業というのは画一的すぎる。派遣先には良い企業もたくさんある
  • 有料スクールでも無料スクールでも、未経験であればSES就職が一般的
  • 無料スクールを使ってSES就職し、1〜2年実務経験を積むことが自由への近道

 

上記の通りです。

 

ということで、まずはプログラミングスクールで勉強するところからスタートです。就職前提で受けるなら、必ず無料カウンセリングや面談、相談の時間はもらうようにしましょう。大抵の就職サポート付きスクールは無料カウンセリングなどをやっていますので、ここで就職先について詳しく聞き出すと良いです。無料スクールを良い意味で利用し、使い倒してやりましょう。

 

質の高い無料スクール、有料スクールは現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール4社【徹底比較】の記事で、無料プログラミングスクールは、「無料プログラミングスクールは質が低い」は勘違いです【理由と厳選スクール3社を紹介】でまとめているので、参考にどうぞ。

 

人気記事現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール4社【徹底比較】

人気記事「無料プログラミングスクールは質が低い」は勘違いです【理由と厳選スクール3社を紹介】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です